007/カジノ・ロワイヤル (2006年の映画)

マーティン・キャンベル監督のスパイ映画

007/カジノ・ロワイヤル』(原題: Casino Royale)は、2006年スパイアクション映画イーオン・プロダクションズの「ジェームズ・ボンド」シリーズの第21作目で、イアン・フレミングが1953年に発表した同名の小説の3度目の映画化作品。監督はマーティン・キャンベル、脚本はニール・パーヴィス、ロバート・ウェイド、ポール・ハギスで、ダニエル・クレイグが架空のMI6諜報員ジェームズ・ボンドを演じる最初の作品であり、イーオン・プロダクションズがメトロ・ゴールドウィン・メイヤーコロンビア ピクチャーズと共同製作した。

007/カジノ・ロワイヤル
Casino Royale
監督 マーティン・キャンベル
脚本 ニール・パーヴィス
ロバート・ウェイド
ポール・ハギス
原作 イアン・フレミングカジノ・ロワイヤル
製作 バーバラ・ブロッコリ
マイケル・G・ウィルソン
製作総指揮 アンソニー・ウェイ
カラム・マクドゥガル
出演者 ダニエル・クレイグ
エヴァ・グリーン
マッツ・ミケルセン
ジャンカルロ・ジャンニーニ
カテリーナ・ムリーノ
シモン・アブカリアン
イザック・ド・バンコレ
イェスパー・クリステンセン
イワナ・ミルセヴィッチ
トビアス・メンジーズ
クラウディオ・サンタマリア
セバスチャン・フォーカン
ジェフリー・ライト
ジュディ・デンチ
音楽 デヴィッド・アーノルド
主題歌 「You Know My Name」
クリス・コーネル
撮影 フィル・メヒュー
編集 スチュアート・ベアード
製作会社 イーオン・プロダクションズ
ダンジャック
メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
ユナイテッド・アーティスツ
コロンビア ピクチャーズ
スティルキング・フィルムズ
バーベルスバーグ・フィルムズ
配給 イギリスの旗アメリカ合衆国の旗 ソニー・ピクチャーズ リリーシング
日本の旗 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
公開 イギリスの旗 2006年11月16日
アメリカ合衆国の旗 2006年11月17日
ドイツの旗 2006年11月21日
日本の旗 2006年12月1日
上映時間 144分
製作国 イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
 チェコ
ドイツの旗 ドイツ
言語 英語
製作費 $150,000,000
興行収入 $599,045,960[1]
アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $167,445,960[1]
イギリスの旗 $105,932,056[1]
日本の旗 22.1億円[2]
前作 007/ダイ・アナザー・デイ
次作 007/慰めの報酬
テンプレートを表示

ストーリー編集

プラハでの内部汚職の根を絶ち、殺しのライセンス・00(ダブルオー)を得たボンド(ダニエル・クレイグ)はマダガスカルで、ある爆弾密造人の監視をしていた。監視に気付いてアフリカ某国の大使館に逃げ込んだその男の携帯電話に残されたメッセージ「エリプシス」の糸を手繰り、ボンドはバハマのホテルへ向かう。そこでメッセージの送信者である武器商人ディミトリオス(シモン・アブカリアン)と、その妻ソランジュ(カテリーナ・ムリーノ)と接触したボンドは、マイアミ国際空港で披露される超大型旅客機の爆破計画を知る。この計画に絡んでいるとして、ボンドはM(ジュディ・デンチ)からル・シッフル(マッツ・ミケルセン)という男の情報を得る。

ル・シッフルは世界各国のテロ組織から預かった資金をマネーロンダリングしつつ運用しており、今回は大型旅客機製造会社「スカイフリート」の株の空売りを仕込んだ上で、同社が製造した超大型旅客機「スカイフリートS570」をマイアミのお披露目式で爆破することで、スカイフリート社の株価を暴落させて巨額の利益を得ようとしていた。「エリプシス」はマイアミ空港の従業員出入口を開けるためのパスコードだった。しかし、旅客機の爆破をボンドによって阻止されたことで、ル・シッフルは投機に失敗する。

