メインメニューを開く

シュヴァルツ=ゲルベ・アリアンツ

黒黄同盟から転送)

シュヴァルツ=ゲルベ・アリアンツドイツ語: Schwarz-Gelbe Allianz)は、オーストリア王党派組織・政党。略称は「SGA」。2004年6月26日に設立された。

 オーストリア政党
シュヴァルツ=ゲルベ・アリアンツ
Schwarz-Gelbe Allianz
Nicole Fara
成立年月日 2004年
本部所在地 ザルツブルク
党員・党友数
約1000人[1]
(2014年5月時点[1]
政治的思想・立場 中道右派
君主主義
多文化主義
公式サイト Die Monarchisten:Schwarz-Gelbe Allianz
テンプレートを表示

目次

組織編集

名称編集

  1. 「シュヴァルツ(Schwarz)」は黒色を、「ゲルベ(Gelbe)」は黄色をそれぞれ意味する。これらが合わさった「シュヴァルツ=ゲルベ(Schwarz-Gelbe)」は、黒・黄の2色からなるハプスブルク家の旗を暗示する。
  2. 「アリアンツ(Allianz)」は提携・連帯を意味する。

すなわち「シュヴァルツ=ゲルベ・アリアンツ」という名称は、かつてハプスブルク帝国の領域だった中央ヨーロッパ諸国の連携を示す。あえて邦訳すれば「黒黄同盟」「黒黄連帯党」といった組織名になろう。

党員編集

2014年5月時点の情報によれば、オーストリア全土で約1000人の党員がおり[1]、その中には複数のハプスブルク一族も含まれている[2]

政策・主張編集

 
上:現代の地図上における旧オーストリア=ハンガリー帝国の範囲(1914年)
下:「SGA」が提唱する新たな君主国の範囲
  1. オーストリア皇帝を戴く立憲君主制への復帰
  2. 非党派的な勅撰議員の導入
  3. 貴族称号の復活(ただし君主制復活運動に協力する者に限定する)
  4. 大国との対等な関係での外交のため、ドナウ国家連合の実現

新しい君主国編集

第一次世界大戦に敗れた1918年以来、現在に至るまで共和制がとられているオーストリアに、再び立憲君主制を導入することを目標とする。オーストリアのみならず、最終的には中央ヨーロッパ防衛協力英語版(CEDC)の加盟国でもあるハンガリーチェコスロバキアスロベニアクロアチアとの同君連合樹立を目指す[1]

かつてのオーストリア=ハンガリー帝国を再興しようとしているわけではなく、南ティロル(イタリア領)やガリツィア(ポーランド・ウクライナ領)、トランシルヴァニア(ルーマニア領)、ボスニア・ヘルツェゴビナなどは範囲外とする。

なおSGAの支持者の大部分は、即位すべき人物はハプスブルク家現当主であるカール・ハプスブルク=ロートリンゲンだと考えているが[3]、当のカールが帝位を望んでおらず、それがSGA支持者にとってジレンマになっている[3]。このためか、ハプスブルク朝の再建を支持するものの、そのハプスブルク一族の中で君主として擁立すべき人物について、組織としては明確にしていない。

支持率編集

帝国再興に熱心な君主主義者は国民の2%を下回っており[4]、オーストリア議会で議席を獲得するには4%の得票率が必要なため、SGAが今までに議席を獲得できたことはない。

オーストリア国民のハプスブルク帝国への郷愁の念は非常に強く、過去数年間[注釈 1]のいくつかの世論調査によると、オーストリア国民の最大で20%が君主制への復帰に賛成している[5]が、そうした君主制容認層の投票行動はSGAにはまったく結びついていないのが実情である。

2019年現在の政治状況では、君主主義者たちはオーストリア国民党との繋がりを求める可能性が最も高いとされる[3]

脚注編集

 
没後120周年を記念し、「SGA」によってオーストリア皇后エリーザベトの棺に捧げられたリース(2018年)
[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ オーストリア=ハンガリー帝国崩壊100周年である2018年11月11日を基点とする。

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集