黒いジャガー』(原題: Shaft)は、1971年に公開されたアメリカ合衆国アクション映画

黒いジャガー
Shaft
Shaft logo.svg
ポスターのロゴ(1971)
監督 ゴードン・パークス
脚本 アーネスト・タイディマン
ジョン・D・F・ブラック
出演者 リチャード・ラウンドトゥリー
音楽 アイザック・ヘイズ
主題歌 Theme from Shaft
撮影 アース・ファーラー
配給 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
公開 アメリカ合衆国の旗 1971年7月2日
日本の旗 1972年4月8日
上映時間 100分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $1,125,000
興行収入 $12,121,000 アメリカ合衆国の旗
次作 黒いジャガー/シャフト旋風
テンプレートを表示

犯罪の多発するニューヨークを舞台に、黒人私立探偵ジョン・シャフトが活躍する。1960年代から1970年代にかけて多数製作された、ブラック・パワー・ムービー(黒人パワーを肯定的に捉え、黒人の観客層にアピールする映画)の中でも中心的な評価を受けている作品である。

特に、監督ゴードン・パークスから、主演のリチャード・ラウンドツリー以下スタッフのほとんどを黒人で固めていることも注目される。また、アイザック・ヘイズが作詞作曲した「黒いジャガーのテーマ」が全米1位を記録し、アカデミー歌曲賞を受賞した。

黒いジャガー/シャフト旋風』、『黒いジャガー/アフリカ作戦』の2本の続編があり、1973年にはTVシリーズも製作されている。

スタッフ編集

  • 監督:ゴードン・パークス
  • 製作:ジョエル・フリーマン
  • 原作:アーネスト・タイディマン
  • 脚本:アーネスト・タイディマン、ジョン・D・F・ブラック
  • 撮影:アース・ファーラー
  • 音楽:アイザック・ヘイズ

キャスト編集

あらすじ編集

NYの黒人私立探偵シャフトは、ある日2人組の手荒い訪問を受ける。彼らはハーレムのボス・バンピーの手下だった。バンピーはシャフトに誘拐された娘の救出を依頼する。誘拐が黒人過激組織の仕業だとバンピーから聞かされたシャフトは、旧知の過激組織のボス・ベンと面会する。そこを謎の集団に襲われ、やっとの思いで難を逃れた。娘を誘拐したのは、バンピーがなわばりを荒らしたマフィアの仕業だった。シャフトとベンは、多額の報酬で娘の奪還を請け負い、マフィアのアジトに乗り込んでいく。


関連作品編集

関連項目編集

外部リンク編集