メインメニューを開く

黒崎勲

日本の教育行政学者

黒崎 勲(くろさき いさお、1944年4月18日 - 2008年9月13日)は、日本の教育行政学者。

東京都台東区浅草生まれ。1967年東京大学教育学部卒業、1973年同大学院教育学研究科博士課程満期退学、1977年「近代日本における公教育費概念の理論史的研究」で東大教育学博士。73年東京大学教育学部助手、1983年東京都立大学人文学部助教授、1992年同教授、1997-2001年教養学部長、2004年定年退官、名誉教授、日本大学文理学部教授。1991-2004年『教育学年報』(世織書房)編集委員[1][2]

著書編集

  • 『公教育費の研究』青木書店 1980
  • 『教育と不平等 現代アメリカ教育制度研究』新曜社 1989
  • 『学校選択と学校参加 アメリカ教育改革の実験に学ぶ』東京大学出版会 1994
  • 『現代日本の教育と能力主義 共通教育から新しい多様化へ』岩波書店 1995
  • 『教育行政学』岩波テキストブックス 1999
  • 『教育の政治経済学 市場原理と教育改革』東京都立大学出版会 2000
  • 『新しいタイプの公立学校 コミュニティ・スクール立案過程と選択による学校改革』日日教育文庫 2004
  • 『教育学としての教育行政=制度研究』同時代社 2009

共編編集

  • 『多元化社会の公教育 国際シンポジウム 新しいタイプの公立学校の創設と教育の公共性』編 日日教育文庫 2003
  • 『学校をよりよく理解するための教育学』全6巻 大田直子共編著 学事出版 2005-08

翻訳編集

  • ジェフリー・ウォルフォード,W.S.F.ピカリング編『デュルケムと現代教育』清田夏代共訳 日日教育文庫 2003
  • デイヴィッド・タイヤック『共通の土台を求めて 多元化社会の公教育』清田夏代共訳 日日教育文庫 2005

脚注編集