メインメニューを開く

概要編集

旧黒部市の中央部に位置する学校として名実共に黒部市の中心となって活躍する人材の育成を願って「中央小学校」名付けられた。黒部市内の小学校で最も児童数が多い。校章は旧黒部市章の上の部分に「中央」の文字を配置したもので、1976年に制定された[2]

沿革編集

同校は1873年8月10日に金屋新村の浄永寺にて創立した『金屋小学校』が前身で、その後『広胖小学校』『大布施簡易小学校』『大布施尋常小学校』『大布施国民学校』『大布施小学校』等と改称を繰り返してきた。中央小の開校によって大布施小学校は1975年3月31日に廃校となっている[3]。大布施小学校跡には現在、黒部市福祉センター、中央児童館、大布施小学校の記念碑が存在する[4]

通学区域編集

大布施(沓掛の一部を除く全域)、三日市(栄町)、石田(堀切の一部)、荻生(西小路の一部)[6]

進学先編集

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 黒部市立学校設置条例 別表(第2条関係) 平成27年1月現在
  2. ^ a b c 『北日本新聞』2011年7月31日付朝刊23面『空から学びやこんにちは』より。
  3. ^ 大布施村誌(1985年年7月25日、大布施振興会発行)365、382、506、507ページほか。
  4. ^ 大布施村誌(1985年年7月25日、大布施振興会発行)382ページ
  5. ^ a b 大布施村誌(1985年年7月25日、大布施振興会発行)515ページ
  6. ^ 黒部市立小中学校通学区域設定規則 別表(第1条関係) 平成27年1月現在

外部リンク編集