メインメニューを開く

黒田 一博(くろだ かずひろ、1924年9月13日 - 2007年8月17日[1])は、長崎県出身のプロ野球選手外野手内野手)。

黒田 一博
Kazuhiro Kuroda 1955 Scan10012.jpg
トンボユニオンズ時代(1955年撮影)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 長崎県
生年月日 1924年9月13日
没年月日 (2007-08-17) 2007年8月17日(82歳没)
身長
体重
176 cm
73 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手三塁手二塁手一塁手
プロ入り 1949年
初出場 1949年4月2日
最終出場 1956年6月24日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

元プロ野球選手の黒田博樹は次男。

目次

来歴・人物編集

長崎県立佐世保商業学校卒業。終戦後に軍役生活から戻って、地元長崎の青木産業の軟式野球チームに入って野球を再開する。軟式野球時代は捕手を務め、国体では決勝戦進出をはたした[2]。国体での活躍が注目され、社会人野球の強豪である八幡製鐵所にスカウトされた[2]。八幡製鐵所時代には大岡虎雄深見安博ら強打者と出会って打撃技術を向上させ、内・外野の守備練習に取り組んだ[2]1949年南海ホークス入団。

ホークス入団後間もなくレギュラーに定着し、6番打者・センターとして出場する[3]1951年からのリーグ優勝3連覇に貢献した[3]

1954年、この年結成された高橋ユニオンズに移籍。1956年大映スターズに移籍。この年限りで現役引退。

1958年大阪市で、スポーツ用品店「黒田スポーツ」を開店する[3]。また、ボーイズリーグ・オール住之江を設立して自ら監督を務め、多くの選手を育て上げた。オール住之江には次男の黒田博樹をはじめ、川井貴志田上秀則が在籍していた。

2007年8月17日肺癌の為、広島市内の病院で逝去。82歳没。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1949 南海 51 75 71 12 23 1 1 1 29 5 4 0 0 -- 3 -- 1 14 -- .324 .360 .408 .768
1950 111 358 346 46 89 22 1 9 140 46 5 6 0 -- 10 -- 2 32 9 .257 .282 .405 .687
1951 98 362 348 32 90 16 6 5 133 44 5 1 4 -- 9 -- 1 26 8 .259 .279 .382 .662
1952 115 313 299 29 72 9 2 4 97 36 5 4 5 -- 8 -- 1 20 11 .241 .263 .324 .587
1953 106 350 329 27 81 12 2 3 106 38 4 1 2 -- 19 -- 0 39 10 .246 .287 .322 .610
1954 高橋
トンボ
132 516 479 37 118 18 3 6 160 41 5 6 6 1 28 -- 2 38 15 .246 .291 .334 .625
1955 129 440 414 30 98 17 0 4 127 37 6 5 5 2 18 1 1 49 5 .237 .270 .307 .577
1956 大映 35 67 62 1 7 0 0 0 7 0 1 0 0 0 5 0 0 5 3 .113 .179 .113 .292
通算:8年 777 2481 2348 214 578 95 15 32 799 247 35 23 22 3 100 1 8 223 61 .246 .279 .340 .620
  • 高橋(高橋ユニオンズ)は、1955年にトンボ(トンボユニオンズ)に球団名を変更

背番号編集

  • 8(1949年 - 1953年)
  • 25(1954年 - 1955年)
  • 6(1956年)

脚注編集

  1. ^ 黒田一博氏死去 元プロ野球南海外野手(2014年1月閲覧)
  2. ^ a b c ベースボール・マガジン社編『プロ野球人国記 完全版 九州・沖縄編』、144頁
  3. ^ a b c 森岡『プロ野球人名事典』2001年版、186頁

参考文献編集

  • ベースボール・マガジン社編『プロ野球人国記 完全版 九州・沖縄編』(ベースボール・マガジン社, 2004年6月)
  • 森岡浩編著『プロ野球人名事典』2001年版(日外アソシエーツ, 2001年5月)

関連項目編集

外部リンク編集