黒鷲勲章(くろわしくんしょう、ドイツ語: Hohe Orden vom Schwarzen Adler)は、プロイセン王国の最高位勲章ブランデンブルク選帝侯フリードリヒ3世によって、自身が「プロイセンにおける王」に即位する前日である1701年1月17日に創設された。1918年に王政が廃止されるまで、皇帝の誕生日や即位200周年記念の宮中行事などの際に、プロイセン王から授与されていた。

黒鷲勲章
Hohe Orden vom Schwarzen Adler
Black Eagle Order star.jpg
黒鷲勲章副章
プロイセン王国の旗 プロイセン王国による栄典
種別 騎士団勲章
王家 ホーエンツォレルン家
標語 Suum Cuique
各人に各人のものを
創設者 フリードリヒ3世
資格 王族、高級文官・武官
総長 ゲオルク・フリードリヒ・フォン・プロイセン
歴史・統計
創立 1701年1月17日
最初の叙任 1701年
人数 1341(1918年まで)
階位
上位席 なし
下位席 赤鷲勲章英語版
Order of the Black Eagle - Ribbon bar.svg
略綬

概要編集

 
黒鷲勲章の大綬と副章を佩用するハインリヒ・フォン・プロイセン
 
プロイセン王国首相の礼服に、黒鷲勲章の頸飾と副章を佩用したビスマルク

黒鷲勲章の正式な法定は1701年1月18日である。勲章のモットーは、ローマ法の一節からとった"Suum Cuique"(各人に各人のものを)が用いられた。創設当初の黒鷲勲章は、プール・ル・メリット勲章のような功績に基づいて授与されるものではなく、授与数(騎士団の会員数)に定員が設けられた名誉としての意味合いをもつものであった。もともとの定員はプロイセンの王族を除いて30人であり、王族以外の人物が受章するためには、先祖に最低でも8人の高位貴族をもつ30歳以上の人物であることを証明しなければならなかった[1]1848年2月20日フリードリヒ・ヴィルヘルム4世が授与についての法を改正したことによって、貴族でなくても受章が可能となり、授与の際には世襲貴族の地位と紋章が与えられ、騎士団への加盟が認められるようになった[2][3]。なお、高位貴族出身者以外の受章者は、大半が高級官僚や軍人である。

『プロイセン国家要覧』によれば、プロイセンの男性王族は10歳に達すると黒鷲勲章が授与され、18歳に達すると頸飾が贈られた。この慣習はフリードリヒ・ヴィルヘルム4世からであり、それ以前の男性王族は誕生した際に授与されていたが、実際に佩用できるのは成人を迎えてからだった。また、プロイセン王妃ルイーゼ・フォン・メクレンブルク=シュトレーリッツやドイツ皇后ヴィクトリアなどの女性王族にも授与されていたが、あくまで王妃や皇后の地位にあるためであり、大抵の女性王族にはルイーゼ勲章英語版が代わりに贈られた[4]

1861年以降、黒鷲勲章騎士団の勲爵士は、同時に赤鷲勲章英語版大十字章を喉元に佩用するようになった。翌年の1862年からは、プロイセンの王族が黒鷲勲章を受章した場合、あわせて1等王冠勲章英語版も授与されるようになった[5]1878年に制定された宮廷席次規則ドイツ語版では、黒鷲勲章騎士団員の席次は第8位と定められた。これは、枢機卿やその他の伯爵家頭首、陸軍大将、政府閣僚よりも高位の位置づけであった[3]

黒鷲勲章の受章者は、常に勲章を佩用することが法令により定められていた。佩用を忘れた場合、1度目は30ターラー、2度目は100ターラーをケーニヒスベルク孤児院ドイツ語版に寄付しなければならなかった。3度目は勲章が褫奪された[1]

その治世から大王と称されるフリードリヒ2世は、過去に捕虜になったことのある将官には、黒鷲勲章を授与しなかった。そのため、プロイセン陸軍で55年勤め上げたものの、七年戦争中のトルガウの戦いでオーストリアの捕虜になってしまったフリードリヒ・ルートヴィヒ・フィンク・フォン・フィンケンシュタインドイツ語版帝国伯のように、高級将官であっても黒鷲勲章を受けていない者がいる[6]1786年に黒鷲勲章を受章したエルンスト・ルートヴィヒ・フォン・プフェルドイツ語版歩兵大将は、フリードリヒ2世から「私の親愛なる誠実なプフェルへ」と自筆の言葉を贈られている[7]。プフェルへの授与が、フリードリヒ2世最後の黒鷲勲章叙勲となった[8]

