黒い看護婦

日本のノンフィクション作品、テレビドラマ番組

黒い看護婦』(くろいかんごふ)は、森功ノンフィクション書籍。2002年に発覚した福岡県久留米市の女性看護師4人による保険金連続殺人事件久留米看護師連続保険金殺人事件[1] の全容を描く。森は『週刊新潮』の編集部員として取材をはじめ、事件発覚から判決までのおよそ2年半を追い、『週刊新潮』および『新潮45』にレポートを掲載した[2]。その後、2004年11月には単行本として新潮社から刊行された。

黒い看護婦
福岡四人組保険金連続殺人
著者 森功
発行日 2004年11月25日
発行元 新潮社
ジャンル ノンフィクション
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判上製本
ページ数 223
コード ISBN 978-4-10-472101-6
ISBN 978-4-10-132051-9文庫本
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

2015年にはテレビドラマ化された。

テレビドラマ編集

黒い看護婦
ジャンル 単発テレビドラマ
原作 森功
脚本 神山由美子
演出 平山秀幸(ノンクレジット)
出演者 大竹しのぶ
寺島しのぶ
坂井真紀
木村多江
エンディング [注 1]
製作
プロデューサー 黒沢淳、村上研一郎
制作 フジテレビ
放送
音声形式ステレオ放送
放送国・地域  日本
放送期間2015年2月13日
放送時間金曜22:00 - 23:52
放送枠赤と黒のゲキジョー
放送分112分
回数1
黒い看護婦 - フジテレビ
テンプレートを表示

2015年2月13日フジテレビ系列の『赤と黒のゲキジョー』枠にてテレビドラマ化された。なお、看護師の呼称は事件当時に準じ、タイトルや劇中でもすべて「看護婦」で統一されている[3]

黒沢淳プロデューサーは元となった事件の主犯の公判を実際に傍聴した経験があり[3]、圧倒されたその時の思いから、「カマキリのように男を食いつぶしていく悪女を描いてみたい」[4]「これほどまでの人間の悪さ、弱さ、不可解さを演じられるのは大竹さんしかいない」[5]と感じ、他3人の弱みを握って完全服従させる[6]主犯の田中直子役に2002年の同局のテレビドラマ『実録 福田和子』で強盗殺人の逃亡犯・福田和子を演じたこともある大竹しのぶを抜擢した[7]。大竹は3人を洗脳する「モンスター」でありながら、人懐っこく世話好きなところもあるという二面性のある女を怪演している[3][8]。撮影は2014年3月に福岡市内[9]久留米市などで行われた。

クレジット拒否騒動編集

当初は土曜日の枠で放送される予定だったが、金曜日[注 2]へ変更されたため、完成時92分の作品を74分に縮める必要が生じた[10]。しかし、監督の平山秀幸がこれに抗議して氏名のクレジットを拒否したうえ、エンドロールでは平山ほか撮影クルーの氏名が各人の希望によってノンクレジットとなり、平山は番組サイトでの名前の掲載も拒否する[11]。この事態は『週刊文春』に平山が実名告発したことで発覚し[12]、その後の2月27日にフジテレビ社長(当時)の亀山千広が定例会見で「いただけない。我々の調整の稚拙さとしか言いようがない」と自社の非を認めた[10]

視聴率は6.6%[13]

キャスト編集

スタッフ編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ クレジットはされなかったが、車の中のFMラジオやエンディングではABBAの「ダンシング・クイーン」が使用されている[3]
  2. ^ 通常の『赤と黒のゲキジョー』枠 (21:00-22:52) ではなく、19:00-21:54に『2015年四大陸フィギュアスケート選手権』中継が編成されたため、22:00-23:52[6]になった。

出典編集

  1. ^ “久留米看護師連続保険金殺人事件の起訴事実”. 西日本新聞. (2004年1月27日). オリジナルの2011年9月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110910112906/http://www.nishinippon.co.jp/wordbox/word/3514 2015年8月21日閲覧。 
  2. ^ 森功 『黒い看護婦』新潮社、2004年11月25日、223頁。ISBN 978-4-10-472101-6 
  3. ^ a b c d e “【TVプレビュー】「黒い看護婦」大竹しのぶ怪演、殺人鬼の心の闇”. Sponichi Annex. (2015年2月13日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/02/13/kiji/K20150213009798620.html 2015年9月7日閲覧。 
  4. ^ “大竹しのぶ×寺島しのぶ×坂井真紀×木村多江 豪華共演”. 産経ニュース. (2015年2月12日). http://www.sankei.com/entertainments/news/150212/ent1502120001-n1.html 2015年9月7日閲覧。 
  5. ^ “大竹しのぶ“殺人ナース”演じる!実際の保険金殺人事件が題材(3/3ページ)”. SANSPO.COM. (2015年1月22日). https://www.sanspo.com/article/20150122-YZFGKBMNUFOA7EGWNT5OWKVRWQ/3/ 2015年9月7日閲覧。 
  6. ^ a b 大竹しのぶ、寺島しのぶらが「黒い看護婦」 実在の連続保険金殺人事件をフジがドラマ化”. TVfanWeb (2015年1月22日). 2015年9月7日閲覧。
  7. ^ “大竹しのぶ“殺人ナース”演じる!実際の保険金殺人事件が題材(2/3ページ)”. SANSPO.COM. (2015年1月22日). https://www.sanspo.com/article/20150122-YZFGKBMNUFOA7EGWNT5OWKVRWQ/2/ 2015年9月7日閲覧。 
  8. ^ 大竹しのぶ、狂気の看護師怪演!寺島しのぶ、木村多江らと保険金殺人の真実描く”. クランクイン!! (2015年1月22日). 2015年9月7日閲覧。
  9. ^ ドラマ「黒い看護婦」2月13日(金)22時(フジテレビ)”. 福岡フィルムコミッション (2015年2月). 2016年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月7日閲覧。
  10. ^ a b “「黒い看護婦」騒動でフジが非を認める(1/2ページ)”. DAILY SPORTS ONLINE. (2015年2月27日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2015/02/27/0007775389.shtml 2015年9月7日閲覧。 
  11. ^ フジテレビ「黒い看護婦」で有名監督がクレジット拒否!”. 週刊文春Web (2015年2月18日). 2015年2月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月7日閲覧。
  12. ^ “「黒い看護婦」騒動でフジが非を認める(2/2ページ)”. DAILY SPORTS ONLINE. (2015年2月27日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2015/02/27/0007775389.shtml?pg=2 2015年9月7日閲覧。 
  13. ^ ドラマの監督に“実名告発”されたフジテレビ”. リアルライブ (2015年2月19日). 2015年2月24日閲覧。
  14. ^ a b “大竹しのぶ:寺島しのぶらと“黒い看護師”に 保険金殺人事件をドラマ化”. MANTANWEB. (2015年1月25日). https://mantan-web.jp/article/20150125dog00m200024000c.html 2015年9月7日閲覧。 
  15. ^ 木村多江、「まっしろ」の次は“まっくろ”! ドラマ「黒い看護婦」”. cinemacafe.net (2015年1月22日). 2015年9月7日閲覧。

外部リンク編集