巨額の金を失ったル・シッフルは、テロ組織に返済する資金を稼ぐためにモンテネグロの「カジノ・ロワイヤル」にて開催されるポーカーゲームに参加する。ボンドもそのゲームに参加し、国の資金を使ってテロ資金稼ぎを阻止するよう命じられ、監視役として派遣されてきた金融活動部(FATF)のヴェスパー・リンド(エヴァ・グリーン)とともにモンテネグロへ向かう。

キャスト編集

 
主人公のダニエル
役名 俳優 日本語吹替
ソフト テレビ朝日
ジェームズ・ボンド ダニエル・クレイグ 小杉十郎太 藤真秀
ヴェスパー・リンド エヴァ・グリーン 岡寛恵 冬馬由美
ル・シッフル マッツ・ミケルセン 中多和宏 藤原啓治
M ジュディ・デンチ 此島愛子 沢田敏子
フィリックス・ライター ジェフリー・ライト 辻親八 石田圭祐
ルネ・マティス ジャンカルロ・ジャンニーニ 菅生隆之 西村知道
ソランジュ・ディミトリオス カテリーナ・ムリーノ 北西純子 山像かおり
アレックス・ディミトリオス シモン・アブカリアン いずみ尚 横島亘
スティーブン・オバンノ イザック・ド・バンコレ 江川央生 大友龍三郎
ミスター・ホワイト イェスパー・クリステンセン 伴藤武 大塚芳忠
ヴァレンカ イワナ・ミルセヴィッチ 東條加那子 北西純子
ヴィリアーズ トビアス・メンジーズ 川本克彦
カルロス クラウディオ・サンタマリア 吹替なし
モロカ セバスチャン・フォーカン英語版 セリフなし
ドライデン マルコム・シンクレア 浦山迅 中博史
アドルフ・ゲットラー リチャード・サメル 勝沼紀義
メンデル ルドガー・ピストール 塾一久 仲野裕
株式仲買人 トム・シャドボン をはり万造
インファンテ エイド 朝倉栄介 乃村健次
マダム・ウー ツァイ・チン セリフなし
カーター ジョセフ・ミルソン
ディーラー ダニエル・アンドレアス 風間秀郎 宗矢樹頼
トーナメント責任者 カーロス・リール 金子達 堀川仁
オーシャンクラブの受付嬢 クリスティーナ・コール 一木美名子 武田華
シュルツ ユルゲン・タラッハ 大西健晴 かぬか光明
女性ディーラー ジェシカ・ミラー 川庄美雪 橘凜
医師 ポール・バッターチャージー 近藤広務 岡哲也
クリスピン・ボナム=カーター 中村浩太郎 小松史法
技術スタッフ サイモン・コックス 丸山壮史 林和良
レベッカ・ゲッシングス 永吉ユカ 亀岡真美
ホテル・スプレンディドの受付嬢 レジーナ・ガバジョーヴァ 田中晶子
その他 かつまゆう
小松史法
演出 三好慶一郎 鍛治谷功
翻訳 松崎広幸 前田美由紀
調整 オムニバス・ジャパン 長井利親
プロデューサー 上田めぐみ
小久保聡
水谷圭
吉川大祐
山田兼司
制作 東北新社 ブロードメディア
初回放送 2012年11月28日
水曜プレミアシネマ
21:00-23:24
2009年10月11日
日曜洋画劇場
21:00-23:39

※2019年12月18日発売の「007/ダニエル・クレイグ 4K ULTRA HD BOX〈8枚組〉 Blu-ray」の4K ULTRA HDディスクには2種類の吹き替え版を全て収録。

