メインメニューを開く

龍角寺岩屋古墳

千葉県栄町にある古墳

龍角寺岩屋古墳(りゅうかくじいわやこふん)は、千葉県印旛郡栄町龍角寺にある方墳。114基ある龍角寺古墳群の105号古墳である。龍角寺古墳群・岩屋古墳として国の史跡に指定されている。

龍角寺岩屋古墳
Iwaya-kofun-zenkei.jpg
岩屋古墳
所在地 千葉県印旛郡栄町龍角寺
位置 北緯35度49分16秒
東経140度16分38秒
形状 方墳
規模 一辺78m、高さ13.2m
埋葬施設 横穴式石室 2基
出土品 水鳥型埴輪
築造時期 7世紀前半~中頃
史跡 1941年昭和16年)国指定
地図
龍角寺岩屋古墳の位置(千葉県内)
龍角寺岩屋古墳
龍角寺岩屋古墳
テンプレートを表示

概要編集

 
夏の龍角寺岩屋古墳

印旛沼北岸の標高約30メートルの台地上に位置する。築造年代は古墳時代終末期の7世紀前半頃[1]との説と、7世紀中ごろとの説がある[2]。これはこれまで岩屋古墳から検出された出土品が全くなく、主に横穴式石室の構造で築造時期についての論議がなされており、築造時代を推定する材料に欠ける上に、龍角寺古墳群内で岩屋古墳の前に築造されたと考えられる浅間山古墳の造営時期が、7世紀初頭との説と7世紀第二四半期との説があることによる。

墳丘は3段築成で一辺78メートル、高さは13.2メートル、幅3メートルの周溝と周堤が巡っている。同時期の大方墳である春日向山古墳用明天皇陵)、山田高塚古墳推古天皇陵)をもしのぐ規模であり、この時期の方墳としては全国最大級の規模であり、古墳時代を通しても5世紀前半に造営されたと考えられる奈良県橿原市舛山古墳に次ぐ、第二位の規模の方墳である[3]

南面には2基の横穴式石室が10メートル間隔で並ぶ。西側石室は奥行4.23メートル、奥壁幅1.68メートル、高さ2.14メートルを測る。東側の石室は西側よりやや大きいが、現在は崩落している。石材は凝灰質砂岩で、この地方で産出される貝の化石を多量に含んだ下総層群木下層のものである(木下貝層[4]。被葬者は不明。1970年昭和45年)に墳丘と横穴式石室の測量調査が行われている。

龍角寺古墳群と古墳の立地編集

岩屋古墳は現在114基の古墳が確認されている龍角寺古墳群に属している。龍角寺古墳群は印旛沼北東部の下総台地上に、6世紀から古墳の造営が開始されたと見られており、当初は比較的小規模な前方後円墳円墳が築造されていたと考えられている[5]。その後、7世紀前半には印旛沼周辺地域では最も大きな規模の前方後円墳である浅間山古墳が造営され、岩屋古墳は浅間山古墳の後に造営された。

浅間山古墳造営までの龍角寺古墳群は、丘陵内の印旛沼に面した場所に造られた古墳が多かったが、浅間山古墳以降は古墳群の北に当時存在した、香取海方面からの谷奥の丘陵上に築造されるようになった。岩屋古墳も香取海方面からの谷の奥に当たる場所に築造されており、これは印旛沼よりも香取海方面を意識した立地と考えられている[6]

岩屋古墳以降、龍角寺古墳群ではみそ岩屋古墳など、方墳の築造が7世紀後半にかけて行われたと考えられている[7]

古墳の規模と埋葬施設編集

岩屋古墳は測量の結果によれば一辺約78メートル、高さ約13.2メートルの方墳で、墳丘は三段築成されていて、一段目と二段目が低く三段目が高くなっている。墳丘周囲には南側を除く三方に約3メートルの周溝がめぐり、周溝の外側には外堤が見られる[8]。これらを含めると全体規模は110メートル四方に達する。また2008年に行われた測量調査により、墳丘南側の谷側から墳丘に向かって、斜路が作られていたことが判明した[9]

