メインメニューを開く

黒水晶』(くろずいしょう)は、1918年(大正7年)に発表された渡辺霞亭による日本小説であり、同作を原作とし、同年、日活向島撮影所が製作・公開した日本のサイレント映画である。

黒水晶
前篇 / 後篇
著者 渡辺霞亭
発行日 1918年 全2巻
発行元 至誠堂
ジャンル 小説家庭小説
日本の旗 日本
言語 日本の旗 日本語
ページ数 前篇 505 / 後篇 382
公式サイト opac.ndl.go.jp
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

略歴・概要編集

小説『黒水晶』の初出は、渡辺霞亭の勤務先が発行する『大阪朝日新聞』、および『東京朝日新聞』紙上で、1918年(大正7年)に掲載された。同年、至誠堂から『黒水晶』前篇・後篇全2冊が刊行されている[1]

本作は、連載開始とともにたいへん人気となり、すぐに映画化が企画されている。日活向島撮影所では、新派スター総出演で製作された[2]

映画『黒水晶』は、東京国立近代美術館フィルムセンターに所蔵されていない[3]

小説『黒水晶』は、2009年(平成21年)12月現在、絶版である。青空文庫には収録されていないが、国立国会図書館の「近代デジタルライブラリー」にはデジタル画像で公開されている。 ⇒ #ビブリオグラフィ

映画編集

黒水晶
監督 田中栄三
脚本 栗島狭衣
原作 渡辺霞亭
出演者 大村正雄
藤川三之助
撮影 藤原幸三郎
製作会社 日活向島撮影所
配給   日活
公開   1918年5月13日
製作国   日本
言語 日本語
テンプレートを表示

黒水晶』(くろずいしょう)は、1918年(大正2年)製作・公開、日活向島撮影所製作、日活配給による日本のサイレント映画である。同時上映は日活京都撮影所製作、尾上松之助主演の4巻ものの短篇映画『相馬大作』である[4]

スタッフ・作品データ編集

キャスト編集

ビブリオグラフィ編集

国立国会図書館蔵書[1]

編集

  1. ^ a b OPAC NDL 検索結果、国立国会図書館、2009年12月2日閲覧。
  2. ^ 渡辺霞亭日本映画データベース、2009年12月2日閲覧。
  3. ^ 所蔵映画フィルム検索システム東京国立近代美術館フィルムセンター、2009年12月2日閲覧。
  4. ^ 相馬大作、日本映画データベース、2009年12月2日閲覧。

外部リンク編集