黒崎めぐみ

日本放送協会(NHK、本部が東京にある日本の公共放送局)のアナウンサー

黒崎 めぐみ(くろさき めぐみ、1968年4月18日 - )は、NHKの職員で元アナウンサー2020年8月3日付の人事異動で、NHK宇都宮放送局局長への着任を予定している[1]

くろさき めぐみ
黒崎 めぐみ
プロフィール
愛称 ドクトル・メグ、黒めぐ
出身地 中華民国の旗 中華民国台湾台北市
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1968-04-18) 1968年4月18日(52歳)
最終学歴 東京大学文学部英語英文学科卒業
勤務局 NHKラジオセンター
部署 専任ディレクター
職歴 名古屋東京アナウンス室大阪→東京アナウンス室→日本語センター出向→名古屋→東京アナウンス室→ラジオセンター(ディレクター業務)
活動期間 1991年
公式サイト NHK
出演番組・活動
出演中 本文参照
出演経歴 本文参照

人物編集

黒崎幸吉聖書学者)の孫として、中華民国台湾)の台北市で出生。台北市は、住友商事に勤務していた実父の当時の赴任先で、2歳半まで現地で過ごした[2]。日本では神奈川県横浜市で生活していたが、5歳から8歳までの間にも、実父の海外赴任に伴ってルーマニア社会主義共和国の首都ブカレストで暮らしていた。

桜蔭高等学校を経て、東京大学文学部英語英文学科へ進学。大学卒業後の1991年に、アナウンサーとしてNHKに入局した。

アナウンサー時代には、 名古屋放送局東京アナウンス室大阪放送局などに勤務。東京アナウンス室では、『生活ほっとモーニング』のキャスター、『第57回NHK紅白歌合戦』(2006年)の総合司会、『びっくり法律旅行社』『所さん!大変ですよ』の司会などを務めた。後に、ラジオセンターのディレクターへ異動。2020年8月3日付で、NHK宇都宮放送局の局長に着任する。

歌舞伎役者・故十八世中村勘三郎のファンであり、十八代目勘三郎襲名披露公演(2012年9月、大阪・松竹座、同年12月、南座)に際して、襲名披露絵馬を贈っている。

過去の担当番組編集

※担当の高橋美鈴アナウンサーが産前産後休暇だったため、代わって司会を担当
※2009年4月以降は「世界びっくり旅行社」に改題し、不定期に放送していた。

過去の担当イベント編集

  • N響ほっとコンサート 司会(2007年 - 2009年)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ NHK人事異動 小野文恵アナ、エグゼクティブ・アナウンサーに昇格(『スポーツニッポン2020年6月19日付記事)
  2. ^ 当時、日本は中華民国(台湾)と国交があった。

外部リンク編集