埋葬施設である横穴式石室は墳丘の南側の裾部中央に2つあり、ともに羨道をもたない両袖式の玄室だけの構造である。東側の石室は長さ約6.5メートル、幅2メートル強、西側は4.2メートルである。石室は両石室とも木下貝層と呼ばれる印旛沼近郊の狭い範囲に露出する貝の化石を含む砂岩で築造されている。軟らかい石材であることもあって、長さ60~100センチ、幅30センチくらいに切った石を煉瓦を積むように互い違いに積み上げている[10]。また石室内で棺を置いたと思われる場所には、浅間山古墳の横穴式石室で用いられた茨城県筑波山近郊で産出される片岩を使用している。龍角寺古墳群で岩屋古墳以降に築造されたみそ岩屋古墳などの方墳では片岩は用いられることがなく、貝の化石を含んだ砂岩のみが用いられることからも、古墳の築造順は浅間山古墳、岩屋古墳、岩屋古墳以外の方墳という順序であったことが推定できる[11]

岩屋古墳の横穴式石室は、古文書の内容から1591年(天正19年)にはすでに開口していたと考えられており[12]、開口していた石室をめぐって貸し椀伝説という伝説が伝えられるなど、民間信仰の対象となっていた[13]。古くから石室が開口していたことと、本格的な発掘がまだ行われていないため、岩屋古墳からはこれまでのところ副葬品は全く発掘されていない。

沿革編集

  • 1970年(昭和45年) 明治大学による、石室の実測、墳丘の地形測量。
  • 2007年(平成19年) 栄町教育委員会による104号古墳を含む清掃地形測量。

史跡指定編集

1941年(昭和16年)1月27日、国の史跡に指定された。2009年(平成21年)には龍角寺古墳群および周辺の地形を含む広範囲な地域が追加指定され、『龍角寺古墳群・岩屋古墳』として史跡の名称変更がおこなわれた[14]。管理団体は栄町[15]である。

住所編集

  • 千葉県印旛郡栄町龍角寺字池下1601他

その他編集

  • 岩屋古墳の住所は龍角寺と書くが、古墳群の名称は通常「竜」の字を用いている。また、近隣にある龍角寺という寺は「龍」の字である。
  • 古墳の頂上に一等三角点が位置する。N35°49′16″.0031 E140°16′37″.5192。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 栗田(2005)p.158、白石(2007)p.178、小沢(2008)p.336
  2. ^ 大塚(2009)p.39
  3. ^ 白石(2007)p.159
  4. ^ 木下貝層(千葉県)
  5. ^ 栗田(2005)p.158
  6. ^ 萩原(2002)p.1、白井(2009)p.6
  7. ^ 栗田(2005)p.159
  8. ^ 千葉県立風土記の丘『房総風土記の丘ガイドブック』(1999)p.41、白石(2007)p.162
  9. ^ 神野(2009)p.15
  10. ^ 千葉県立風土記の丘『房総風土記の丘ガイドブック』(1999)p.41、白石(2007)pp.164-166
  11. ^ 栗田(2005)p.159、白石(2007)pp.166-167
  12. ^ 萩原(2002)p.3
  13. ^ 神野(2009)p.16
  14. ^ 千葉日報 - 「龍角寺古墳群」国史跡に 面積44万5000平方メートル 印旛沼周辺
  15. ^ 文化遺産オンライン 龍角寺古墳群・岩屋古墳 りゅうかくじこふんぐん・いわやこふん

参考文献編集

  • 千葉県立風土記の丘『房総風土記の丘ガイドブック』千葉県社会教育施設管理財団、1999年
  • 千葉県史料研究財団『印旛郡栄町浅間山古墳発掘調査報告書』千葉県史料研究財団、2002年
    • 萩原恭一「序章、遺跡の位置と歴史的環境」
  • 第10回東北・関東前方後円墳研究会大会『前方後円墳以降と古墳の終末』発表要旨史料、2005年
    • 栗田則久「千葉県における前方後円墳以後と古墳の終末」
  • 白石太一郎『東国の古墳と古代史』、学生社、2007年 ISBN 978-4-311-20298-8
  • 小沢洋『房総古墳文化の研究』、六一書房、2008年 ISBN 978-4-947743-69-5
  • 吉村武彦、山路直充編『房総と古代王権』、高志書院、2009年 ISBN 978-4-86215-054-7
    • 白井久美子「前方後円墳から方墳へ」
    • 大塚初重「浅間山古墳と岩屋古墳が語る古墳時代」
  • 千葉県立房総のむら『龍女建立、龍角寺古墳群と龍角寺』千葉県立房総のむら、2009年
    • 神野清「印波国造の奥津城」

関連項目編集

外部リンク編集