メインメニューを開く

株式会社 黄金糖(おうごんとう)は、大阪府大阪市住吉区に本社を置くを専業とする製菓会社である。1923年大正12年)創業[1]

株式会社 黄金糖
OGONTOH Co.,Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
558-0033
大阪府大阪市住吉区清水丘3-8-21-100
設立 1923年1月
業種 食料品
法人番号 2120001032301
事業内容 飴の製造・販売
代表者 代表取締役社長 瀬戸口光生
従業員数 50名
決算期 12月
外部リンク http://www.ogontoh.co.jp/
特記事項:営業本部・工場は奈良県大和郡山市小泉町1255-2に所在する。
テンプレートを表示

目次

概要編集

片方がやや細い四角柱形状で、透明感のある金色をした飴「黄金糖」の製造元として知られる[1][2]。創業から今日まで「黄金糖」を中心に製造を続けている。

かつては朝日放送ABCテレビ)制作・テレビ朝日系列全国ネットの番組スポンサーとしてCMも放送された他、毎日放送などでもスポットCMを流していたが、2012年現在『ありがとう浜村淳です』(MBSラジオ)のスポンサーの一社としてCMが放送されている。また、2013年には創業90周年を記念して最新のテレビCM(アニメーションによるもので、キャラクターは『イエロー吉』『ゴールド平』『シュガー太』の3人)が製作され、MBSテレビほかで放送されている。

黄金糖(菓子)編集

片方がやや細い四角柱形状という独特の形状は、「食べる宝石」をイメージしたものであるほか、成形用の型から取り出すのに適した形状であるという実用的な理由もある[2]

「黄金糖」は発売当初から砂糖水飴、奈良の天然水のみでの製造を旨とし[1][2]奈良県大和郡山市に所在する工場で生産され続けている。日本国内の流通のみならず、台湾・アメリカ・アジアなどの諸外国にも輸出されている。

UHA味覚糖が「純露」という「黄金糖」に類似した形状の飴を製造、販売している。「純露」の発売は1971年であり、前述のように大正末期から発売されている「黄金糖」のほうが古くから製造、販売されており、「純露」のほうが形状を踏襲していると言える[2]

特に関西圏では「黄金糖」の人気が高く、煮物を作る際の隠し味に用いられることもある[2]

沿革編集

  • 1919年 - 初代・瀬戸口伊勢松が宮崎県都城市で「金銀糖」で売り出す。
  • 1923年 - 大阪で名前を「黄金糖」と変えて瓶詰め形態にする。現在の黄金糖の形式である「四角柱」もこの時に誕生。大阪府堺市で「瀬戸口商店」創業。
  • 1944年 - 太平洋戦争砂糖が入手困難になり休業。
  • 1945年 - 空襲で堺市の工場が焼失。
  • 1946年 - 黄金糖の生産を再開。
  • 1950年 - 株式会社に改組。「丸十製菓株式会社」設立。
  • 1952年 - 大阪市住吉区清水丘に本社移転。社名を「株式会社瀬戸口製菓所」に変更。
  • 1959年 - 明治神宮例大祭に、黄金糖をこの年から献菓。
  • 1960年 - 橿原神宮紀元祭に、黄金糖をこの年から献菓。
  • 1961年 - 黄金糖が第15回全国菓子大博覧会で名誉大賞を受賞。
  • 1965年 - 黄金糖の製造工程をオートメーション化。
  • 1967年 - 黄金糖の海外販路拡張のため、大阪税関長から保税工場の認可を受ける。
  • 1969年 - 黄金糖が第3回日本商工殿堂表彰大会で名誉総裁賞を受賞。
  • 1970年 - 黄金糖が日本航空機内サービスに採用される(2015年現在も継続中)。
  • 1973年 - 黄金糖が第18回全国菓子大博覧会で名誉総裁賞を受賞。
  • 1976年 - 社名を「株式会社黄金糖」に変更。
  • 1989年 - 黄金糖が第21回全国菓子大博覧会で名誉無監査賞を受賞。
  • 1989年 - 黄金糖とラムネ味キャンディを合わせた業界初の2層式キャンディ「ドッ・きんぐ」を発売。
  • 1994年 - 「ドッ・きんぐ」を「ビタデルカス」に名称変更
  • 2002年 - 「ビタデルカス」を「ビタイン」に名称変更。

事業所編集

主な商品編集

  • 黄金糖
  • 黄金糖のど飴
  • 黄金糖タブレーノ(2層式キャンディ)
    • レモン
    • ヨーグルト
    • ソーダ
  • プロポリスのど飴
  • しょうがあめ
  • ゴールデンドロップ
  • ミルクコーヒーキャンディ
  • 紅茶のキャンディ
  • みたらし風塩飴
  • シトラスキャンディ
  • カラメル黒飴
  • 塩飴
  • レモンソーダのど飴

関連項目編集

  • 那智黒 - 「黄金糖」と同様に関西で人気の高い飴[1]

出典編集

  1. ^ a b c d tenki.jp (2015年4月1日). “「飴ちゃん食べる?」。瞬時に打ち解けられる、アメコミ = 飴ちゃんコミュニケーションとは?”. AERA dot.. 2018年8月24日閲覧。
  2. ^ a b c d e 初見健一『まだある。: 今でも買える“懐かしの昭和”カタログおやつ編』OZORA Publishing Company、2007年、12頁。ISBN 9784903175072

外部リンク編集