メインメニューを開く

略歴編集

静岡県敷知郡浜松町元城(現在の浜松市中区元城町)に生まれる[1]

1896年に東京に移り住み、1902年東京高等師範学校附属小学校(現・筑波大学附属小学校)、1909年に東京高等師範学校附属中学校(現・筑波大学附属中学校・高等学校)を卒業[1]1912年第一高等学校予科一部[2]を卒業し、東京帝国大学文科大学史学科に入学、1915年に卒業[3]して同大学院に進む[1]

1916年、東京帝国大学史料編纂掛補助となり、1922年に同史料編纂官[4]となり[1]、『大日本史料』第五編担当となる。この間の1929年に史料編纂掛は史料編纂室と改称されている。1938年辻善之助の後任として史料編纂所長となる[1]。また、『帝室制度史』編纂にも参加した。戦時下の物資不足と国粋主義者による圧迫に悩まされながら戦時下においても『大日本史料』・『大日本古文書』の編纂作業を続けた。

戦後1950年、史料編纂所が東京大学史料編纂所に改編された際に、所長を兼務したまま東京大学教授となる[1](文学部史学科と史料編纂室の分離に伴う措置)。1951年に東京大学を定年退官すると、日本大学教授に就任した[1]1959年には論文「後嵯峨院の素意と関東申次」により日本大学から文学博士を授与された[5]

平安時代院政期から鎌倉時代にかけての皇室を中心とした政治史に研究を残し、特に朝幕関係の研究や岩波文庫での『吾妻鏡』訳注(未完)などの事業が知られている。

著書編集

  • 『日本文化史 第6巻 鎌倉時代』大鐙閣 1922
  • 『日本遊獵史』雄山閣 1935
  • 『大日本国民史 第2巻 武家擡頭時代』太陽閣 1937
  • 『物語日本史 第3巻 源平時代』雄山閣 1937
  • 『日本新文化史 第4 鎌倉時代』内外書籍 1941
  • 『鎌倉時代の研究』春秋社松柏館 1944
  • 『鎌倉時代』春秋社 1957
    • 『鎌倉時代』文藝春秋〈文春学藝ライブラリー〉 2014
  • 『蒙古襲来』至文堂〈日本歴史新書〉 1959
  • 『平安時代 爛熟期の文化の様相と治世の動向』春秋社 1962

共著・訳註編集

  • 『精説日本史』佐藤政次共著 千代田書房 1952
  • 吾妻鏡 訳註』 第1-5 岩波文庫 1939-44、復刊1997・2008ほか

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h 頌寿記念論文集刊行委員会 (1962).
  2. ^ 『第一高等学校一覧 自大正元年至大正2年』 第一高等学校、1912年、303頁http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/940275/157 
  3. ^ 東京帝国大学編 『東京帝国大学一覧 〔大正8年度〕附録』 東京帝国大学、1920年、193頁http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1152274/103 
  4. ^ 『文部省職員録 大正12年11月1日調』 文部省、1924年、96頁http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/908817/53 
  5. ^ 『後嵯峨院の素意と関東申次』 日本大学、1959年12月24日。 NAID 500000481282 

参考文献編集

  • 頌寿記念論文集刊行委員会編 「龍粛先生略年譜及び著作目録」 『石田・和田・龍・山中四先生頌寿記念史学論文集』 日本大学史学会頌寿記念論文集刊行委員会、1962年、27-36頁。全国書誌番号:63001603 
  • 竹居明男「龍粛」(『国史大辞典 14』(吉川弘文館、1993年) ISBN 978-4-642-00514-2
  • 鈴木圭吾「龍粛」(『平安時代史事典』(角川書店、1994年) ISBN 978-4-040-31700-7
  • 日本歴史学会 編『日本史研究者辞典』(吉川弘文館、1999年) ISBN 978-4-642-03686-3

関連項目編集

外部リンク編集