1918年に王政が廃止されるまで、黒鷲勲章は1341回授与された[9]。そのうち92回はダイヤモンド章が授与されている[9]フランス革命期の国王フリードリヒ・ヴィルヘルム3世は、1805年4月7日フランス皇帝ナポレオン1世をはじめとして、ジョアシャン・ミュラシャルル=モーリス・ド・タレーラン=ペリゴールジェラール=クリストフ=ミシェル・デュロックドイツ語版ルイ=アレクサンドル・ベルティエジャン=バティスト・ジュール・ベルナドットジャン=ジャック・レジ・ド・カンバセレスらフランス革命の立役者に同日授与している。一方で、1792年に黒鷲勲章を受章したスウェーデン国王グスタフ4世アドルフは、1805年に黒鷲勲章を返上した。神の恩恵を受けた正統な国王としての誇りから、王位の簒奪者やブルジョワ出身の将軍などと同列に扱われることを忌み嫌ったためである。

1919年以降、黒鷲勲章はホーエンツォレルン家の構成員にのみ授与されており、1934年までに13回の授与が判明している[9]1941年に元ドイツ皇帝ヴィルヘルム2世が崩御するまでは、騎士団の祭典日である7月11日(創設者である国王フリードリヒ1世の誕生日)は、毎年オランダのドールン邸ドイツ語版にて祝われていた。ドイツ帝国の陸軍元帥アウグスト・フォン・マッケンゼンは、この祭典の常連だった。

現在、黒鷲勲章はドイツ憲兵隊ドイツ語版のシンボルマークとして用いられている。これは、1740年に国王フリードリヒ2世が憲兵隊を創設したことを記念したものである。また、ベルリンにあるフリーメイソンのロッジ「ツム・シュヴァルツェン・アドラー」には、勲章のモットーSuum cuiqueが掲げられているが、これも、フリーメイソンを設立したフリードリヒ2世を記念してのものである。

意匠編集

正章編集

 
黒鷲勲章の正章と大綬

正章は、青いエナメル製のマルタ十字を象っている。十字の間にはプロイセンの国旗にも描かれている、王冠を被った黒い鷲が4羽配置され、中央部にある金色の円形板には、創設者のフリードリヒ3世を指すF R (Fridericus Rex)モノグラムがある。なお、フリードリヒ・ヴィルヘルム2世の治世下(1786年 - 1797年)では、F W R (Fridericus Wilhelminus Rex)と刻印されていた[10]。ダイヤモンド章を受章した際には、正章のうち、中央の円形板と鈕がダイヤモンドで装飾されていた。

副章編集

 
布製の黒鷲勲章
 
黒鷲勲章が縫い付けられたロシア皇帝ピョートル3世の礼服

副章は、銀製で八方に光線が広がり、中央には橙色の背景に王冠を被った黒い鷲が描かれている。鷲の周囲には、白い背景に勲章の標語であるSuum cuiqueが金色で書かれ、その下を月桂樹の枝が囲んでいる。19世紀の半ばまでは、副章は軍服や礼服に刺繍や縫い付けで佩用されていたが、1810年以降銀製の副章が授与されるようになり、1858年にフリードリヒ・ヴィルヘルム4世が銀製の副章のみを授与するよう決定した。ダイヤモンド章を受章した際には、八方に広がる光線すべてにダイヤモンドがあしらわれる。黒鷲勲章の受章者が、イギリスのガーター勲章も受章していた場合、副章の周囲にガーターを配置することもできた。

大綬編集

大綬は、モアレの入った無地の橙色である。正章を鈕でつなぎ、ガーター勲章と同様に左肩から右腰にかけて佩用する。橙色が用いられているのは、フリードリヒ3世(フリードリヒ1世)の母親である、ネーデルラント出身のルイーゼ・ヘンリエッテ・フォン・オラニエンと、オラニエ=ナッサウ家に敬意を表するためである。また、同じくオラニエ=ナッサウ家の出身で、嫡子のいなかったイギリス国王ウィリアム3世の相続権を得たいという希望も込められていた。

