メインメニューを開く

黄瀬川(きせがわ)は、静岡県を流れる一級河川狩野川水系最大の支流で流路延長30km。別名木瀬川木世川

裾野市付近の黄瀬川。川底に溶岩が目立つ

地理編集

御殿場市に源を発する(地図)。溶岩の流れた跡が目立つ河川で、途中には富士溶岩の断崖にかかる五竜の滝地図)、鮎壺の滝地図)などがある。概ね南へ流れ、沼津市清水町の境で狩野川と合流する(地図)。

歴史編集

平安時代末期の治承・寿永の乱において、伊豆で挙兵した源頼朝奥州から駆けつけた源義経1180年治承4)10月21日に黄瀬川の陣で兄弟対面を果たしたと伝えられる(富士川の戦い)。

黄瀬川は田畑より低い位置を流れるため、農業用水には不向きな川であった。そのため江戸時代には、芦ノ湖を水源とする深良用水が築かれた[要出典]

流域の自治体編集

橋梁編集

関連項目編集