メインメニューを開く

黒川出入口(くろかわでいりぐち)は、愛知県名古屋市北区にある名古屋高速道路1号楠線インターチェンジ。中央にあるビルは、名古屋高速道路公社の黒川ビル。

黒川出入口
黒川出入口(2015年10月)
黒川出入口(2015年10月)
所属路線 名古屋高速1号楠線
IC番号 102,103,112,113
本線標識の表記 黒川
起点からの距離 1.8 km(東片端JCT起点)
東片端入口 (1.6 km)
(3.4 km) 楠TB
接続する一般道 愛知県道102号名古屋犬山線
供用開始日 1997年10月13日
通行台数 4,543台/日(2014年度)
所在地 462-0844
愛知県名古屋市北区清水四丁目
テンプレートを表示

名古屋高速道路全線において唯一のフルインターチェンジである。

道路編集

接続する道路編集

料金所編集

楠・都心環状方面編集

  • レーン数:2
    • ETC専用:1
    • 一般:1

歴史編集

利用台数編集

名古屋市統計年鑑による利用台数の推移

1997年(平成9年)度 609927台[1]
1998年(平成10年)度 1500652台[1]
1999年(平成11年)度 1624745台[1]
2000年(平成12年)度 1631795台[1]
2001年(平成13年)度 1787534台[2]
2002年(平成14年)度 2074480台[2]
2003年(平成15年)度 1986115台[2]
2004年(平成16年)度 1906001台[3]
2005年(平成17年)度 1935915台[3]
2006年(平成18年)度 1985106台[3]
2007年(平成19年)度 1848199台[4]
2008年(平成20年)度 1646576台[4]
2009年(平成21年)度 1594921台[4]
2010年(平成22年)度 1641192台[5]
2011年(平成23年)度 1598252台[5]
2012年(平成24年)度 1604460台[5]
2013年(平成25年)度 1666830台[6]

備考編集

  • 狭い敷地に設けたフルインターチェンジであり、勾配を緩和するためにループ状のインターチェンジとなっている。
  • カーブが急なので、通常インターチェンジでは60km/h規制だが、30km/h規制となっている。
  • 2005年中部国際空港開港前は、管理用施設の出入口に高速黒川バス停が併設されており、名古屋駅 - 名古屋空港間連絡バス(名鉄バス)の一部が停車していた。現在は使用されていない。

周辺編集

編集

名古屋高速1号楠線
東片端JCT - (101)東片端入口 - (102,103,112,113)黒川出入口 - 楠TB - (104,114)楠出入口

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 名古屋市総務局企画部統計課統計係 (2008年8月28日). “平成13年版名古屋市統計年鑑 11.運輸・通信 11-14.名古屋高速道路の車種別、料金所別利用台数   (XLS)” (日本語). 名古屋市. 2015年9月4日閲覧。
  2. ^ a b c 名古屋市総務局企画部統計課統計係 (2008年8月28日). “平成16年版名古屋市統計年鑑 11.運輸・通信 11-14.名古屋高速道路の車種別、料金所別利用台数   (XLS)” (日本語). 名古屋市. 2015年9月4日閲覧。
  3. ^ a b c 名古屋市総務局企画部統計課統計係 (2008年8月28日). “平成19年版名古屋市統計年鑑 11.運輸・通信 11-14.名古屋高速道路の車種別、料金所別利用台数   (XLS)” (日本語). 名古屋市. 2015年9月4日閲覧。
  4. ^ a b c 名古屋市総務局企画部統計課統計係 (2011年3月28日). “平成22年版名古屋市統計年鑑 11.運輸・通信 11-14.名古屋高速道路の車種別、料金所別利用台数   (XLS)” (日本語). 名古屋市. 2015年9月4日閲覧。
  5. ^ a b c 名古屋市総務局企画部統計課統計係 (2014年9月22日). “平成25年版名古屋市統計年鑑 11.運輸・通信 11-14.名古屋高速道路の車種別、料金所別利用台数   (XLS)” (日本語). 名古屋市. 2015年9月4日閲覧。
  6. ^ 名古屋市総務局企画部統計課統計係 (2015年3月24日). “平成26年版名古屋市統計年鑑 11.運輸・通信 11-14.名古屋高速道路の車種別、料金所別利用台数   (XLS)” (日本語). 名古屋市. 2015年9月4日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集