メインメニューを開く

齋藤 恵理(さいとう えり、SAITO[恵]RI)はヨーロッパで活躍する京都市出身のフラワーデザイナーである。

来歴・人物編集

ドイツミュンヘンを拠点にベルリンイタリアミラノ日本で活動している。専門はインスタレーション(空間造形)である。空間造形は自然素材を使う事が多い。

相愛大学人文学部英米文化学科卒業。ドイツ国立ヴァイエンシュテファン芸術学校卒業。ドイツ国家認定フロリストマイスター、華道未生流総家 ドイツ支部長。

ドイツのインスタレーション(空間)アーティストとして活動しながら、フラワーデザイナーとしては独杯出場や独州杯優勝/ザール州などの各種コンペティションへの出場、受賞も多数ある。

また、日本国公立の小中学校のゲストティーチャーとして、母校の京都教育大学教育学部附属桃山小学校、地元の京都市立桃山小学校、大阪府の大阪市立みどり小学校で芸術枠の『色の可能性』の公開授業をした。指導している様子は、一部日本の新聞、日本の月刊誌でも報道された。

専門月刊誌『植物デザイン』では、自身も海外で活躍する華道家であると、大きく取り上げられた。同雑誌での連載『SAITO[恵]RIのコンテンポラリーアート』も担当し、ミュンヘンやミラノベルリンでの取材レポートが掲載されている。

出展・参加団体
  1. 第7回ベルリンビエンナーレ公式出展決定 (http://www.berlinbiennale.de) /開催日:2012年4月27日 - 2012年7月1日/齋藤恵理の出展作品テーマは『時間と物体』
  2. BBK - (社) ミュンヘン・オーバーヴァイエルン芸術家連盟 (http://www.bbk-muc-obb.de/) の構成員
  3. IAA - インターナショナル芸術協会 ヨーロッパ支部 ユネスコ (http://www.iaa-europe.eu/) の構成員

参考文献編集

外部リンク編集