メインメニューを開く

齊藤 陽介(さいとう ようすけ、1970年[1]8月25日[2] - )は、日本のゲームプロデューサーゲームディレクタースクウェア・エニックス取締役執行役員。現在、第二開発事業本部ディビジョン4所属ディレクター[3](2019年現在)。

さいとう ようすけ
齊藤 陽介
生誕 (1970-08-25) 1970年8月25日(49歳)
日本の旗 日本 神奈川県横浜市
国籍 日本人
別名 よーすぴ、出たがりおじさん
出身校 神奈川大学[4]
職業 ゲームプロデューサー
ゲームディレクター
肩書き 取締役執行役員(開発・部門担当)
取締役会 スクウェア・エニックス

概要編集

横浜市戸塚区出身[5]。小学5年の頃に中区に転居[5]した後、神奈川大学付属高校、同経済学部経済学科[4]を経てエニックス入社。大学時代は中小企業論を専攻していた[4]。エニックス入社後、グッズ関連の制作部署から本多圭司に声をかけられてゲーム制作部門に転属[4]。実写アドベンチャーゲームなどのプロデューサーを務める。

スクウェア・エニックス発足時には執行役員第10開発事業部部長に就任し、『スターオーシャンシリーズ』・『ヴァルキリープロファイルシリーズ』・『鋼の錬金術師』などのエグゼクティブプロデューサーを務める。2015年4月1日から執行役員制度が導入されることになり、執行役員に就任した[6]

2018年3月1日、スクウェア・エニックス取締役会は、4月1日付で齊藤を含む既存の執行役員8名を取締役に選任することを発表。執行役員と兼務し、取締役兼執行役員となった[7]

人物編集

両親は共に銀行[5]。幼少期は病弱で、そのために中学までは水泳を嗜んでいた[5]。高校時代は水球部に所属していた[5]玩具業界への就職を考えていていくつか内定はもらえたのだが、本命のバンダイは落とされてしまい、財務状態がよいエニックスに行くことを決めたのだという[5]

オンラインゲームとの関わり編集

オンラインゲームではクロスゲート[8]のほか、『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』のプロデューサーを兼任していた[9]

『ドラゴンクエストX』のプロデューサーとして露出する際は、ゲーム内のキャラクターネームから「よーすぴ」、また広報番組『ドラゴンクエストX TV』に予定外であっても欠かさず出演していたので、いつしか「出たがりおじさん」の愛称で呼ばれようになった[10]

その『ドラゴンクエストX』であるが、48歳の誕生日でもあった2018年8月25日、上長の立場から世代交代やスタッフのキャリアパスを考慮してプロデューサーを勇退すること、後任にテクニカルディレクターを務めていた青山公士を指名したことを発表した[11]

作品編集

プロデュース編集

バーチャルアイドル編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 手に職/第2回 ゲームプロデューサー”. 2011年10月12日閲覧。
  2. ^ Twitter / SaitoYosuke_Z: 本日は誕生日。さいたまスーパーアリーナなう。盛り上がっております!
  3. ^ スクウェアエニックス 役員一覧”. 2019年11月2日閲覧。
  4. ^ a b c d 神奈川大学通信 神大スタイル 311号 (PDF)”. 神奈川大学. p. 10. 2017年9月29日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h ゲームプロデュースの最先端 齊藤陽介氏(上)これじゃ『与作』しかできないぞ?(1から4ページまであり)”. 【es】エンタメステーション (2019年2月17日). 2019年10月3日閲覧。
  6. ^ 執行役員人事に関するお知らせ”. スクウェア・エニックス (2015年3月10日). 2015年4月5日閲覧。
  7. ^ 執行役員人事に関するお知らせ”. スクウェア・エニックス. 2018年3月6日閲覧。
  8. ^ a b かんたん! かわいい! 奥深い! 新作MMORPG「コンチェルトゲート」――基本料金無料で4月サービス開始”. ITmedia +D Games (2007年1月24日). 2014年8月26日閲覧。
  9. ^ 『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』はスクウェア・エニックス内製 5つの種族や転職などの仕様を搭載”. ファミ通.com (2011年9月5日). 2011年10月12日閲覧。
  10. ^ 開発・運営だより -第16号-”. 目覚めし冒険者の広場. スクウェア・エニックス (2014年1月10日). 2014年2月2日閲覧。
  11. ^ 開発・運営だより -第44号- (2018/8/25) - ドラゴンクエストX - 目覚めし冒険者の広場”. ドラゴンクエストX - 目覚めし冒険者の広場. 2018年8月28日閲覧。
  12. ^ a b ゲームプロデュースの最先端 齊藤陽介氏(中)多分、みんなバカだった…”. 【es】エンタメステーション (2019年2月18日). 2019年10月3日閲覧。
  13. ^ a b c ゲームプロデュースの最先端 齊藤陽介氏(下)スクエニファン以外にリーチしたかった”. 【es】エンタメステーション (2019年2月19日). 2019年10月3日閲覧。
  14. ^ a b 「ドラクエ」前プロデューサーが考える組織論――切り開いた道は後進に譲り自らは荒野を歩く”. ITmedia ビジネスオンライン (2018年12月21日). 2019年10月3日閲覧。
  15. ^ 『ドラゴンクエストX』のプロデューサーを長年務めた「よーすぴ」こと齊藤陽介氏のこれまでのキャリアと今後の活躍、そして若手ゲームクリエイターへのメッセージをお届け!!”. GAME CREATORS (2019年4月25日). 2019年11月2日閲覧。
  16. ^ 私が「ドラクエ」から“Vチューバー”アイドルのプロデューサーになった理由”. ITmedia ビジネスオンライン (2018年12月25日). 2019年10月14日閲覧。

外部リンク編集