黄金の七人』(おうごんのしちにん、Sette uomini d'oro)は、1965年イタリア犯罪コメディ映画。 監督はマルコ・ヴィカリオイタリア語版、出演はロッサナ・ポデスタフィリップ・ルロワなど。 スイス銀行から強奪した金の延べ棒をめぐる、1人の教授と謎の美女、6人の男たちの騙し合いと駆け引きを描いた娯楽作で、日本では『ルパン三世』の元ネタになったとされている[1]1972年4月5日から日本テレビ系列で放送が開始された「水曜ロードショー(現・金曜ロードSHOW!)」の第1回放送作品である。

黄金の七人
Sette uomini d'oro
監督 マルコ・ヴィカリオイタリア語版
脚本 マルコ・ヴィカリオ
マリアノ・オゾレス
ノエル・ギルモア
製作 マルコ・ヴィカリオ
ウーゴ・トゥッチ
出演者 ロッサナ・ポデスタ
フィリップ・ルロワ
音楽 アルマンド・トロヴァヨーリ
撮影 エンニオ・グァルニエリイタリア語版
編集 ロバート・チンクイニイタリア語版
製作会社 As Films Producción
Atlantica Cinematografica Produzione Films
Paris Union Films
配給 イタリアの旗 L'Atlantica Cinematografica
日本の旗 東和
公開 イタリアの旗 1965年10月21日
日本の旗 1966年3月19日
上映時間 95分
製作国 イタリアの旗 イタリア
言語 イタリア語
次作 続・黄金の七人 レインボー作戦
テンプレートを表示

ストーリー編集

スイスジュネーブで、ある銀行が誇る最新式の大金庫に大量の金の延べ棒が収められる。“教授”に率いられた6人の男と1人の女は、綿密な計画と万全の装備、抜群のチームワークで白昼堂々、7トンもの黄金を盗み出すことに成功する。 しかし、そこから黄金を巡って、6人を裏切る教授と、さらに教授を裏切る女、教授を追う6人の騙し合いが始まる。

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹き替え
日本テレビ テレビ朝日 テレビ東京
ジョルジャ ロッサナ・ポデスタ 山東昭子 鈴木弘子 小原乃梨子
“教授”アルベール フィリップ・ルロワ 矢島正明 広川太一郎 西沢利明
アドルフ ガストーネ・モスキンイタリア語版 富田耕生 小林清志 細井重之
アルド ガブリエレ・ティンティイタリア語版 野島昭生 牛山茂
アルフレッド モーリス・ポリ 青野武 秋元羊介
アルフォンソ マヌエル・サルツォスペイン語版 西山連 岡田吉弘
アウグスト ジャン・ピエロ・アルベルティーニイタリア語版 須永宏 峰恵研
アンソニー ダリオ・デ・グラッシイタリア語版 広瀬正志
銀行の頭取 ホセ・スアレススペイン語版 山内雅人 西田昭市 嶋俊介

スタッフ編集

出典編集

  1. ^ 黄金の七人”. シネフィルWOWOW. 2020年6月30日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集