竜済光

龍済光から転送)

竜 済光(りゅう さいこう)は、清末民初の軍人。民国初期に広東省を支配した軍人政治家(軍閥指導者)。北京政府袁世凱を支持した。子誠(または、紫丞子澄)。ハニ族(哈尼族)[3]

竜済光
Long Jiguang.jpg
プロフィール
出生: 1867年同治6年)[1]
死去: 1925年民国14年)3月12日[2]
中華民国の旗 中華民国北京市
出身地: 清の旗 雲南省臨安府蒙自県 逢春嶺納更土司(現在は元陽県に属する)
職業: 軍人
各種表記
繁体字 龍濟光
簡体字 龙济光
拼音 Lóng Jìguāng
和名表記: りゅう さいこう
発音転記: ロン ジーグワン
ラテン字 Lung Chi-kuang
テンプレートを表示

目次

事跡編集

清末から辛亥革命まで編集

雲南省蒙自県のハニ族土司(逢春嶺・納更土司)の家庭に生まれる。成年になると、土司の家柄により、昆明で官位に就いた。光緒14年(1889年)、故郷に戻り、団練を組織している。

1904年(光緒30年)1月、広西省で発生した会党の大規模な蜂起が発生する。これを鎮圧するため、竜済光は両広総督岑春煊の動員に応じて広西入りした。竜は陸栄廷とともに会党鎮圧に貢献し、その軍功により、1905年(光緒31年)6月に署理広西右江道に任命された。

1907年(光緒33年)12月、孫文が鎮南関蜂起を起こすと、竜済光と陸栄廷はこれを鎮圧する。その軍功で、竜は署理広西提督に就任した。1911年宣統3年)4月、竜は革命派鎮圧のため広東省へ異動する。

同年11月、広東で革命派が武昌起義に呼応して独立を図る。革命派は竜済光を副都督として取り込もうとしたが、竜は省独立を拒否した。しかし結局、胡漢民陳炯明らが広東での蜂起に成功している。

中華民国成立とともに、竜済光はいったん綏靖処副経略に任命された。1913年民国2年)、陳炯明らが第二革命(二次革命)を発動する。竜は袁世凱から広東鎮撫使に任命され、陳を駆逐して広東省の統治権を掌握した。同年8月、広東都督兼署民政長に正式に任命されている。1914年(民国3年)6月、振武上将軍督理広東軍務に任命された。

護国戦争での敗北編集

1915年(民国4年)、竜済光は袁世凱の皇帝即位を支持した。同年12月25日に勃発した護国戦争では、竜は積極的に護国軍討伐に動いた。翌民国5年1月28日には、袁世凱から「郡王」に封じられている。

しかし、3月15日に広西省の陸栄廷が独立を宣言し、さらにその1週間後の22日に袁世凱が皇帝即位の取消しを宣言する。これにより、竜済光は南方で孤立していくことになった。そして、護国軍の李烈鈞や陸栄廷の脅威に屈する形で、4月6日、竜もついに広東独立を宣言した。

6月6日に袁世凱が病死すると、その3日後に竜済光は独立を取り消して北京政府への忠誠を宣言した。しかし李烈鈞・陸栄廷の攻勢は続く。そして同年10月、陸栄廷軍が広州入りし、竜は海南島へ逃亡した。

1917年(民国6年)11月、竜済光は北京政府から両広巡閲使に任命される。竜は孫文の護法運動に反対し、広州の陸栄廷を攻撃した。しかし1918年(民国7年)3月、李烈鈞の討伐を受け、同年5月には竜済光は広東から駆逐される。そして北京へ逃げ込んだ。

その後、安徽派段祺瑞の庇護を受ける形で、竜済光は天津で振武軍と呼ばれる軍を組織した。しかしこの軍も、1920年(民国9年)7月の安直戦争で壊滅してしまう。これにより、竜済光は政治的・軍事的影響力を完全に喪失した。

1925年(民国14年)3月12日、北京で死去。享年59。

人物編集

1916年、領事官補として広州在勤の石射猪太郎の記述によると、竜の印象について「いわゆる南蛮の一種たる玀々族出身とかで、怪異な相貌、就き刺す様な眼光、野趣横溢した五十がらみの巨漢であった。」[4]

編集

  1. ^ 李期博主編『紅河哈尼族彝族自治州哈尼族辞典』、呉顕明「竜済光」による。孫代興「竜済光」は1866年生まれ、中国紅河網と徐友春主編『民国人物大辞典 増訂版』は1876年生まれとしている。
  2. ^ 孫代興「竜済光」、呉顕明「竜済光」、徐友春主編『民国人物大辞典 増訂版』による。中国紅河網は同年3月9日とする。
  3. ^ 李期博主編『紅河哈尼族彝族自治州哈尼族辞典』、孫代興「竜済光」、中国紅河網による。呉顕明「竜済光」と徐友春主編『民国人物大辞典 増訂版』はイー族(彝族)としている。
  4. ^ 石射猪太郎『外交官の一生』(中公文庫、2015年)、pp.29-30

参考文献編集

   中華民国北京政府
先代:
(創設)
広東鎮撫使
1913年7月 - 1914年
次代:
(廃止)
先代:
陳炯明
広東都督
1913年8月 - 1914年6月
次代:
(将軍に改称)
先代:
(都督から改称)
広東将軍
1914年6月 - 1916年6月
次代:
陸栄廷(広東督軍)
先代:
陸栄廷
両広巡閲使
1917年11月 - 1918年
次代:
(廃止)