メインメニューを開く

黒田 長義(くろだ ながよし、1845年3月17日弘化2年2月10日) - 1862年2月24日文久2年1月26日))は、筑前国秋月藩の第11代藩主。第10代藩主・黒田長元の六男。母は黒田長韶の娘・慈海院(慶子)。官位は従五位下、甲斐守、近江守。幼名は順丸。

兄たちが他家に養子に出ていたため、父の嫡子になった。安政6年(1859年)12月1日、将軍徳川家茂御目見した。同年12月16日、従五位下・近江守に叙任する。後に甲斐守に改める。万延元年(1860年)8月26日、父の隠居により家督を継いだ。しかし2年後の文久2年(1862年)正月26日、16歳で死去した。嗣子がなく、その死は6月5日まで隠された。跡を弟の長徳が継いだ。