メインメニューを開く
この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

黄緑6号(きみどり6ごう)は、日本国有鉄道(国鉄)が定めた名称の1つである。

黄緑6号
慣用色名称「萌黄色」
 
16進表記 #7BAB4F
RGB (123, 171, 79)
マンセル値 7.5GY 6.5/7.8
出典 鉄道ジャーナル通巻217号 特集「鉄道車両 色彩の美学」
黄緑6号を地色とした103系
黄緑6号を帯色とした205系
黄緑6号を帯色としたE231系500番台
黄緑6号を継承したE235系

目次

概要編集

うぐいす色[1]萌黄色」とも呼ばれる。

1963年に登場した103系電車で初採用となり、投入線区が山手線であったため以後「山手線のラインカラー」として定着するとともに、中央線快速朱色1号、山手線→中央・総武緩行線黄5号と合わせて3色が登場した事により、線区別のラインカラーという概念が登場するきっかけとなった色でもある。その後新性能通勤形電車の塗装として関東では横浜線埼京線川越線八高線に、近畿では1973年以降の関西線(大和路線)でも採用されたが、関西線では田園風景の中に黄緑が溶け込みやすく、また季節によっては霧が出て識別しにくいとの理由から、前面に警戒色として黄5号の帯を入れていた。一時期この帯は省略されていたが、現在では同様の理由で白帯が付けられている。近畿では大和路線以外では奈良線和歌山線桜井線おおさか東線などでも本色が使用されている。

オールステンレス車両にも本色が引き継がれ、山手線用の205系E231系500番台E235系の他、横浜線用の205系・E233系にも採用されている。

また、旧形国電では仙石線呉線可部線でも採用され、後に関西線と同様の理由から前面に仙石線では黄5号、呉線可部線では朱色1号を入れていた。

貨物用の採用例では国鉄所有コンテナの標準色とされていた他、車掌車ヨ5000形のコンテナ専用急行用車の外部色[2]チップ専用無蓋車トラ90000形の上半分(金網部分)にも採用された。

また、JR西日本京都地区の電車において、2010年以降の新塗装で用いられる色(抹茶色一色塗装)も、この色を若干濃くしたような色合いとなっている。

使用車両編集

近似色編集

脚注編集

  1. ^ 実際にはウグイスではなくメジロの羽色に近い。ウグイス#メジロとの混同メジロ#ウグイスとの混同を参照。
  2. ^ 当初は淡緑3号であったが昭和39年6月19日総裁達第326号により黄緑6号に変更された。(車輛番号ヨ5000-ヨ5011、ヨ5090-ヨ5096、ヨ5136-ヨ5138)

関連項目編集