メインメニューを開く

黒崎 緑(くろさき みどり、1958年6月26日 - )は、推理作家兵庫県生まれ。同志社大学文学部卒。大学時代は推理小説研究会に所属。当時のメンバーには、同じく推理作家の有栖川有栖らがいる。夫であり推理作家の白峰良介も、当時の会員のひとりである。大学卒業後、1989年に『ワイングラスは殺意に満ちて』で第7回サントリーミステリー大賞の読者賞を受賞し、デビュー。その後の著作に、しゃべくりホームズこと保住純一と、つっこみワトソンこと和戸晋平が登場し、作品のほとんど全てが、二人の会話文で成り立つ「しゃべくり探偵シリーズ」がある。現在大阪府堺市在住で、以前は桃山台に住んで居た。

また、阪神タイガースファン、またアメリカのプロレス団体WWEファンである。 自身のサイトではWWEレスラーの雑誌やTV等のインタビューの翻訳を独自に掲載も行っている。

作品リスト編集

  • 柩の花嫁 聖なる血の塔
  • 舞い込んだ天使
  • 未熟の獣
  • 死人にグチなし
  • しゃべくり探偵
  • しゃべくり探偵の四季
  • ワイングラスは殺意に満ちて - 1995年にNHKが『ワイン殺人事件25歳の夏』の題名でドラマ化。

外部リンク編集