鼎春嶽(かなえ しゅんがく、 明和3年(1766年) – 文化8年8月13日1811年9月30日))は、江戸時代中期の日本の南画篆刻家である。

は元、を世宝、浪華の人。

略伝編集

池大雅の門人・福原五岳に師事。に巧みで篆刻も嗜んだ。岡田米山人らと交流がある。稲毛屋山印譜『江霞印影』にその刻印が掲載されている。子の金城も画家となっている。享年46。墓所は大阪天満専念寺。

南画家であるが、代表作の「四季耕作図屏風」のように身近な題材をテーマとする絵も多い。

代表作編集

作品名 技法 形状・員数 寸法(縦x横cm) 所有者 年代 落款・印章 備考
四季耕作図屏風 紙本著色 六曲一双 瀬戸内海歴史民俗資料館 1798年(寛政10年) 賀川の旧家に伝来[1]
春嶽漁楽画帖 紙本墨画淡彩 1帖 27.3x42.1(見開き) 関西大学[2]
煙霞山水図 絹本墨画淡彩 1幅 大阪歴史博物館 款記「横雲嶺外千重樹流 水聲中三五家 春嶽鼎新寫」/印章「元新之印」白文方印・「世宝氏」白文方印[3]

脚注編集

  1. ^ 安城市歴史博物館編集・発行 『開館二〇周年記念特別展 描かれた農 四季耕作図』 2011年2月5日、pp.30-33。
  2. ^ 『関西大学所蔵 大坂画壇目録』 関西大学図書館、1997年3月31日、第71図。
  3. ^ 岩佐伸一 伊藤紫織 松岡まり江企画・編集『「唐画もんー武禅林閬苑若冲も」展図録』 大阪歴史博物館 千葉市美術館 産経新聞社、2015年9月8日、pp.69、169。

出典編集

関連項目編集