メインメニューを開く
麻績村営バス(2010年8月)

麻績村営バス(おみそんえいバス)は、長野県東筑摩郡麻績村が運営する路線バスコミュニティバス)である。1987年昭和62年)9月に松本電鉄バス・川中島バスの民間2社が撤退したことにより、同年10月から自家用車有償運行の許可を取り廃止代替路線バスとして運行してきた。その後も乗客減少に歯止めがかからない結果、2005(平成17)年度から外部に運行を委託することで、経費を抑えている。2007年平成19年)4月からは、高齢者と身体障害者等に対して料金を一律100円とする制度を開始したほか、2009(平成21)年度からは、通園・通学に際して一定の距離までは無料とする施策を行っている[1]

運行経路編集

運行路線および停留所は2010年4月1日改正現在。(全停留所掲載)

  • 聖高原駅樺内線
    • 聖高原駅 - 信金前 - 郵便局前 - 警察署前 - 上町 - 根尾入口 - 保育所西入口 - 叶里入口 - 天王 - 下井堀 - 丸山 - 上井堀 - マレットゴルフ場入口 - 小東入口 - 日向局前 - 高入口 - 桂 - 桂宮前 - 入川 - 桑関 - 穴水
      2009年3月末日までは穴水から先の長野市(旧大岡村)にある樺内停留所まで路線が延びていたが、旧大岡村域のバス路線再編に伴い、穴水までに短縮された。短縮される前は、樺内への便は長野市営バスが運行しており、麻績村営バスは穴水までの便(最終便は日向局前まで)のみ運行。このため長野市営バスでも麻績村営バスの乗車券が使えた。
  • 滑沢線
    • 聖高原駅 - 小学校前 - 叶里 - 橋場 - 下井堀 - 特養老入口 - 立石 - 和合 - 和合西 - 下田片丘 - 下田 - 滑沢 - 中芝入口 - 西の久保公民館前 - 横辻入口 - 第二公公民館前 - 日向局前
  • 聖高原
    • 聖高原駅 - 役場入口 - 警察前 - 本町西 - 本町 - 梶浦口 - 上平口 - 上平 - 集乳所 - 市野川公民館前 - 古原 - 市野坂 - 弘法清水 - 雀口 - 聖湖

運休日編集

  • 休日・年末年始4日間(ただし、聖高原線の朝1便のみ時刻を変更して休日・年末年始の運転あり)

脚注編集

外部リンク編集