黒保根村

日本の群馬県勢多郡にあった村

黒保根村(くろほねむら)は、群馬県中東部の勢多郡に属した。現在の桐生市北西部の黒保根地区にあたる。

くろほねむら
黒保根村
水沼駅温泉センターと わたらせ渓谷鉄道
Flag of Kurohone Gunma.png Emblem of Kurohone, Gunma (1975–2005).svg
黒保根村旗 黒保根村章
廃止日 2005年(平成17年)6月13日
廃止理由 編入合併
新里村黒保根村桐生市
現在の自治体 桐生市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 群馬県
勢多郡
市町村コード 10308-0
面積 101.50 km2
総人口 2,610
推計人口、2005年6月1日)
隣接自治体 沼田市山田郡大間々町勢多郡富士見村新里村東村
村の木 黒檜夏椿
村の花 サクラツツジアジサイ
黒保根村役場
所在地 376-0196
群馬県勢多郡黒保根村大字水沼182-3
Kiryu city Kurohone branch office.jpg
座標 北緯36度30分06秒 東経139度17分02秒 / 北緯36.50178度 東経139.28378度 / 36.50178; 139.28378座標: 北緯36度30分06秒 東経139度17分02秒 / 北緯36.50178度 東経139.28378度 / 36.50178; 139.28378
群馬県勢多郡黒保根村.png
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

概要編集

1889年明治22年)4月1日、南勢多郡の8か村が合併して発足。1958年(昭和33年)2月1日、南部の3大字が山田郡大間々町に編入。桐生広域市町村圏の北西部に位置するわたらせ渓谷線(旧足尾線)・国道122号(旧足尾銅山街道)沿線の村で、5つの大字からなる。

村名は赤城山の古称である久呂保(黒保)に由来。旧勢多郡赤城村(現在の渋川市)、久呂保村(利根郡昭和村)、赤城根村沼田市)など、勢多郡には赤城山の名に由来する村が多数あった。

地理編集

赤城山の南東麓、渡良瀬川の上流部に位置する。村内のほとんどが山林地帯である。

歴史編集

沿革編集

  • 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制施行に伴い、水沼・八木原・上田沢・下田沢・宿廻・上神梅・下神梅・塩沢の8村が合併し南勢多郡黒保根村が発足。
  • 1896年(明治29年)4月1日 - 東群馬郡と南勢多郡合併に伴い、勢多郡に属する。
  • 1958年(昭和33年)2月1日 - 大字上神梅・下神梅・塩沢が山田郡大間々町に編入。
  • 2005年(平成17年)6月13日 - 桐生市に編入し廃止。

人口編集

  • 1920年(大正9年):6,237人
  • 1940年(昭和15年):5,950人
  • 1960年(昭和35年):5,225人
  • 1980年(昭和55年):3,356人
  • 2000年(平成12年):2,753人

行政編集

村議会は無所属議員が大多数であったが、日本共産党の議員が1名在籍していた。

警察編集

消防編集

経済編集

産業編集

主産業は農業林業であった。昭和30年代ごろまでは養蚕業が盛んで、明治初期には群馬県初の民間経営の製糸所である水沼製糸所が建てられ、生糸のアメリカ直輸出を行なった。製糸所の廃止後は桑畑の数は減少し、野菜・果樹栽培地に転換された。

地域編集

大字編集

教育・保育編集

交通編集

鉄道編集

 
水沼駅・温泉センター

道路編集

 
黒保根大橋
 
道の駅くろほね・やまびこ

バス編集

観光編集

名所・旧跡編集

 
水沼製糸所跡
 
黒保根歴史民俗資料館

祭事・催事編集

人物編集

出身者編集

関連項目編集

外部リンク編集