黒田 綱政(くろだ つなまさ)は、江戸時代中期の大名筑前東蓮寺藩3代藩主、のち筑前福岡藩4代藩主。

 
黒田 長寛/黒田 綱政
Kuroda Tsunamasa.jpg
黒田綱政像、天庵宗篤賛(福岡市博物館蔵)
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 万治2年8月11日1659年9月27日
死没 正徳元年6月18日1711年8月2日
改名 長寛、綱政
墓所 福岡県福岡市崇福寺
京都府京都市大徳寺塔頭龍光院
官位 従四位下肥前守右衛門佐
幕府 江戸幕府
主君 徳川家綱綱吉家宣
筑前東蓮寺藩主、筑前福岡藩
氏族 黒田氏
父母 父:黒田光之、母:市松姫
兄弟 筑姫、綱之、市之助、綱政長清、左兵衛、富貴子、悦子
正室:呂久姫立花鑑虎養女)
下谷氏、吉田氏、藤井氏ら多数
吉之宣政上杉吉憲正室、亀之助、陶山十兵衛
テンプレートを表示

生涯編集

万治2年(1659年)8月11日、福岡藩3代藩主・黒田光之の三男として江戸麻生の藩邸にて生まれた。寛文3年(1663年)7月、支藩東蓮寺藩2代藩主で叔父の黒田之勝に嗣子が無かったため、その跡を継いで長寛(ながひろ)と名乗った。ところが延宝5年(1677年)2月に兄の綱之廃嫡され、代わって嫡子に選ばれ綱政と改名した[1]。この時、東蓮寺藩は収公された。

元禄元年(1688年)、父の隠居により家督を継ぐ。このとき、弟の長清に5万石を分与した(直方藩)。隅田重時を家老として登用し、光之時代の側近を全て排除して藩主権力の強化に努めた。しかし、これにより光之と対立、さらには肥前佐賀藩との間で背振山国境論争が起こる。また、財政改革のために藩札を発行したが、逆に米価が高騰して失敗に終わった。一方、絵画を好み、黒田家の御用絵師として狩野派狩野昌運を召し抱えた。

正徳元年(1711年)6月18日、福岡にて死去した。享年53。綱政は大徳寺299世天庵宗篤に帰依し、遺髪は京都の菩提寺大徳寺龍光院に納められた。

長男の吉之は先立って死去しており、家督は次男の政則(宣政)が継いだ。

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 「綱」は将軍徳川家綱から偏諱を受けたもの、「政」は初代藩主・黒田長政より1字を取ったものである。