メインメニューを開く

麻雀最強戦(マージャン・さいきょうせん)は、竹書房近代麻雀」誌主催による麻雀のタイトル戦である。

あらまし編集

1989年度から行われ[1]、プロ・アマ・芸能・文化人を問わず、幅広い分野の麻雀愛好家が集うオープントーナメントである。アマチュアは全国70か所以上ある大会協賛店による予選を行い、延べ人数にして2000人を超える参加者から本選出場者を決定。これに日本プロ麻雀連盟日本プロ麻雀協会最高位戦日本プロ麻雀協会などの各種プロ麻雀師の団体などからの選抜プロ雀士や、玄人はだしの文化・芸能人雀士を交えてトーナメント形式で覇権が争われる。

大会の流れ編集

アマチュア予選大会[2]
  • 協賛店舗予選大会 各回につき4半荘とし、3回戦までが50分打ち切り、最終戦は50分+1局となる。3回戦終了時、1店舗の参加者が50人以上の場合は3回戦終了時のトップが地区最強位決定戦に出場し、トップ以外の上位者で最終戦を行う。共通として3回戦終了時にマイナス点であった選手はその場で敗退。残りの上位者で最終戦を行う。これら店舗予選大会の参加者から上位約1割が地方最強位決定戦に出場する。
  • 地区最強位決定戦・シニア最強位決定戦・最強戦リーグ 協賛店舗予選大会を勝ち上がったアマチュア選手が全国13ヶ所のブロックに分かれて地区代表をかけた大会を行い、この大会で優勝した各地区最強位13人とシニア最強位決定戦を制したシニア最強位、最強戦リーグを制した選手の計15人が全国アマチュア最強位決定戦の出場権を獲得する。
  • 全国アマチュア最強位決定戦 各地区最強位、シニア最強位、最強戦リーグ代表と前年の全国アマチュア最強位の計16人が麻雀最強戦ファイナルと同じトーナメント形式でアマチュアの最強位を掛けて戦い、この大会で優勝したアマチュア選手がその年の全国アマチュア最強位としてファイナルの出場権を獲得する。
プロ・著名人代表決定戦[3]
  • 大きく、男子プロ代表、女流プロ代表、全日本プロ代表、著名人代表があり、それぞれの代表決定戦勝者がファイナル出場権を得る。
プレミアトーナメント
  • 2016年からプレミアトーナメントが始まり、プレミアトーナメントは4つのカテゴリの勝者が4つ目のカテゴリ代表決定後に決勝を行い、その勝者がファイナル進出となる。
その他
麻雀最強戦ファイナル[4]
  • 以上の各決定戦代表、主要タイトル保持者、前年最強位の合計16人によるトーナメントで、予選はA卓からD卓までの各1回戦勝負でそれぞれのトップが決勝進出。決勝も1回戦勝負を行ってトップがその年の最強雀士となる。2019年からファイナルの組み合わせは抽選で決まる事となった。

歴代最強位編集

所属は当時のもの

  • 第1期(1989年度) 片山まさゆき(漫画家)
  • 第2期(1990年度) 小島武夫日本プロ麻雀連盟
  • 第3期(1991年度) 伊藤優孝(同)
  • 第4期(1992年度) 佐々木秀樹(雀鬼会)
  • 第5期(1993年度) 山田英樹(同)
  • 第6期(1994年度) 飯田譲治(著名人代表:映画監督)
  • 第7期(1995年度) 飯田正人最高位戦日本プロ麻雀協会
  • 第8期(1996年度) 長谷川和彦(著名人代表:映画監督)
  • 第9期(1997年度) 土田浩翔(日本プロ麻雀連盟)
  • 第10期(1998年度) 荒正義(同)
  • 第11期(1999年度) 長村大(最高位戦日本プロ麻雀協会)
  • 第12期(2000年度) 森山茂和(日本プロ麻雀連盟)
  • 第13期(2001年度) 河合正浩(読者代表)
  • 第14期(2002年度) 郷内武広(同)
  • 第15期(2003年度) 鈴木たろう日本プロ麻雀協会
  • 第16期(2004年度) 氏家義成(さん小倉店代表)
  • 第17期(2005年度[5]) 後藤正博(読者代表・現日本プロ麻雀連盟)プロ代表 二階堂瑠美 (日本プロ麻雀連盟)
  • 第18期(2007年度[6]) 小山理則(めろんの樹代表)
  • 第19期(2008年度) 張敏賢(最高位戦日本プロ麻雀協会)
  • 第20期(2009年度) 福田聡(日本プロ麻雀協会)
  • 第21期(2010年度) 板川和俊(日本プロ麻雀連盟)
  • 2011 板川和俊(同) ※初の連覇


決勝卓 準決勝卓敗者
最強位 2位 3位 4位 A卓 B卓 C卓 D卓
2012 アマ最強位

[D]水沼利晃

(現・RMU)

