メインメニューを開く

黒田 長敬(くろだ ながあつ、1885年7月21日 - 1963年3月24日[1])は、旧秋月藩黒田家13代当主、黒田子爵家2代当主。貴族院子爵議員

目次

経歴編集

筑前福岡藩最後の藩主黒田長知の五男。初名は静男。筑前秋月藩最後の藩主で子爵黒田長徳の養子となる。1892年(明治25年)、長徳の死去により家督を継いだ。1906年(明治39年)7月、学習院高等科を卒業する。その後、アメリカ・コーネル大学に留学する。帰国後、大正天皇侍従となる。1946年(昭和21年)5月、貴族院子爵議員に補欠選挙で当選し[2]研究会に所属し、1947年(昭和22年)5月2日の貴族院廃止まで在任した[3]

親族編集

妻は小出恵子(丹波国園部藩10代藩主・子爵小出英尚の娘)。

子女に黒田長栄(14代当主、秋月郷土館理事長)、礼子(徳川義忠夫人・男爵徳川義恕の三男)、康子(大木九兵衛夫人)、黒田長美がいる。 15代当主黒田長幹は孫にあたる。

栄典編集

出典編集

  1. ^ 『平成新修旧華族家系大成』
  2. ^ 『官報』第5815号、昭和21年6月5日。
  3. ^ 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』43頁。
  4. ^ 『官報』第8142号「叙任及辞令」1910年8月11日。
  5. ^ 『官報』第1219号「叙任及辞令」1916年8月22日。
  6. ^ 『官報』第3814号「叙任及辞令」1925年5月13日。
  7. ^ 『官報』第1499号・付録「辞令二」1931年12月28日。

参考文献編集

  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。


日本の爵位
先代:
黒田長徳
子爵
秋月黒田家第2代
1892年 - 1947年
次代:
華族制度廃止