頸飾編集

 
黒鷲勲章の頸飾

頸飾は、プロイセン国王の特旨によって授与された(ドイツ帝国宰相のオットー・フォン・ビスマルクは、頸飾とあわせてダイヤモンド章を受章している)。頸飾は、金色の雷を鉤爪で握りしめた黒い鷲と、四方に王冠が配された青い輪を描いた2種類の金具から構成されている。青い輪の内側には、勲章のモットーを刻んだ白い円形板があり、周囲を緑色であしらわれたF Rの文字が囲んでいる。頸飾の中央には、正章と同様の意匠である記章が鎖で吊されている。

正装編集

 
黒鷲勲章騎士団の正装であるローブをまとったドイツ皇帝ヴィルヘルム1世

黒鷲勲章を受章した人物は、黒鷲勲章騎士団に加盟する。騎士団の会合や式典などに出席する際は、青色の裏地がついた緋色のベルベットのローブを正装としてまとった。ローブの左肩には、大きな黒鷲勲章の副章が描かれていた[5]

騎士団員編集

歴代主権者および総長編集

最初の騎士団員編集

黒鷲勲章が創設された際に、最初の19人が黒鷲勲章騎士団に加盟した。初代騎士団長をヨハン・カジミール・コルプ・フォン・ヴァルテンベルクドイツ語版が務め、以下の人物に黒鷲勲章が授与された。

出典編集

参考文献編集

  • Relationis historicae semestralis vernalis continuatio. Jacobi Franci historische Beschreibung der denckwürdigsten Geschichten […] 1700 biß […] 1701. Franckfurt 1701, S. 87.[11]
  • Statuten des Königlichen Preußischen Ordens vom Schwartzen Adler.[12]
  • Rudolf Grieser (Hrsg.): Die Denkwürdigkeiten des Burggrafen und Grafen Christoph zu Dohna (1665–1733). Vandenhoeck & Ruprecht, Göttingen 1974, S. 215. (entstanden 1729 bis 1733)
  • Leopold von Zedlitz-Neukirchドイツ語版: Beiträge zur Geschichte des schwarzen Adlerordens, als der höchsten Auszeichnung und Hofehre in Preussen.[13]
  • Liste der Ritter des Königlich Preußischen hohen Ordens vom Schwarzen Adler. Decker, Berlin 1851[14].
  • Eduard Vehse: Geschichte des preußischen Hofs und Adels und der preußischen Diplomatie. Band 2, Hoffman und Campe, Hamburg 1851, S. 24–25,[15]
  • Gustav Adolph Ackermann: Ordensbuch sämmtlicher in Europa blühender und erloschener Orden und Ehrenzeichen. Rudolph & Dieterici, Annaberg 1855, S. 22 f.[16]
  • Louis Schneiderドイツ語版: Das Buch vom Schwarzen Adler-Orden. Duncker, Berlin 1870 (Digitalisat)
  • Liste der Ritter des Königlich Preußischen Ordens vom Schwarzen Adler. Von Decker, Berlin 1871 (Digitalisat)
  • Paul Seidel: Die Gründung des hohen Ordens vom Schwarzen Adler und die Königskrönung am 17. und 18. Januar 1701 in Königsberg in Ostpreußen. In: Hohenzollern-Jahrbuch. Band 4, 1900, S. 127–139[17]
  • Hermann Hengst: Die Ritter des Schwarzen Adlerordens. Biographisches Verzeichnis sämtlicher Ritter des Hohen Ordens vom Schwarzen Adler von 1701 bis 1900. Festschrift zur Feier des 200jährigen Bestehens des Hohen Ordens. Duncker, Berlin 1901.
  • Rudolf Graf Stillfried-Alcántara: Die Ritter des Königlich Preussischen Hohen Ordens vom Schwarzen Adler und ihre Wappen (1701–1901). 3. Ausgabe, hrsg. von Georg Graf Kanitzドイツ語版. Moeser, Berlin 1901. (mit 1129 gezählten Wappenabbildungen)
  • Erast Schubersky und Peter Sauerwald: Der Hohe Orden vom Schwarzen Adler. Stiftung und Verleihungen unter König Friedrich I. in Preußen 1701–1713. In: Preußen 1701. Eine europäische Geschichte. Band 2: Essays. Henschel, Berlin 2001, ISBN 3-89487-388-4, S. 205–210.
  • André Hüskenドイツ語版: Katalog der Orden, Ehrenzeichen und Auszeichnungen des Kurfürstentums Brandenburg, der Markgrafschaften Brandenburg-Ansbach und Brandenburg-Bayreuth, des Königreiches Preußen, der Republik Preußen unter Berücksichtigung des Deutschen Reiches. Band 1: Kurfürstentum Brandenburg, Markgrafschaft Brandenburg-Ansbach, Markgrafschaft Brandenburg-Bayreuth, Orden des Königreiches Preußen. Hauschild, Bremen 2001, ISBN 3-89757-136-6.

