メインメニューを開く

黒田尭之

日本の将棋棋士

黒田 尭之(くろだ たかゆき、1996年9月26日 - )は、日本将棋連盟所属の将棋棋士[1]畠山鎮八段門下。棋士番号は318。愛媛県松山市出身。

 黒田尭之 四段
名前 黒田尭之
生年月日 (1996-09-26) 1996年9月26日(23歳)
プロ入り年月日 2019年4月1日(22歳)
棋士番号 318
出身地 愛媛県松山市
師匠 畠山鎮八段
段位 四段
戦績
2019年4月1日現在
テンプレートを表示

棋歴編集

6歳の時に父から教わったことをきっかけに将棋を始めた。松山市の将棋道場「松山将棋センター」に通い、イベントで松山に来た畠山鎮に弟子入り(兄弟子に斎藤慎太郎)。小学6年で奨励会に入会し、2008年の第33回小学生将棋名人戦で準優勝(準決勝では増田康宏に勝利)[2]、第7回全国小学生倉敷王将戦で優勝[3]

2013年4月、三段リーグ入り。松山市の新田高等学校を卒業後、愛媛大学に進学したが、中退し将棋に専念した[4]藤井聡太大橋貴洸が四段昇段を果たした第59回三段リーグでは12勝6敗で次点。2018年度後期の第64回三段リーグで13勝5敗の成績で参戦12期目にして四段昇段を決めた(同時昇段は出口若武[5]。愛媛県出身の棋士の誕生は森信雄以来、43年ぶりだった[6]

2019年9月、11月25日に行われる折田翔吾アマの棋士編入試験五番勝負第1局の対局者になることが発表された(黒田と折田は三段リーグ在籍時に対局し、2013年度後期[7]・2014年度後期[8]は折田が勝利、折田にとって最後の三段リーグとなった2015年度後期[9]は黒田が勝利している)。「複雑な気持ちはありますが、試験官になる以上は全力で指すつもりです」と心境を語り[10]、意表を突く初手▲1六歩の端歩突きからの四間飛車を採用したが、中盤からペースを握られ98手で敗れた[11]

人物編集

  • 松山市在住のため、奨励会入会以降、対局のたびに夜行フェリーで大阪の関西将棋会館に通い続けた(バスで2時間かけて港へ行き、船で1泊し翌朝6時に大阪港に。さらに電車で40分かけて将棋会館へ)[12]。棋士になってからは飛行機で前日入りすることが多くなったが[13]、「地元のつながりを大切に、地元の人たちに応援される棋士になりたい」という思いから松山市在住にこだわるつもりだという[4]
  • 将棋倶楽部24でよく対局し、奨励会時代は毎月300局以上指していた[14]。トータルの対局数については「アカウントが複数あるので正確な対局数は分かりませんが、数万局単位なのは間違いないです」と答えている[15]。最高レーティングは3131(2019年9月時点)[16]
  • 同じ松山市出身の女流棋士・山根ことみは小学校時代からの知り合いで、高校も同じである(山根が1年下)。正月に山根が帰省した際に1日で20局ほど対局し、黒田にとっては普通の局数だったが、山根からは「24のやりすぎで感覚が麻痺してる」と言われた[17]
  • 憧れの棋士は、同じ松山市出身の土居市太郎[18]
  • 書道が苦手で、色紙などには個性的な字で揮毫している[19]。「ちょっと個性が強すぎるので、練習しないと」と答えている[20]

昇段履歴編集

昇段規定は、将棋の段級 を参照。

  • 2008年9月 6級 = 奨励会入会
  • 2013年4月 三段 = (第53回奨励会三段リーグ戦から)
  • 2019年4月1日 四段

主な成績編集

在籍クラス編集

竜王戦と順位戦のクラスは、将棋棋士の在籍クラス を参照。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集