メインメニューを開く

麻雀の目無し問題(まーじゃんのめなしもんだい)とは、麻雀の大会において1位になる可能性が現実的な方法で無くなった状態においてどうするべきかという問題である。

目次

概要編集

麻雀の大会では途中で、総合成績の低いプレーヤーが通常のあがりの得点では1位になれないことが確定することがある。この優勝の目がない状況を目無しと呼ぶ。

競技麻雀ではタイトル決定戦で目無しが発生することがあるが、このような状況での打牌については多くがプレーヤー一人の判断に委ねられており、どのような打ち方を選択しても他家に有利・不利が発生するため、これらに関する打牌のルールや目無しそのものを解消する対策が制定されていなければ最善の選択が存在しない問題である。

この目無し問題について初めて言及した作品は片山まさゆきの漫画『ノーマーク爆牌党』である。

作中の競技麻雀のタイトル戦において、目無し状態となった岩田が優勝の可能性が残されている2位に差し込んだことについて他のプロに理由を尋ねられると、逆転の可能性がなくなった場合には「1.何もしない」「2.その半荘だけでもトップを取る」「3.ひとりの打ち手を独走させない」の3つの選択肢が存在するとし、自分が3を選ぶ理由として、白熱した勝負を期待するファンのためにそのような演出ができることもプロの条件であるという趣旨の答えを述べている。

目無しになった場合の打牌の選択について編集

場に影響を与えることを避ける編集

優勝争いをしているプレーヤーの邪魔をしないようにする選択。

これを「何もしない」とみなすこともあるが、あがりの放棄・牌を絞って他家に鳴かせない・ベタオリに徹するなどの作為があるため正確な表現ではない。これが暗黙のルールとして存在する団体もある。あがりの放棄はトップが失点する可能性が減ることやラス親を迎えた2位が連荘しやすくなる[1]、通常の打牌の選択であれば処理されるであろう牌を絞ることでも場に影響を与えるなどの問題がある。

オールツモ切り(何もしない)編集

打牌に自分の意思を込めず配牌から全てツモ切りするほうが公平であるという選択。

他のプレーヤーに極力影響を与えない態度を示している点では上記と同じだが、通常の打牌の選択であれば出ないような牌まで切ってしまうことで下家がチーしやすくなることや全員に対して放銃が起こりやすくなる問題がある。

テンパイを目指す編集

天文学的な確率であっても優勝の可能性が残されている以上最後まで諦めないという選択。

テンパイ維持を優先させたために避けられたはずの放銃をするという問題がある。

1戦だけでもトップを目指す編集

牌を絞ることやツモ切りをせず通常の打牌を行う選択。

自らのあがりが優勝争いをしているプレーヤーに影響を与えることでキングメーカーになる問題がある。

その他編集

上記の『ノーマーク爆牌党』の岩田のように「ひとりの打ち手を独走させない」、単に役満を狙うなどの選択。

競技麻雀で起きた目無し問題の例編集

第7期雀王決定戦(2008年)編集

最終戦の20回戦南4局1本場、親は鈴木(達)[2]

この時の優勝条件は1位の鈴木(達)がトップのまま流局、2位の小倉が2000点の出あがりか500・1000のツモあがりもしくは鈴木(達)から1000点直撃のいずれか、3位の鈴木(た)が小倉からのトリプル役満直撃だった。

小倉が16巡目で片あがりのテンパイ、鈴木(た)が17巡目でテンパイする。このまま流局すると親から順番に手牌を開けていくことになるため、鈴木(達)がノーテン、あるいはテンパイしているにも関わらずノーテン宣言するようなことがあれば、鈴木(た)のテンパイ宣言の有無で優勝者が決まることになる。 このため、鈴木(た)はツモ番のないリーチ[3]を行うことで鈴木(達)に自らのテンパイを知らせ彼もテンパイを取ることを促した。しかし、鈴木(達)はすでに手を崩した後であり海底牌でテンパイは取れなかった。

第28期十段戦決勝戦(2011年)編集

最終戦の12回戦南3局5本場(供託1)、親は堀内[4]

通算の素点は1位の瀬戸熊が2位の堀内と31.8ポイント差、3位の森山とは91.4ポイント差だった。

南3局5本場、森山が親の堀内から3900点のロンあがり。この時点で森山が半荘トップに立ったが、すでに森山の親番は終わっており、ラス親は瀬戸熊であったため総合トップを狙うことは絶望的であった。[5]

