メインメニューを開く

黒原 敏行(くろはら としゆき、1957年5月31日[1]- )は、英米文学の翻訳家。

和歌山県生まれ。慶應義塾大学文学部仏文科卒[2]東京大学法学部に学士入学、卒業するが司法試験には受からず、予備校で教える[3]。32歳から本格的に翻訳を始め、当初ミステリーなどを訳すが、次第に純文学や古典も手がけるようになる。

翻訳編集

  • マイクル・アレグレット「私立探偵ジェイコブ・ロマックス」
『岩場の死』早川書房 1989 ハヤカワ・ミステリ
『欲望の石』早川書房 1990
『匿名原稿』早川書房 1992 のち文庫
『血の痕跡』早川書房 1994 のち文庫
『熱い十字架』早川書房 1995
『偽りの契り』早川書房 1996
『欲望の爪痕』早川書房 1998
『過去の傷口』早川書房 1999
『憎悪の果実』早川書房 2001
『最終章』早川書房 2002
  • トマス・パーマー『密輸人』ハヤカワ文庫 1992
  • ザカリー・クライン『終わりという名の街』早川書房 1993
  • ジャック・ヒギンズ『嵐の眼』早川書房 1994 のち文庫
  • コーマック・マッカーシー『すべての美しい馬』早川書房 1994 のち文庫
  • デイヴィッド・E.フィッシャー『幻の標的』早川書房 1994
  • コーマック・マッカーシー『越境』早川書房 1995 のち文庫
  • ヒギンズ『サンダー・ポイントの雷鳴』早川書房 1995 のち文庫
  • ダグ・J.スワンソン『ビッグ・タウン』早川書房 1996 のち文庫
  • アノニマス『プライマリー・カラーズ 小説アメリカ大統領選』早川書房 1996 のち文庫
  • ヒギンズ『密約の地』早川書房 1996 のち文庫
  • ジョゼフ・T.クレンプナー『殺意なき謀殺』ハヤカワ・ミステリ文庫 1997
  • ダグ・J.スワンソン『死のドリーム・ボート』早川書房 1997
  • ヒギンズ『シバ 謀略の神殿』早川書房 1997 のち文庫
  • エドワード・バンカー『ドッグ・イート・ドッグ』ハヤカワ文庫 1997
  • ヒギンズ『闇の天使』早川書房 1997 のち文庫
  • ヒギンズ『悪魔と手を組め』早川書房 1998 のち文庫
  • ガイ・バート『ソフィー』読売新聞社 1998 のち創元推理文庫
  • アイラ・レヴィン『ローズマリーの息子』早川書房 1998 のち文庫
  • ジェームズ・W.ブリン『セックスとビデオと戦場』角川文庫 1999
  • ヒギンズ『双生の荒鷲』角川文庫 1999
  • シェイマス・スミス『Mr.クイン』ハヤカワ文庫 ミステリアス・プレス文庫 2000
  • ヒギンズ『大統領の娘』角川文庫、2000
  • アン・マイクルズ『儚い光』早川書房 2000
  • マッカーシー『平原の町』早川書房 2000 のち文庫
  • コリン・ハリスン『アフターバーン』新潮文庫、2001
  • ジョージ・シャフナー『人生について数字が教えてくれること』角川書店 2001
  • ランダル・ウォレス『パール・ハーバー』角川文庫 2001
  • ジョナサン・フランゼン『コレクションズ』新潮社 2002 のちハヤカワ文庫
  • マイケル・ムーア『おい、ブッシュ、世界を返せ!』アーティストハウスパブリッシャーズ 2003
  • スティーヴン・L.カーター『オーシャン・パークの帝王』アーティストハウスパブリッシャーズ 2003
  • ヒギンズ『ホワイトハウス・コネクション』角川文庫 2003
  • フレッド・ウィラード『ヴードゥー・キャデラック』文春文庫 2003
  • マイケル・ムーア華氏911の真実』戸根由紀恵、落石八月月共訳 ポプラ社 2004
  • ヒギンズ『審判の日』角川文庫 2004
  • 『マイケル・ムーアへ 戦場から届いた107通の手紙』戸根由紀恵,遠藤靖子共訳 ポプラ社 2004
  • アラン・ファースト『影の王国』講談社文庫 2005
  • A.J.ジェイコブズ『驚異の百科事典男 世界一頭のいい人間になる!』文春文庫 2005
  • コーネル・ウールリッチ『黒い天使』ハヤカワ・ミステリ文庫 2005
  • ヒギンズ『復讐の血族』角川文庫 2005
  • アンドリュー・ブリトン『合衆国爆砕テロ』SB文庫 2006
  • ポール・サスマン『聖教会最古の秘宝』角川文庫 2006
  • ミッシェル・フェイバー『天使の渇き』アーティストハウスパブリッシャーズ 2006
  • アンドリュー・ブリトン『合衆国殲滅計画』SB文庫 2007
  • クライブ・カッスラー,ジャック・ダブラル『遭難船のダイヤを追え!』ソフトバンク文庫、2007
  • マッカーシー『血と暴力の国』扶桑社ミステリー、2007
  • ヒギンズ『報復の鉄路』角川文庫 2007
  • ブリトン『合衆国包囲網』ソフトバンク文庫、2008
  • マッカーシー『ザ・ロード』早川書房 2008 のち文庫
  • クライブ・カッスラー,ジャック・ダブラル『日本海の海賊を撃滅せよ!』ソフトバンク文庫、2008
  • マッカーシー『ブラッド・メリディアン』早川書房 2009
  • ジョゼフ・コンラッド闇の奥』光文社古典新訳文庫 2009
  • マイケル・シェイボン『ユダヤ警官同盟』新潮文庫 2009
  • マイケル・シェイボン『シャーロック・ホームズ最後の解決』新潮文庫 2010
  • ダニエル・ウッドレル『ウィンターズ・ボーン』AC Books 2011
  • ドン・ウィンズロウ『サトリ 原案/トレヴェニアン『シブミ』』早川書房 2011 のち文庫
  • ジェデダイア・ベリー『探偵術マニュアル』 創元推理文庫 2011
  • リチャード・パワーズ『エコー・メイカー』新潮社 2012
  • フレデリック・フォーサイス『コブラ』角川書店 2012 のち文庫 
  • アン・マイクルズ『冬の眠り』早川書房 2012
  • オルダス・ハクスリーすばらしい新世界』光文社古典新訳文庫 2013
  • マッカーシー『悪の法則』早川書房 2013
  • フォーサイス『キル・リスト』KADOKAWA 2014
  • ジョン・スタインベック怒りの葡萄』ハヤカワepi文庫 2014 
  • ニック・ハーカウェイ『世界が終わってしまったあとの世界で』ハヤカワ文庫 2014
  • マーガレット・ミラー『まるで天使のような』創元推理文庫 2015
  • ウィリアム・ゴールディング蠅の王』ハヤカワepi文庫 2017
  • ウィリアム・フォークナー八月の光』光文社古典新訳文庫 2018

編集

  1. ^ 『文藝年鑑2008』
  2. ^ 日外アソシエーツ人物情報より
  3. ^ 折々のむだ話(その4)――理想の翻訳法(翻訳ミステリー大賞シンジケート)、ほぼ日刊イトイ新聞