齋藤尚一

日本の技術者、実業家

齋藤 尚一(さいとう しょういち、1908年6月1日 - 1981年10月30日)は、日本技術者実業家位階正四位勲等勲二等

さいとう しょういち
齋藤 尚一
生誕1908年6月1日
死没 (1981-10-30) 1981年10月30日(73歳没)
国籍日本の旗 日本
出身校東北帝国大学工学部卒業
職業実業家

トヨタ自動車工業株式会社会長(第3代)、社団法人自動車技術会会長(第9代)などを歴任した。

来歴編集

生い立ち編集

1936年東北帝国大学工学部卒業、豊田自動織機自動車部入社[1]

実業家として編集

創業期には数少なかった大学出身の技術者として、トヨタ自動車創業者豊田喜一郎日本車生産構想を補佐し[2][3]日中戦争中、菅隆俊のもと、岩岡次郎豊田英二と挙母工場(のちのトヨタ自動車本社工場)建設構想にあたった[4]。第3代トヨタ自動車工業会長[5]、第9代自動車技術会会長[6]などを歴任。1970年藍綬褒章受章。1978年勲二等旭日重光章受章。1981年正四位[5]

略歴編集

栄典編集

著作編集

  • 『自動車の国アメリカ』誠文堂新光社 1952年
  • 『地球はまるい―空の旅百日』トヨタ自動車工業 1956年

脚注編集

[脚注の使い方]
ビジネス
先代
石田退三
トヨタ自動車工業会長
第3代:1972年 - 1978年
次代
花井正八
文化
先代
五十嵐正
自動車技術会会長
第9代:1968年 - 1971年
次代
中川良一