メインメニューを開く

黒田 直方(くろだ なおかた)は、上総久留里藩の第5代藩主。久留里藩黒田家6代。

 
黒田直方
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 安永7年8月28日1778年10月18日
死没 天保3年4月17日1832年5月17日
改名 十五郎(幼名)、直服(初名)→直方、
左兵衛入道(法名)
戒名 観樹院入道正眼
墓所 埼玉県飯能市の能仁寺
官位 従五位下、豊前守、左兵衛佐
幕府 江戸幕府
上総国久留里藩
氏族 黒田氏
父母 父:黒田直亨、養父:黒田直温
兄弟 直英直方、泉七郎、直清津軽親足
九十郎、巳津弥
正室:牧野宣成の娘・久子(慧光院)
継室:京極高備の娘・悦子
直明、美恵、直静、玄之助、直剛曲淵直端
クマ(板倉勝職継々室のち鍋島直孝正室)、
娘(知久頼匡室)、娘(三井孫十郎室)、
直古(七男、直養父)、神田直生
娘(新庄茂之丞養女)、娘(高山平左衛門養女)
養子:直侯
テンプレートを表示

安永7年(1778年)8月28日、第2代藩主・黒田直亨の妾腹の三男として江戸下谷邸で生まれる。

享和元年(1801年)、甥の第4代藩主・直温が嗣子なくして死去したため、その養子として家督を継いだ。

12月に従五位下、豊前守に叙位・任官する。初名は直服(なおこと)であったが、文化2年(1805年)8月28日に直方と改名する。

文化8年(1811年)に嫡男の直明が早世し、次男(庶子)の直静も幼少であったため、文化9年(1812年)9月13日、養子の直侯酒井忠徳の子)に家督を譲って隠居した。11月には左兵衛佐に任官する。

文化10年(1813年)11月、剃髪して左兵衛入道と号した。

天保3年(1832年)4月17日に死去した。享年55。