脚注編集

  1. ^ a b Gustav Adolph Ackermann: Ordensbuch sämmtlicher in Europa blühender und erloschener Orden und Ehrenzeichen. Rudolph & Dieterici, Annaberg 1855, S. 22f. (Digitalisat).
  2. ^ Maximilian Gritzner: Handbuch der Ritter und Verdienstorden aller Kulturstaaten der Welt. Weber, Leipzig 1893, S. 352 (Digitalisat).
  3. ^ a b 小川賢治 (2009). 勲章の社会学. 晃洋書房. p. 149 
  4. ^ Hannah Pakula: Victoria. Tochter Queen Victorias, Gemahlin des preußischen Kronprinzen, Mutter Wilhelm II. Marion von Schröder-Verlag, München 1999, ISBN 3-547-77360-1
  5. ^ a b 1918 Prussian State Handbook, p. 38.
  6. ^ Ernst Graf zur Lippe-Weißenfeldドイツ語版 (1877), “Finkenstein, Friedrich Ludwig Reichsgraf Fink v.” (ドイツ語), Allgemeine Deutsche Biographie (ADB), 7, Leipzig: Duncker & Humblot, pp. 20–21 
  7. ^ Leopold von Zedlitz-Neukirchドイツ語版: Neues Preussisches Adels-Lexiconドイツ語版. Band 4, Reichenbach, Leipzig 1842, S. 35 (Digitalisat).
  8. ^ Kurd Wolfgang von Schöningドイツ語版: Die Generale der Chur-Brandenburgischen und Königlich Preußischen Armee von 1640–1840. S. 123 (Digitalisat).
  9. ^ a b c Jörg Nimmergutドイツ語版: Deutsche Orden und Ehrenzeichen bis 1945. Band 2: Limburg–Reuss. Zentralstelle für wissenschaftliche Ordenskunde, München 1997, ISBN 3-00-001396-2, S. 761.
  10. ^ Hüsken: Katalog der Orden, Ehrenzeichen und Auszeichnungen des Kurfürstentums Brandenburg, der Markgraftümer Brandenburg-Ansbach und Brandenburg-Bayreuth, des Königreiches Preußen, der Republik Preußen unter Berücksichtigung des Deutschen Reiches. Band 1 Kurfürstentum Brandenburg, Markgraftum Brandenburg-Ansbach, Markgraftum Brandenburg-Bayreuth Orden des Königreiches Preußen. Hamburg 2001, S. 58
  11. ^ Digitalisat von relationis
  12. ^ Ulrich Liebpert: Cölln an der Spree 1701 File:Statuten des Königlichen Preußischen Ordens vom Schwartzen Adler.pdf Digitalisat der Statuten
  13. ^ In: Neues Preussisches Adels-Lexicon. Band 2, Gebrüder Reichenbach, Leipzig 1836, S. 71–98 (Digitalisat).
  14. ^ Digitalisat der Ritterliste
  15. ^ Digitalisat: Geschichte des Hofes...
  16. ^ Digitalisat: Ordensbuch
  17. ^ Hohenzollern-Jahrbuch 1900; PDF

外部リンク編集