黒田 斉隆(くろだ なりたか)は、江戸時代後期の大名筑前福岡藩9代藩主。

 
黒田斉隆
KurodaNaritaka.jpg
黒田斉隆像
尾形洞谷画 寰海宗晙賛
福岡市美術館蔵 寛政8年(1796年
時代 江戸時代中期
生誕 安永6年9月21日1777年10月21日
死没 寛政7年6月23日1795年8月7日
改名 雅之助(幼名)、斉隆
墓所 福岡県福岡市崇福寺
官位 従四位下侍従筑前守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家斉
筑前福岡藩
氏族 一橋徳川家黒田氏
父母 徳川治済お富の方
黒田治高
兄弟 徳川家斉徳川治国斉隆、雄之助、
徳川斉匡徳川斉敦松平義居、久之助、本之丞、紀姫
駒子
斉清
テンプレートを表示

生涯編集

安永6年(1777年)9月21日、江戸城内一橋邸にて生まれる。一橋徳川家第2代当主・徳川治済の三男で、母は側室・お富の方。第11代将軍徳川家斉は実兄で同母。福岡藩第7代藩主・黒田治之の甥に当たる。幼名は雅之助

天明2年(1782年)12月19日、福岡藩主・黒田治高末期養子として5歳で福岡藩黒田家の家督を相続する。のちに実兄の家斉から偏諱を授かり、斉隆とした。

父の治済は将軍実父として、幕府内において隠然たる大きな影響力を持っており、先代の治高が死去前に養子として指名していたことや弟の先々代治之との繋がりから両家の重臣と話合いを持ち、息子の三男、雅之助(後の斉隆)を幼いまま、福岡藩黒田家の養子に入れた。斉隆は若くして死去したこともあって正室はいないが、側室の真妙院との間に、第10代藩主となった斉清がいた。幼い頃より文学に嗜み、儒学を好んだ。側室・駒子(真妙院)の養父、福岡藩士で儒学者の渡辺忠蔵は藩が警護していた長崎にて平賀源内と問答をしている記録が残る。また、側室の駒子は、先々代、治之の正室、亀姫瑤津院の計らいにより、藩主生母として、新間の方(しんまのかた)と呼ばれた。

天明3年(1783年)、福岡藩領内に重臣たちの献策もあり、藩儒・竹田定良と、儒医・亀井南冥に、藩校を創建することを命じる。天明4年(1784年)、定良が修猷館(東学問稽古所)(現在の福岡県立修猷館高等学校)、南冥が甘棠館(西学問稽古所)を開館している。

寛政2年(1790年)10月15日、13歳で従四位下・侍従・筑前守に叙任する。

寛政5年、領地福岡に入る。翌年、領内を巡見し、領民の暮らしぶりを見て周り、顕彰をした。

斉隆は聡明で博識な藩主として家老たちからも期待されたが、寛政7年(1795年)に病に伏し、6月23日に福岡城にて死去した。享年19。幕府には同年8月24日死去と届け出た。跡を嫡男の松次郎、のちの斉清が継いだ。

斉隆の治世中には、黒田家の先祖を祀る事跡があった。天明3年(1783年)に第3代藩主・黒田光之に廃された黒田綱之を祀る幹亮権現社を創立し、同年にはまた初代長政を祀る黒崎大明神を再興した。また、藩祖・黒田孝高の父、黒田職隆の墓所が播磨姫路にて発見され、二百回忌の法要、および墓所の築造が当地にて行われた。

系譜編集