メインメニューを開く
黃土水

黄 土水(黃土水, こう どすい, Huang Tu-Shui, 1895年7月3日 - 1930年12月21日)は、日本統治時代台湾出身の彫刻家。台湾人として初めて日本の東京美術学校に入学、また台湾人として初めて日本の官展に入選するなど、台湾近代美術の先駆者として活躍したが、35歳で早世した。

生涯編集

1895年、台北市艋舺生まれ。1907年、父親の死去に伴い大稲の二兄の所に身を寄せた。黄土水は大工であった父親や三兄の影響を受け、彫刻に興味を持つようになったと言われている。1911年3月に大稲埕公学校(現在の台北市太平国民小学)を卒業、同年4月、台湾総督府国語学校 (後の台湾総督府台北師範学校)公学師範科乙科に入学した。1915年3月に同校を卒業し、半年間母校の大稲埕公学校に訓導として勤めた。しかし、国語学校長隈本繁吉および総督府民政長官内田嘉吉の推薦を受け、同年9月に東京美術学校彫刻科木彫部に留学、高村光雲の門下に入った。1920年3月に卒業制作『ひさ子さん(女孩胸像)』を提出し、4月に研究科に進学した。

1920年、彫刻作品『蕃童(山童吹笛)』が台湾人としては初めて帝展に入選、その後、『甘露水』(1921年、第三回帝展入選)、『ポーズせる女』(1922年、第四回帝展入選)、『郊外』(1924年、第五回帝展入選)、『釈迦像(釋迦出山)』(1927年、台北・龍山寺)、『水牛群像』(1930年、台北・中山堂)等の作品を発表した。

また、1922年に『みかど雉子』と『双鹿』の木彫二点を宮中に献上、1928年には昭和天皇御大典のための台湾からの献上品を担当(『帰途(水牛群像)』、ブロンズ)、『久邇宮邦彦王胸像』『久邇宮邦彦王妃胸像』を制作するなど、日本の皇室との関係も密接であった。

1922年3月に東京美術学校研究科を修了した後、1923年に台湾人の廖秋桂と結婚、東京池袋にアトリエを構えて、独立した彫刻家として日台を往来しながら制作を続けた。

1930年12月21日、腹膜炎により東京池袋で35歳で病没した。

1931年4月、台北東門町曹洞宗別院で追悼会が催され、9月に三橋町墓地で納骨式が行われた。また、同年5月には台北にて遺作展が開催されている。

台湾での黄土水の評価であるが、1980年代後半に台湾人意識の高揚とともに評価が高まり、台湾彫刻界を代表する彫刻家と見なされている。

代表作編集

  • 『蕃童(山童吹笛)』(塑像、1920):1920年第二回帝展入選。黄土水の死後に台湾に移されたが、現在所蔵先不明。
  • 『ひさ子さん(女孩胸像)』(大理石、1920):太平国民小学校史館所蔵。東京美術学校卒業時の卒業制作。後に、黄土水の母校である台北市太平国民小学に寄付された。
  • 『甘露水』(大理石、1921):1921年第三回帝展入選。黄土水の死後に台湾に移され、台湾教育会館(現二二八国家記念館)に展示されていたと言われるが、現在所蔵先不明。
  • 『ポーズせる女』(塑像、1922):1922年第四回帝展入選。黄土水の死後に台湾に移されたが、現在所蔵先不明。
  • 『郊外』(塑像、1924):1924年第五回帝展入選。現在所蔵先不明。
  • 『釈迦像(釋迦出山)』(石膏/木彫、1927):1927年、台北の龍山寺のために制作した木彫像。1945年5月の台北大空襲において龍山寺が被災した際に、本木彫像も焼失した。しかし、制作時の原型として石膏像が現存しており、1997年にこの石膏像から銅像が再鋳造され、現在台北市立美術館、高雄市立美術館等に所蔵されている。[1][2][3]
  • 『南国(水牛群像)』(ブロンズ、1930):台北市中山堂所蔵。縦250cm×横550cmの大レリーフで、黄土水の遺作となった。黄土水の死後、1936年に竣工した台北公会堂(現中山堂)に未亡人より寄付された。[4][5]

参考文献編集

  • 王秀雄『台湾美術全集第19集 黄土水』芸術家出版(台北市)、1996年。
  • 李欽賢『大地・牧歌・黄土水』雄獅図書(台北市)、1996年。
  • 顏娟英「排徊在現代藝術與民族意識之間:台灣近代美術史先驅黃土水」『台灣近代美術大事年表』雄獅図書(台北市)、1998年。
  • 吉田千鶴子『近代東アジア美術留学生の研究―東京美術学校留学生史料―』ゆまに書房、2009年。

脚注編集