キリル文字のОの特殊な異体字

多眼のО(たがんのオー、: Multiocular O)ことは、キリル文字Оの特殊な異体字である。この字形は15世紀に制作された単一の書籍に現れるもので、古代教会スラヴ語による"серафими мн҄оꙮ҄читїи҄"(serafimi mnogoočitii、「たくさんの眼を持つ熾天使」)という句に用いられる。同書は1429年ごろに執筆されたソルターであり、至聖三者聖セルギイ大修道院の蔵書であった[1][2]。この文字の存在はイェフィム・カルスキー英語版により記録された[3]2007年にはそれを典拠とするunicodeへの登録申請が行われ[4]、翌年のUnicode 5.1.0においてU+A66Eの符号位置を割り当てられた[5]。Unicode 15.0において登録字形が7眼のものから10眼のものに改められた[6][7]

U+A66E multiocular O (10 eyes).svg
キリル文字
А Б В Г Ґ Д Ѓ
Ђ Е Ё Ѐ Є Ж З
Ѕ И І Ї Й Ѝ Ј
К Ќ Л Љ М Н Њ
О П Р С Т Ћ У
Ў Ф Х Ц Ч Џ Ш
Щ Ъ Ы Ь Э Ю Я
非スラヴ系文字
Ӑ Ӓ Ә Ӛ Ӕ Ғ Ӷ
Ҕ Ӗ Ӂ Җ Ӝ Ҙ Ӟ
Ӡ Ӣ Ӥ Ҋ Ҡ Қ Ҟ
Ӄ Ҝ Ӆ Ӎ Ң Ӊ Ӈ
Ҥ Ө Ӧ Ӫ Ҧ Ҏ Ҫ
Ҭ Ҵ Ӳ Ӯ Ү Ұ Ӱ
Ҳ Ӿ Һ Ҷ Ӌ Ҹ Ӵ
Ҩ Ҽ Ҿ Ӹ Ҍ Ӭ Ӏ
初期キリル文字
Ҁ Ѹ Ѡ Ѿ Ѻ Ѣ
Ѥ Ѧ Ѫ Ѩ Ѭ Ѯ Ѱ
Ѳ Ѵ Ѷ Ԁ
キリル文字一覧
ꙮの唯一の用例(1429年ごろ)

符号位置編集

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+A66E - ꙮ
ꙮ
多眼のО

脚注編集

  1. ^ Рукопись 308. Псалтирь. напис. 1429 (?) года”. p. 244. 2021年8月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年8月29日閲覧。
  2. ^ Славянские рукописи — Главная библиотека.”. 2021年8月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年8月29日閲覧。
  3. ^ Карский, Ефим (1979). Славянская кирилловская палеография. Moscow. p. 197 
  4. ^ Everson, Michael (2007年3月21日). “Proposal to encode additional Cyrillic characters in the BMP of the UCS”. p. 4. 2016年4月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月3日閲覧。
  5. ^ Compart AG (2018年). “Unicode Character "ꙮ" (U+A66E)”. 2018年8月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月3日閲覧。
  6. ^ https://www.unicode.org/charts/PDF/Unicode-15.0/U150-A640.pdf Archived 2022-02-13 at the Wayback Machine. Template:Bare URL PDF
  7. ^ Everson, Michael. “Proposal to revise the glyph of CYRILLIC LETTER MULTIOCULAR O”. 2022年3月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月22日閲覧。