黒田 之勝(くろだ ゆきかつ)は、筑前国東蓮寺藩2代藩主。福岡藩2代藩主黒田忠之の次男。

 
黒田之勝
時代 江戸時代前期
生誕 寛永11年(1634年
死没 寛文3年7月25日1663年8月27日
改名 万吉(幼名)、政之(初名)、之勝
別名 官兵衛(通称
戒名 乾徳院殿高峯宗堅大居士
墓所 東京都渋谷区広尾祥雲寺
福岡県直方市山部の雲心寺
官位 従五位下市正右馬頭
幕府 江戸幕府
主君 徳川家光家綱
筑前東蓮寺藩
氏族 黒田氏
父母 黒田忠之、養照院
黒田高政
兄弟 光之之勝
松平定頼三女正寿院黒田忠之養女通
女子、長寛
テンプレートを表示

略歴編集

寛永16年(1639年)11月、叔父で東蓮寺藩主であった黒田高政が嗣子無くして死去したため、翌年に高政の養嗣子としてその跡を継いだ。しかし之勝も娘1人だけしか生まれず、寛文3年(1663年)7月25日に江戸麻布の藩邸にて死去した。享年30。福岡藩3代藩主の兄光之の三男・長寛(後の福岡藩4代藩主黒田綱政)が養嗣子として跡を継いだ。

系譜編集