黒木憲

黒木 憲(くろき けん、本名:唐木 克彦(からき かつひこ)、1942年3月12日 - 2006年11月21日)は、日本歌手

経歴・人物編集

東京都出身。明治大学政経学部を中退し、1966年大橋巨泉の紹介で東芝レコードのオーディションを受け合格し、翌年「夜の東京の片隅で」で歌手デビュー。1968年には「霧にむせぶ夜」が大ヒットした。

1997年9月、糖尿病の合併症による脳梗塞で倒れて以来、芸能活動を休止してリハビリ生活を送っていた。2006年11月21日午後0時22分、腎不全のため静岡県沼津市の病院で死去。64歳没。

長男も同じく歌手。2008年2月に芸名を唐木淳から黒木憲ジュニアと改め、二代目・黒木憲として活動している。

主な作品編集

  • 夜の東京の片隅で(1967年)
  • 霧にむせぶ夜(1968年)
  • 花はまぼろし(1968年)
  • 別れても(1968年)
  • 夢はいずこに(1969年)
  • 君に逢いたい(1969年)
  • おもいやり(1976年) - 親友であった克美茂の逮捕を受け、廃盤となった克美の新曲を代打として録音し発売。ヒット曲となる。

関連項目編集