雀王

[C]鈴木たろう

著名人

[B]じゃい

著名人

[A]片山まさゆき

女流プロ

茅森早香

全日本プロ

鈴木優

鳳凰位

荒正義

特別予選

小島武夫

新鋭プロ

佐々木寿人

最高位

近藤誠一

鉄人プロ

前原雄大

アマ

パク・ジュンシク

フジテレビ

マギー審司

最強位

板川和俊

フジテレビ

中野浩一

十段位

瀬戸熊直樹

2013 十段戦準優勝

[D]沢崎誠

(連盟)

女流プロ

[A]魚谷侑未

鉄人プロ

[C]森山茂和

新鋭プロ

[B]猿川真寿

著名人

金子昇

全日本プロ

荒木栄二

鳳凰位・十段位

瀬戸熊直樹

フジテレビ

及川奈央

特別予選

荒正義

最高位

新井啓文

フジテレビ

岩井勇気

アマ最強位

村上公成

雀王

鈴木たろう

最強位

水沼利晃

著名人

じゃい

特別予選

茅森早香

2014 著名人

[D]藤田晋

(実業家)

全日本男子プロ

[A]森下剛任

新鋭プロ

[B]小林剛

アマ最強位

[C]時岡史郎

女流プロ

二階堂亜樹

著名人

萩原聖人

鳳凰位

藤崎智

フジテレビ

徳井健太

十段位

櫻井秀樹

最高位

村上淳

鉄人プロ

瀬戸熊直樹

フジテレビ

岩井勇気

雀王

鈴木たろう

最強位

沢崎誠

全日本女流プロ

井上美里

近代麻雀

佐々木寿人

2015 鳳凰位

[A]前田直哉

(連盟)

最高位

[C]近藤誠一

SAカップ

[B]鈴木たろう

十段位

[D]柴田吉和

著名人

押川雲太朗

女流プロ

石井あや

男子プロ

猿川真寿

雀王

木原浩一

女流プロ

和泉由希子

男子プロ

瀬戸熊直樹

全日本プロ

江崎文郎

プレミアR前期

魚谷侑未

歴代最強位

片山まさゆき

アマ最強位

高橋凌

プレミアR後期

鈴木達也

最強位

藤田晋

決勝卓 準決勝卓敗者
A卓 B卓 C卓 D卓
最強位 2位 3位 4位 2位 3位 4位 2位 3位 4位 2位 3位 4位 2位 3位 4位
2016 全日本プロ

[C]近藤千雄

(協会)

RTDリーグ

[D]多井隆晴

鳳凰位

[A]勝又健志

雀王

[B]角谷ヨウスケ

女流プロ

菅原千瑛

著名人

堀江貴文

男子プロ

猿川真寿

男子プロ

阿部孝則

SAカップ

古橋崇志

女流プロ

茅森早香

プレミアT

小林剛

最高位

近藤誠一

歴代最強位

沢崎誠

最強位

前田直哉

十段位

藤崎智

アマ最強位

稲波崇

2017 雀王

[B]金太賢

(協会)

男子プロ

[C]猿川真寿

男子プロ

[A]馬場裕一

男子プロ

[D]多井隆晴

鳳凰位

前原雄大

女流プロ

二階堂亜樹

著名人

本郷奏多

全日本プロ

浅井裕介

著名人

加賀まりこ

男子プロ

石橋伸洋

女流プレミアT

水口美香

最高位

村上淳

RTDリーグ

平賀聡彦

アマ最強位

影山恒太

十段位

藤崎智

最強位

近藤千雄

2018 最高位

[C]近藤誠一

(最高位)

アマ最強位

[D]野間一列

著名人

[A]片山まさゆき

敗者復活

[B]渡辺洋香

鳳凰位

前原雄大

男子プロ

鈴木達也

女流プロ

仲田加南

全日本プロ

岩﨑誠

男子プロ

瀬戸熊直樹

著名人

福本伸行

RTDリーグ

小林剛

女流プレミアT

愛内よしえ

男子プレミアT

紺野真太郎

最強位・雀王

金太賢

十段位

内川幸太郎

男子プロ

勝又健志

2019 ※12月14日に決定

歴代最強戦ガール編集

麻雀最強戦2013から毎年、日本プロ麻雀連盟所属の東西若手女流プロを対象にイメージガールとして創設。主に店舗予選の会場を東西に分かれて数か所の会場で打ち続けてそのトータル得点数を争う女流プロ東西旅打ちバトルを展開したり、大会のアシスタントや応援等を担当する。期限は就任した年以内となっている。

代目
東日本 西日本
初 代(2013年) 松岡千晶 石田亜沙己
2代目(2014年) 菅原千瑛 大久保朋美
3代目(2015年) 山脇千文美 赤木由実
4代目(2016年) 優月みか 高橋侑希
5代目(2017年) 桜川姫子 土田小緒里
6代目(2018年) 大月れみ 音羽なお
7代目(2019年) 松田彩花 後藤咲

大会のメディアでの配信編集

外部リンク編集

出典編集