メインメニューを開く
三重塔

龍原寺(りゅうげんじ)は、大分県臼杵市にある浄土宗寺院で、浄土宗総本山知恩院の末寺[1]。山号は紫雲山、院号は花楽院[2]

目次

歴史編集

1600年(慶長5年)に、円誉を開山に豊後臼杵藩初代藩主稲葉貞通によって創建された[1][3]

明治時代西南戦争で焼失したが、三重塔山門が焼失を免れている。[要出典]

三重塔は、臼杵の宮大工、高橋団内が奈良や京都などで古寺を巡り、古塔の長所を採用して理想とする図面を作成、その図面に基づき弟子の坂本荘右衛門が、1848年(嘉永元年)から10年かけて1858年安政5年)に完成させた。内部に聖徳太子像を安置している[3][4]ため、太子塔とも呼ばれている[1]。九州で2基しか現存しない江戸時代の木造三重塔であり[3][4]、大分県の有形文化財に指定されている[5][6]

所在地編集

  • 大分県臼杵市大字福良平清水町134番地の1[2]

交通編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e 龍原寺(りゅうげんじ)・三重塔”. 日本一の「おんせん県」大分県の観光情報公式サイト. ツーリズムおおいた. 2018年12月6日閲覧。
  2. ^ a b 龍原寺”. 浄土宗寺院紹介Navi. 浄土宗. 2018年12月6日閲覧。
  3. ^ a b c 龍原寺の三重塔”. フンドーキン醤油. 2018年12月6日閲覧。
  4. ^ a b 観る”. うすき観光. 臼杵市観光情報協会. 2018年11月19日閲覧。
  5. ^ 県指定【有形文化財】”. 臼杵市役所. 2018年11月19日閲覧。
  6. ^ 邪鬼龍原寺三重塔”. 臼杵市役所 (2014年1月1日). 2018年11月19日閲覧。
  7. ^ 龍原寺の三重塔”. iナビおおいた. 大分放送. 2018年12月6日閲覧。

関連項目編集