黛 執(まゆずみ しゅう、1930年〈昭和5年〉3月27日 - 2020年〈令和2年〉10月21日)は、俳人。長女は俳人・黛まどか神奈川県生まれ。明治大学専門部政治経済科卒業[1]俳人協会顧問、日本文藝家協会会員。

人物・来歴編集

1930年3月27日、神奈川県足柄下郡湯河原町に、父完、母フサヨの長男として生まれる。1936年4月、湯河原町立尋常高等小学校に入学。翌年、日中戦争勃発。1942年4月、前年12月に起った太平洋戦争下、小田原商業学校に進学。1944年14歳で横浜市・杉田の日本飛行機の工場に学徒勤労動員され、寮生活に入る。動員先で終戦を迎え、郷里に帰る。1946年、明治大学専門部政治経済科入学。ほとんど大学へは行かず文芸書を乱読。1949年、同学卒業。東京M社に就職するも肺結核のため退職、郷里で家業を手伝いながら、鬱積の日々を過ごす。1951年、結核の治癒に伴い、家業(質屋)の継承を決意。この頃、郷里の仲間たちと語らってガリ刷の同人誌「西湘文学」を興す。登山の楽しさを知ったのもこの頃で、以来二十年以上にわたって北アルプスなどの山々を歩く。俳句との関わりも、この自然との接触が素地にあったからかと思う。

1957年、萩原官子と結婚。1960年、松尾邦之助(読売新聞論説主幹)を知り、その個人主義思想に共鳴、邦之助が主宰する「個の会」に参加、ここで作家添田知道、詩人北浦馨らと交る。1962年、7月、長女円誕生。

1963年、11月、「西湘文学」 のパトロンだったKが急逝、その葬儀の祭壇に掲げられてあった五所平之助(映画作家)の弔句に感動する。1965年、五所平之助より俳句の手ほどきを受けるようになる。6月、二女満誕生。五所平之助の勧めで「春燈」入会、安住敦に師事する。1967年、巨大資本による郷土の山岳地帯の開発計画が発表され、これを阻止するため、七月、高橋伸一、戸邊喜久雄らと「湯河原の自然を守る会」を結成、自然保護運動を展開、以来現在まで続く。10月、オリオン出版社より辻潤の思想と生涯を論究した『ニヒリスト』(共著)を刊行。

1974年、「俳句」九月号に作品七句を発表。総合誌への初登場となる。超結社同人誌「晨」同人参加。1975年、第3回「春燈賞」を受賞。グループ誌「あしがり」を発行。1978 年、兄事する永作火童の強い慫慂で角川俳句賞に初めて応募した「田植前後」五十句が次席入選。以降、応募を続けたが、5年連続次席という珍記録を残して同賞からの撒退を決意。

1981年3月、第一句集『春野』を東京美術より刊行。「俳句研究」5月号に「五所平之助」を執筆。5月1日、五所平之助死去。1986年3月、第二句集『村道』を東京美術より刊行。

1993年2月安住敦未亡人死去に伴い「春燈」を退会。「あしがり」誌を解散し、新たに「春野」を創刊。1995年8月、第三句集『朴ひらくころ』を角川書店より刊行。2003年、3月、第四句集『野面積』を本阿弥書店より刊行。2004年、句集『野面積』により第43回俳人協会賞受賞。2009年1月、第五句集『畦の木』を角川SSコミュニケーションズより刊行。2013年11月、第六句集『煤柱』を角川学芸出版より刊行。2014年、『煤柱』が第48回蛇笏賞最終候補作品に選出される。

2015年7月、「春野」七月号をもって「春野」主宰を引退し名誉主宰となる。2020年3月、第八句集『春がきて』を角川文化振興財団より刊行。同月、湯河原町幕山梅林公園に「梅ひらく一枝を水にさしのべて」の句碑建立、除幕式開催。

2020年10月21日、病気のため死去[2][3][4]。90歳没。

著書編集

  • 第一句集『春野 黛執集』(現代俳句選書)東京美術 1981
  • 第二句集『村道』(現代俳句新鋭集)東京美術 1986/1/1
  • 第三句集『朴ひらくころ』(今日の俳句叢書)角川書店  1995/8/1
  • 『黛執』(花神現代俳句)花神社, 1998/8/1
  • 第四句集『野面積 句集』 (新世紀俳句叢書) 本阿弥書店, 2003/4/1
  • 第五句集『畦の木 句集』角川マガジンズ 2009/1/1
  • 第六句集『煤柱 句集』(角川俳句叢書 日本の俳人100)角川学芸出版 2013/11/23
  • 第七句集『春の村 句集』KADOKAWA 2016/5/24
  • 第八句集『春がきて 句集』KADOKAWA 2020/3/27

参考文献編集

  • 『西さがみの詩(うた)びとたち』西さがみの歌びとたち編集事務局、2001年
  • 黛執『煤柱』角川学芸出版、2013年
  • 坂口昌弘著『平成俳句の好敵手』文學の森
  • 『俳句研究』2011年夏号
  • 『春野』

脚注編集

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.465
  2. ^ 黛執さん死去”. 朝日新聞デジタル (2020年10月23日). 2020年12月24日閲覧。
  3. ^ 俳人の黛執さん死去”. 時事ドットコム (2020年10月23日). 2020年12月12日閲覧。
  4. ^ 黛執氏が死去 俳人 - 日本経済新聞 2020年10月21日

外部リンク編集