メインメニューを開く

龍造寺 家晴(りゅうぞうじ いえはる)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将肥前国佐賀藩の重臣。龍造寺四家の一つ・諫早鍋島家諫早氏)初代当主。

 
龍造寺家晴
時代 安土桃山時代 - 江戸時代初期
生誕 不明
死没 慶長18年(1613年
別名 通称:孫九郎、七郎左衛門
官位 上総介、式部左衛門
主君 龍造寺隆信政家高房鍋島勝茂
肥前佐賀藩
氏族 龍造寺氏諫早鍋島家
父母 父:龍造寺鑑兼
諫早清直諫早直孝

生涯編集

龍造寺鑑兼の子として誕生。

天正8年(1580年)の筑後国柳川城攻めにおいて第三陣を率いて出陣した。龍造寺隆信の死後、鍋島直茂佐嘉城に移ると代わって柳川城主となる。その後龍造寺氏の動揺に合わせ、大友宗麟立花道雪高橋紹運を柳川城に派兵したがこれを防いでいる。また、龍造寺氏にとっては大恩ある蒲池鑑盛の嫡子・鎮漣を謀殺し、その一族を皆殺しにした隆信とはやや距離を置き、蒲池氏一族の蒲池貞久を家臣にしている。

主君・隆信の跡を継いだ龍造寺政家は、天正15年(1587年)6月に行われた豊臣秀吉九州平定に伴う国割り(九州国分)により、肥前7郡の所領を安堵されたものの筑後の所領を没収された。そのため柳川城は立花宗茂の与力、三池鎮実に給され、家晴は所領を失った。家晴は大坂への帰途にあった秀吉を追い、下関の赤間関にて嘆願した結果、九州平定に参陣しなかった肥前高来郡伊佐早領主・西郷信尚の所領を没収して与えられることが決せられた。同年8月に家晴は自軍の2,500騎、政家よりの援軍1,000騎を併せた軍勢で伊佐早を攻め、西郷信尚を居城の高城城から島原に追って所領とし、地名の字を諫早に改めた。

龍造寺氏の領国の実権を握った鍋島氏と龍造寺隆信の孫・高房の相克における幕府からの呼び出しに際しては龍造寺信周龍造寺長信[1]と共に上京し、鍋島氏への権力移譲を容認した。以後、家督を継いだ嫡子・直孝より龍造寺の名を憚り諫早へと改姓し、幕末まで龍造寺四家の一つとして存続した。また、長男の清直は「鷹屋入壷(後に入古)」と改名して毛利氏に仕え、子孫は長州藩士として存続している[2]

脚注編集

  1. ^ 一説には息子の多久安順
  2. ^ 正徳5年(1715年2月12日鷹屋清長が名字を「諫早」に復している。

参考文献編集