メインメニューを開く

黒田 治之(くろだ はるゆき)は、筑前福岡藩の第7代藩主。

 
黒田治之
Kuroda Haruyuki.jpg
黒田治之像(福岡市博物館蔵)
時代 江戸時代中期
生誕 宝暦2年12月1日1753年1月4日
死没 天明元年8月21日1781年10月8日
改名 幼名:隼之助、初名:高満→治之
戒名 鳳陽院典山紹靖
墓所 崇福寺福岡県福岡市
官位 従四位下侍従・式部大輔、筑前守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家治
筑前福岡藩
氏族 一橋徳川家黒田氏
父母 父:徳川宗尹
母:細川徳時の娘
養父:黒田継高
兄弟 松平重昌、仙之助、松平重富徳川治済黒田治之、鎌三郎、金次郎

正室:亀姫瑤津院榊原政永の娘)

側室:鈴木氏ほか
隼三郎(早世)
養嗣子:治高

生涯編集

宝暦2年(1752年)12月1日、御三卿一橋徳川家の初代当主・徳川宗尹の五男として、江戸城内の一橋邸にて生まれた。母は側室・細川徳時の娘。幼名は隼之助。第8代将軍徳川吉宗の孫であり、第11代将軍徳川家斉や、福岡藩第9代藩主黒田斉隆の叔父にあたる。

宝暦13年(1763年)11月23日、11歳で先代福岡藩主黒田継高の養嗣子となり、「高」の字を与えられて初名の高満(たかみつ)を名乗る。明和2年(1765年)12月15日、従兄で10代将軍の徳川家治御目見し、その偏諱を受けて治之に改名する(「之」は忠之光之綱之吉之が使用した通字である)。明和3年(1766年)7月18日、従四位下・侍従・式部大輔に叙任する。後に筑前守に改められる。明和6年(1769年)12月10日、継高の隠居により家督を相続した。当初は黒田重政の娘、屋世姫を婚約者としたが早世し、榊原政永の娘、亀姫を正室として迎え、これにより藩祖・黒田孝高、初代黒田長政以来の黒田本家の血統は途絶えることとなった。

明和8年(1771年)に国内を巡見した。また、亀井南冥を抜擢した。天明元年(1781年)8月21日、福岡城にて死去した。享年30。嗣子がなかったため、その死はしばらく隠された。同年11月20日、黒田治高を末期養子として迎えることが決定し、喪を発している。なお、天明4年(1784年)、治之の遺言により学問所が設置されている。法号は鳳陽院典山紹靖。墓所は崇福寺