黒川京介

日本のオートレース選手

黒川 京介(くろかわ きょうすけ、1998年7月31日 - )は、日本のオートレース選手千葉県出身。33期。川口オートレース場所属。

略歴編集

  • 5歳の時に初めてポケバイに乗り、小学生ではポケバイレースをするようになり、その後50cc、80ccのバイクのアマチュアレースに参加していた[1]
  • 8歳の時、キューポラ杯開催中の川口オートで行われたポケバイレースに参加した事が人生を変えるきっかけとなる。その時が、オートレース初観戦で「格好良いな」と思い、通知表の将来の夢を書く欄に迷わず『オートレーサーになりたい』と書いた[1][2]
  • 2016年6月、第33期選手候補生入所試験に合格[3]
  • 2017年7月3日、9ヶ月間に渡るオートレース選手養成所での訓練を経て養成所卒業し、川口オートレース場に所属。師匠は中野憲人。
  • 2017年7月22日、川口オートレース場(普通開催)第6R「黒川京介 デビュー戦」にて、8着となる[4]
  • 2017年7月23日、川口オートレース場(普通開催)第2R一般戦にて、1着となり初勝利を挙げる[5]
  • 2018年1月15日、川口オートレース場(普通開催)第12R優勝戦にて、初優勝戦進出・初優勝を飾り、小林晃(伊勢崎・26期)の持つ普通開催の最年少優勝記録を18年半ぶりに更新した[6][7][8]
  • 2018年2月6日、平成29年オートレース選手表彰にて、優秀新人賞を受賞[9]
  • 2018年10月23日、山陽オートレース場で開催された「日刊スポーツ GII第29回若獅子杯争奪戦」第10R準決勝戦にて1着となり、グレードレース初優勝戦進出[10]。翌10月24日、優勝戦は6着[11][12]
  • 2018年10月30日、飯塚オートレース場で開催された「CatPARDO杯トーマスメモリアル魂の継承Vol.4」(普通開催)と同時開催された「33期新人王決定戦」にて、通算2回目の優勝。初日から4日間全て1着入線の完全優勝だった[13]
  • 2018年12月20日、日本プロスポーツ大賞の新人賞を受賞[14]
  • 2019年1月5日、川口オートレース場で開催された「報知新聞社杯ニューイヤーカップ」(普通開催)第12R優勝戦にて、1級車乗り換え初節で通算3回目の優勝[15][16]
  • 2019年2月4日、平成30年オートレース選手表彰にて、最優秀新人賞を受賞[17]
  • 2019年4月30日、浜松オートレース場で開催された「オッズパーク杯 SG第38回オールスターオートレース」の準決勝で1着になり、SG初優出[18]。優勝戦では6着だった。
  • 2019年12月22日、山陽オートレース場で開催された「九州スポーツ杯GI第54回スピード王決定戦」にて、通算4回目の優勝、GI初制覇となった[19]

選手データ編集

  • プロフィール(2020年現在)
  • 戦歴
    • 通算優勝回数:4回
    • グレードレース(SG,GI,GII)優勝回数:1回
    • GI優勝回数:1回
  • 受賞歴
  • オートレース選手表彰
    • 優秀新人賞:1回(2017年)
    • 最優秀新人賞:1回(2018年)
  • 日本プロスポーツ大賞
    • 新人賞:1回(2018年)[14]

グレードレース戦歴編集

  • SG戦歴
    • SG優勝回数: 0回
      • 優勝戦出走: 1回[18]
  • GI戦歴
    • GI優勝回数: 1回
      • スピード王決定戦(山陽:2019年)[19]
  • GII戦歴
    • GII優勝回数:0回

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 今年は果たせなかったスーパースター出場を目指します。黒川 京介選手”. オッズパーク オートレース (2020年1月10日). 2020年9月4日閲覧。
  2. ^ 國峰&黒川君が優勝”. F1 EXPRESS トーチュウ (2008年1月27日). 2020年9月6日閲覧。
  3. ^ 第33期選手候補生入所試験合格者の発表について!”. オートレースオフィシャルサイト (2016年5月25日). 2020年9月4日閲覧。
  4. ^ レース結果|川口オート|ネットスタジアム”. オートレースオフィシャルサイト ネットスタジアム (2017年7月22日). 2020年9月4日閲覧。
  5. ^ レース結果|川口オート|ネットスタジアム”. オートレースオフィシャルサイト ネットスタジアム (2017年7月23日). 2020年9月4日閲覧。
  6. ^ レース結果|川口オート|ネットスタジアム”. オートレースオフィシャルサイト ネットスタジアム (2018年1月15日). 2020年9月4日閲覧。
  7. ^ 黒川京介選手(33期・川口)が18年半ぶりに最年少優勝記録を更新しました”. オートレースオフィシャルサイト (2018年1月16日). 2020年9月4日閲覧。
  8. ^ 黒川京介選手が33期一番乗りで初優勝!! 「川口市営第12回2節」優勝戦&特別インタビュー”. YouTube 川口オートレース公式チャンネル (2018年1月15日). 2020年9月4日閲覧。
  9. ^ 平成29年オートレース表彰式は23歳鈴木圭一郎選手(浜松・32期)が2年連続MVP!!”. オートレースオフィシャルサイト (2018年2月6日). 2020年9月4日閲覧。
  10. ^ レース結果|山陽オート|ネットスタジアム”. オートレースオフィシャルサイト ネットスタジアム (2018年10月23日). 2020年9月5日閲覧。
  11. ^ レース結果|山陽オート|ネットスタジアム”. オートレースオフィシャルサイト ネットスタジアム (2018年10月24日). 2020年9月5日閲覧。
  12. ^ GII第29回若獅子杯争奪戦の優勝戦速報をUPしました”. オートレースオフィシャルサイト (2018年10月24日). 2020年9月5日閲覧。
  13. ^ レース結果|飯塚オート|ネットスタジアム”. オートレースオフィシャルサイト ネットスタジアム (2018年10月30日). 2020年9月5日閲覧。
  14. ^ a b 2018年日本プロスポーツ大賞授賞式(青山周平選手と黒川京介選手が受賞!)|ニュース”. オートレースオフィシャルサイト (2018年12月21日). 2020年2月29日閲覧。
  15. ^ レース結果|川口オート|ネットスタジアム”. オートレースオフィシャルサイト ネットスタジアム (2019年1月5日). 2020年9月4日閲覧。
  16. ^ 黒川京介選手が1級車初節でいきなり優勝だ! 「報知新聞社杯ニューイヤーカップ」優勝戦&表彰式”. YouTube 川口オートレース公式チャンネル (2019年1月5日). 2020年9月4日閲覧。
  17. ^ 平成30年オートレース選手表彰は鈴木圭一郎選手(浜松・32期)が3年連続MVP!!”. オートレースオフィシャルサイト (2019年2月4日). 2020年9月4日閲覧。
  18. ^ a b 黒川京介、最年少記録へ「挑戦者の気持ちで」/浜松”. 日刊スポーツ (2019年4月30日). 2020年2月29日閲覧。
  19. ^ a b 黒川京介トップSから逃げ切り圧勝G1初制覇/山陽 - オート”. 日刊スポーツ (2019年12月22日). 2020年2月29日閲覧。

外部リンク編集