メインメニューを開く

黒い絨毯』(くろいじゅうたん、原題:The Naked Jungle)は、1954年制作のアメリカ合衆国ホラーパニック映画。『黒い絨氈』との表記もある。

黒い絨毯
The Naked Jungle
監督 バイロン・ハスキン
脚本 フィリップ・ヨーダン
ラナルド・マクドゥーガル
原作 カール・スティーヴンソン
製作 ジョージ・パル
出演者 チャールトン・ヘストン
エリノア・パーカー
音楽 ダニエル・アンフィシアトロフ
撮影 アーネスト・ラズロ
編集 エヴェレット・ダグラス
製作会社 パラマウント映画
配給 アメリカ合衆国の旗日本の旗 パラマウント映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1954年3月3日
日本の旗 1954年7月13日
上映時間 95分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

南米アマゾン川上流の開拓地を舞台に、人喰いアリの大群と農園主の戦いを描いたホラー・パニック映画。カール・スティーヴンソン原作の小説“Leiningen Versus the Ants”の映画化。『宇宙戦争』のジョージ・パル製作、バイロン・ハスキン監督。

目次

あらすじ編集

1901年、アメリカ人女性ジョアンナは南米アマゾン川上流の奥地で農園を経営するクリストファー・レニンジェンと結婚するため、この地にやってきた。

ある夜、レニンジェンのところへ役人が訪れてきた。役人から上流に事変が起こった知らせを受けて、レニンジェンは役人と共に調査に出る。彼の意固地さを見てとても一生添いとげられないと思いアメリカに帰る気になったジョアンナも途中まで同行するが、とある集落で彼らは恐るべき事態を知る。

それはマラブンタと呼ばれる人喰いアリ(架空の人喰いアリ、モデルはグンタイアリ)が数百年ぶりの集団移動が始めたというものであった。マラブンタは移動する際、通り道にある動植物をことごとく喰いつくしてしまう恐るべきアリであった。

レニンジェン達は農園を守るべく急いで引き返し、マラブンタの侵入を防ぐため様々な防御策を施すが、マラブンタはそれを破ってついに農園の敷地内に侵入してくる。追いつめられたレニンジェン達は、最後の手段をとる。

キャスト編集

その他編集

マラブンタの襲撃とその撃退法のシーンは、テレビドラマ『冒険野郎マクガイバー』の"Trumbo's World"の回(1985年)にそっくりフィルムごと流用された[2][3]

脚注編集

外部リンク編集