鼓 (春秋)

春秋時代の諸侯国

(こ)は、先秦の小規模な諸侯国。現在の河北省石家荘市晋州市の西に位置する。白狄によって建国された。一説では祁姓中国語版である。

国都 河北省石家荘市晋州市の西
最後の君主 鼓子鳶鞮
滅亡原因 により滅亡
史書の記載春秋左氏伝昭公十五年
周朝諸侯国一覧
テンプレートを表示

紀元前527年荀呉中国語版は軍を率いて鮮虞を伐し、鼓を包囲した[1]。荀呉は鼓の一人も殺さずに、将の鼓子鳶鞮を連れて帰国した[1]。晋は鼓の地を占取すると、鼓子を廟に供えてから帰国させた。鼓子は帰国すると、晋を叛し、鮮虞に帰属した[2]紀元前520年六月、荀呉は東陽を視察し、米の搬入を装い、甲を荷として、昔陽の門外で休息を取った[2]。鼓を襲って、滅ぼし鼓子鳶鞮を連れ帰り、渉佗に鼓の地の監視を命じた[2]戦国時代、鼓は下曲陽邑となった。

脚注編集

  1. ^ a b 春秋左氏伝昭公十五年
  2. ^ a b c 『春秋左氏伝』昭公二十二年

参考資料編集

  • 《中国歴史大辞典》