第11期雀王決定戦(2012年)編集

最終戦南4局、親は木原[6]。トップの鈴木(た)を木原が追う状況。

金は目無しであったが、自分が逆転する可能性としては親の木原と自分がテンパイし続けるしかないため安全そうな牌を切ってテンパイを維持した。この捨牌が鈴木(た)のダマテンの七対子に放銃となり優勝決定。

第11期雀竜位決定戦(2013年)編集

最終戦の15回戦南4局、親は仲林[7]。通算の素点は1位の渋川が2位の仲林と100ポイント以上の差だった。

目無しだった4位の木原は打牌選択に自分の意志は加えたくないとしてオールツモ切りを行った。[8]

四神降臨 2017王座決定戦(2017年)編集

最終戦4回戦の南3局。通算の素点は1位の多井が2位の近藤と56.5ポイント差だった。[9]

目無しだった4位の角谷は打牌に意図を加えるよりも全てツモ切りした方が公平であると考え、運営と同卓者3人に伝えて確認を取った上で半荘終了までオールツモ切りを行った。 ルール上は何ら問題のない行為であったが、後日日本プロ麻雀協会のホームページに角谷の謝罪文と代表理事である五十嵐の見解が掲載された。[10]

目無し対策について編集

これまでいくつかの目無し対策が提唱され実際に実施されたものがある。

賞金編集

神戸グリーン杯では満貫以上のあがりに対して賞金を贈呈した。(オールツモ切りは禁止)

目無しになっても賞金を獲得するという明確な目的ができた。

新決勝方式編集

RMUの一部タイトル戦で導入されている規定の半荘を進行したあとに優勝者を決める1局単位の延長戦を行う方式。あがった人が総合トップになった時点で終了するがそれ以外の場合は全て続行。意味のないあがりやあがりの放棄などの問題が解消された。

自動降級・入れ替え戦編集

RTDリーグでは2018年より自動降級・入れ替え戦を導入し、各ブロック最下位(8位)の雀士は自動降級となり次年度の出場権を失うほか、同7位の雀士は推薦者2名との入れ替え戦に回る[11]。これにより下位の雀士でも順位が重要な意味を持つようになるため、リーグ残留を目指す目的で通常通りの打牌を行うことが期待される[独自研究?][要出典]

選手の個人成績へ反映編集

全日本麻雀協会ではリーグ戦とは別に1戦ごとに累積する通算ポイントや生涯成績の管理を行っており、目無し状態になった場合でも個人成績の向上を目的とした打牌が行える。

脚注編集

  1. ^ 3位4位のプレーヤーは条件を満たさない限りあがりに向かわないため、1位は自分のあがりか親のノーテン以外次の局に進める方法がない。このため連荘を重ね続けた2位が逆転することもある。
  2. ^ 第7期雀王決定戦 第11期雀王決定戦最終戦観戦記
  3. ^ 日本プロ麻雀協会の競技規定ではツモ番のないリーチを行うことが認められている。また、リーチを行った場合は同競技規定により他者に先がけて手牌を開示しなければならないため、自らのテンパイ宣言の選択の余地をなくすと同時に鈴木(達)がテンパイしているにも関わらずノーテン宣言することを防ごうとした。
  4. ^ 第28期十段戦 決勝観戦記 ~最終日~
  5. ^ 南4局の条件は瀬戸熊がトップのまま流局・堀内がダブル役満の出あがり、三倍満ツモもしくは瀬戸熊から跳満直撃・森山がダブル役満ツモもしくは瀬戸熊からダブル役満直撃。
  6. ^ 第11期雀王決定戦
  7. ^ 第11期雀竜位決定戦
  8. ^ 雀竜位決定戦ちょっと自戦記 最終話
  9. ^ 多井39300点(+74.7)、近藤22400点(+18.2)、忍田39000点(-2.5)、角谷(-90.4)。
  10. ^ 先日の放送対局の出来事について
  11. ^ 麻雀・RTDリーグ2018が1月29日に開幕! 今期から予選最下位は降級、7位は入れ替え戦へ - Abema麻雀Times・2018年1月28日

関連項目編集