メインメニューを開く

黒河内 兼規(くろこうち かねのり、享和3年(1803年) - 慶応4年8月23日1868年10月8日))は、幕末武士(会津藩士)。

旧姓は羽入、は初めは義信、のちに兼規。通称は伝五郎で、黒河内伝五郎の名前でも知られる。

経歴編集

享和3年(1803年)、会津藩御側医師・羽入義英の次男として生まれた。

黒河内治助兼博に神夢想無楽流の居合術を学び、その養子となって伝五郎兼規と名乗り、指南役となって藩士の指導にあたった。

居合術以外に、稲上心妙流柔術、白井流手棒手裏剣術、穴沢流の薙刀術双水執流腰之廻り、吹き針など武芸全般にわたる達人として聞こえていた。中でも手裏剣と吹き針の術は古今に例のない程の名人であったという[1]。他方、和歌もよくし、これは若い頃より同藩の野矢常方について学んでいた[2]

子孫は、師範は妻を持たないこともあり、優秀な弟子伝五郎が養子に選ばれたのだろう。小柄な体格、糖尿病が原因で失明したと語っている。伝五郎の娘が大東流武田惣角の母という説は否定的な証拠がある。

嘉永5年(1852年)、吉田松陰が会津を訪れた際には、日新館を案内している。

晩年は眼病を患い失明し、慶応4年8月23日1868年10月8日)、新政府軍が若松城下に迫ると、藩の足手まといになるのを厭い、北越で戦い、重傷を負って床に付していた次男・百次郎を盲目ながらも介錯したのち、自らも自刃した。享年65。

長男・百太郎も二番砲隊として奮戦したが、翌日戦死している。三男伸三郎は西南戦争に参戦、孫などの子孫は現在もおられる。自害の際、首は敵に渡すな、井戸に投げろと言った。米俵に槍を刺したまま軒先まで跳ね上げた話が伝えられている。

墓所は、福島県会津若松市七日町阿弥陀寺

黒河内家編集

黒河内家は、代々神夢想無楽流の居合の師範を務めた家柄で、家禄は13石2人扶持。曽祖父・左近兼孝は居合の術をもって宝暦3年(1753年)、新たに師範となった。祖父・治太夫兼義、父・兼博、みなこれを継いでその師範となった。

登場作品編集

脚注・出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 子母澤寛 『続ふところ手帖』93ページ
  2. ^ 『続ふところ手帖』95ページ

参考文献編集