黄梅院 (北条氏政正室)

戦国大名武田信玄の娘、北条氏政の正室

黄梅院(おうばいいん(こうばいいん)、天文12年(1543年) - 永禄12年6月17日1569年7月30日))は、戦国時代から安土桃山時代にかけての女性。武田信玄と正室・三条の方の長女。北条氏政の正室。武田義信は同母兄、武田勝頼は異母弟。

生涯編集

北条氏政との婚姻編集

甲斐国の生まれ。今川氏武田氏後北条氏甲相駿三国同盟のために、天文23年(1554年)12月、12歳で北条氏康の嫡男・氏政の元に嫁ぐ。その輿入れ行列は、一万人もの供の者が付き従い、大変豪華であったと伝えられている。また、信玄は彼女のために弘治3年(1557年)の11月には、安産の神である「富士御室浅間神社」に安産祈願をしており、子煩悩であったことが覗える。

弘治元年(1555年)に男子(名前不明、夭折)、弘治3年(1557年)末頃に芳桂院千葉邦胤室)[1]、永禄5年(1562年)に、嫡男・氏直、永禄9年(1566年竜寿院[2]を産むなど夫婦仲は良好であった。

通説による離別説と死編集

しかし、永禄11年(1568年12月13日、父の信玄の駿河侵攻により三国同盟は破綻する(兄・義信はこの過程で信玄に廃嫡される)。

信玄の駿河侵攻に激怒した氏康は黄梅院を甲斐に送り返した。その際、氏政からは堪忍分として16貫文余を与えられている。

夫・氏政と離縁し、しばらくは鬱々とした日々を送っていたと思われるが、甲府の大泉寺住職の安之玄穏を導師に、出家したとも言われる。

そして永禄12年6月17日、27歳で死去した。

信玄は薄幸な長女のために、巨摩郡竜地(甲斐市龍地)に菩提寺黄梅院を建立し葬り、墓碑が現存している。それから信玄は、元亀元年(1570年)の12月20日に、妻の三条の方と娘の黄梅院両方の回向を行い、同年12月1日付で大泉寺に黄梅院領として南湖郷(南アルプス市)を寄進する判物を発給している。夫の氏政は武田氏と再び同盟した後の、元亀2年(1571年12月27日に、早雲寺の塔頭に同じく黄梅院を建立し、彼女の分骨を埋葬して手篤く弔った。

新説編集

ところが、平成31年(2019年1月)に、日本史学博士で埼玉県文化財保護審議会委員の浅倉直美が、黄梅院が氏政と離別して甲斐に送り返された話も出家してそのまま死去した話も事実ではなく、同盟破綻後も小田原城に留め置かれてそのまま死去したとする論文を発表している。

浅倉は黄梅院の離別・出家を最初に唱えたのは、1970年代の佐藤八郎が最初[3]と指摘した上で[4]、佐藤がその根拠とした元亀元年12月1日付の大泉寺に充てた信玄の判物(前述)について「局知行」と読むべきところを「尼知行」(尼=黄梅院)と誤読した誤りを指摘し、誤読を根拠とした黄梅院の甲斐送還や出家を事実とは認められないとした。その上で判物に記された知行は黄梅院に仕えていた女性(局)の知行で、小田原での一周忌を終えて甲斐に戻ってきた女性(局)から娘の最期を聞いた信玄が黄梅院を建立したとする説を唱えた。

反対に永禄12年5月(黄梅院死去の2か月前)に氏政の嫡男である国王丸(後の北条氏直)を今川氏真の養子とすることが決められているのは、正室である黄梅院が将来的に氏政の男子を生む可能性が期待されていたからと考えられ、亡くなる直前まで小田原城で健在にしていた傍証になることを指摘している(浅倉は氏直が黄梅院の実子ではなかった可能性も指摘している)[5]

浅倉説を受けて、これまで黄梅院は離別・出家したとしてきた黒田基樹もこの説に同意して、黄梅院は離別されずに小田原城にいた可能性が高いと自説を修正している[6]

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 戦国遺文 武田氏編592号など
  2. ^ 戦国遺文 武田氏編992号など
  3. ^ 佐藤八郎「武田信玄の娘たち」磯貝正義 編『武田信玄のすべて』(新人物往来社、1978年)など。
  4. ^ なお、佐藤説よりも以前の論考(例えば、杉山博「黄梅院殿春林宗芳への回想-武田信玄の娘・北条氏政室-」『歴史手帖』3巻7号、1975年)では、小田原城で死去したと記されている。
  5. ^ 浅倉、2019年、P3-9.
  6. ^ 黒田基樹「総論 北条氏直の研究」『シリーズ・中世関東武士の研究 第二九巻 北条氏直』(戒光祥出版、2020年)ISBN 978-4-86403-349-7 P9-12.

参考文献編集

  • 黒田基樹『戦国北条一族』 ISBN 4-404-03251-X C0021
  • 黒田基樹『北条氏政 乾坤を截破し太虚に帰す』ミネルヴァ書房〈ミネルヴァ日本選評伝〉、2018年2月。ISBN 978-4-623-08235-3
  • 浅倉直美「北条氏政正室黄梅院殿と北条氏直」『武田氏研究』第59号(武田史研究会、2019年1月)P1-13.

関連項目編集