黒江 光彦(くろえ みつひこ、1935年1月1日 - )は、日本の美術修復家、研究家。山形県出身。1957年東京大学美学美術史学科卒、1959年国立西洋美術館に勤務、ヨーロッパに留学し、ベルギー王立文化財研究所で絵画修復術を研究する。1972年退官し、絵画修復家、評論家として活動、1993年東北芸術工科大学教授。2006年定年退職、名誉教授。

著書編集

  • 中世の美術 (保育社 カラーブックス 1964年)
  • よみがえる名画のために 修復見習いの記 (美術出版社 1969年)
  • 美を守る 絵直し稼業 (玉川大学出版部 1975年)
  • フランス中世美術の旅 (新潮選書 1982年11月)
  • 光の粒子 スーラの粧いの術 (白水社 1986年5月)

共編著編集

  • 近代世界美術全集 第2巻 印象主義の画家たち (大島清次高階秀爾共著 社会思想社(教養文庫) 1963年)
  • 近代世界美術全集 第8巻 幻想の絵画 (坂崎乙郎、瀬戸慶久共著 社会思想社(教養文庫) 1963年)
  • ルノワール (新潮美術文庫 1974年)
  • フェルメール (新潮美術文庫 1975年)
  • シャルダン (新潮美術文庫 1975年)
  • ファブリ研秀世界美術全集6 ルーベンスヴァン・ダイクハルスレンブラント、フェルメール (研秀出版 1975年)
  • ファブリ研秀世界美術全集10 マネモネホイッスラー (研秀出版 1976年)
  • 世界の素描 25 ルノワール (講談社 1977年10月)
  • 世界美術全集 2 ファン・アイク (座右宝刊行会・集英社 1978年7月)
  • 世界美術全集 31 クレー (フェリックス・クレー共著 黒江信子訳 小学館 1979年6月)
  • 平凡社版世界の名画 6 レンブラント (平凡社 1983年)
  • カンヴァス世界の大画家〈2〉ファン・アイク (中央公論社 1983年)
  • 平凡社版世界の名画 19 クレー (平凡社 1984年)
  • 蘇る名画 ルーカス・クラーナハ「アダム」と「エヴァ」 (森角勝共著 求竜堂 1990年11月)

翻訳編集

  • トウルーズ・ロートレック (ダグラス・クーパー 美術出版社 1962年)
  • セザンヌ (マイヤー・シャピロ 美術出版社 1962年)
  • ゴッホ (マイヤー・シャピロ 美術出版社 1963年)
  • 油彩画の技術 (グザヴィエ・ド・ラングレ 美術出版社 1968年)
  • クロード・モネ 印象派の歩み (ギュスターブ・ジェフロワ 東京美術 1974年)
  • ファブリ版世界の美術印象派の巨匠たち5 クロード・モネ (ダニエル・ヴィルデンシュタイン 小学館 1975年)
  • ファブリ版世界の美術印象派の巨匠たち 10 ジョルジュ・スーラ (ルイ・オートクール 小学館 1976年)
  • ルーベンス (フランス・ボードワン 共訳 岩波書店 1978年4月)
  • ファン・アイク ゲントの祭壇画 (エリザベト・ダネンス みすず書房 1978年9月)
  • Stained glass (ローレンス・リーほか 朝倉書店 1980年10月)
  • フェルメール (アーサー・K.ウィーロックJr. 美術出版社 1982年5月)
  • セザンヌ (アンリ・ペリュショほか 稲田弘子共訳 小学館(世界伝記双書) 1984年4月)
  • アーティスト・マニュアル 技法+材料+道具 (メルヘン社 1987年4月)
  • ロマネスクのステンドグラス (ルイ・グロデッキ 岩波書店 1987年5月)
  • ゴシックのステンドグラス 13世紀 (ルイ・グロデッキ、カトリーヌ・ブリザック 岩波書店 1993年1月)
  • 絵画の技法 (ジャン・リュデル 白水社(文庫クセジュ) 1995年4月)

脚注編集