スタッフ編集

解説編集

ティモシー・ダルトン主演第15作『007/リビング・デイライツ』以来のイアン・フレミングの小説が原作となっている。また、今作品のラストシーン(イタリアでボンドがホワイトを襲撃するシーン)と、次作『007/慰めの報酬』の冒頭シーン(ボンドがホワイトをカーチェイスの上、イタリアのMI6の拠点まで搬送するシーン)がシンクロしており、次作『007/慰めの報酬』は本作の続編かつオリジナル脚本による作品となった[3]。本作は正確にはリメイクとなるが、1967年の旧作は原作を大幅に逸脱したパロディ作品だった。今回のリメイク作は原作(フレミングによる一連のボンド作品の第1作目)に比較的忠実になっている。ピアース・ブロスナンは4本のボンド映画に出演する契約を結んでいたが、途中で降板してしまい[4]、後任には「200人の候補名」があがったという[5]。結局、ボンド役はダニエル・クレイグに決定した。

それまでのボンド映画とは別の、新しいボンド映画の1作目である。そのため、ボンドは1968年4月13日生まれに設定され、冷戦時代にボンドはスパイとして活躍していないなど、それまでの設定とは異なっている(それまでは、ショーン・コネリーロジャー・ムーアが演じたボンドは1920年代生まれで、ダルトン、ブロスナン、クレイグのボンドはそれぞれの俳優が誕生した年がボンドの産まれた年となった)。そのため、ジュディ・デンチ演じるMも性格の異なった新しいMとなっている。

1967年に公開された第1作目の『カジノ・ロワイヤル』はコロムビア映画作品(現・ソニー)。1990年代に入りソニーは『ネバーセイ・ネバーアゲイン』のプロデューサーと組んで別の007シリーズを開始しようとしたため、製作会社であるメトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)とイーオン・プロダクションズ、及びその親会社であるダンジャックとの法廷闘争に発展した[6]。しかし、その後にソニーがMGMを買収した[7][8]ことから、シリーズ続編製作の権利を得た。

 
ダニエル・クレイグ(右)

前作までの配役で変わっていないのはM役のジュディ・デンチのみ。シリーズ従来のレギュラーキャストであるマネーペニーとQは今作には登場しない。フィリックス・ライターはシリーズ初の黒人となった[9]。ボンドガールの候補者は、アンジェリーナ・ジョリーシャーリーズ・セロンや、オドレイ・トトゥ(フランス)らが候補にあがったが、2006年2月にエヴァ・グリーン(フランス)に決定した[10]

ボンド候補者になった俳優は、アレックス・オロックリンゴラン・ヴィシュニックヘンリー・カヴィル、ユアン・スチュワート、ジュリアン・マクマホンダグレイ・スコットジェームズ・ピュアフォイヒュー・ジャックマン[11][12][13]クライヴ・オーウェン[14]ヨアン・グリフィズクリスチャン・ベールエリック・バナ[15]コリン・ファレル[16][17]ジュード・ロウ[18]オーランド・ブルームジョシュ・ブローリンベン・アフレックなど。三代目ボンドを演じたロジャー・ムーアの長男ジョフリーも有力な候補者の一人だった[19]。当初、ユアン・マクレガーがボンド役にオファーされたが、タイプキャスト(同じような役柄を繰り返し演じることでイメージが固定されること)を恐れて断ったため、ダニエル・クレイグにオファーがされた。前作まで主役を演じたピアース・ブロスナンも意欲を示していた[20][21][22][23]が、作品中のジェームズ・ボンドの年齢設定が若く起用が見送られた[24][25]

他のキャストではジェシカ・アルバがボンド・ガールに立候補し、ベン・キングスレー[26]ジョン・トラボルタアラン・リックマンらが悪役を熱望した。

ファッション・センスあふれるボンドが着用したのは、スーツタキシードはイタリアのブリオーニ、サングラスはイタリアのアイウェアメーカーのペルソール、靴は英国のジョン・ロブである。

香水サンタ・マリア・ノヴェッラ柘榴の香りが登場した。

ボンドは、シャンパンボランジェのグランダネを注文した。

爆弾密造人モロカを演じたセバスチャン・フォーカンは、作中の追跡シーンでパルクールの技を披露しており、ダニエル・クレイグも彼から技術を学んでいる[27]

製作協力しているヴァージン・アトランティック航空リチャード・ブランソン会長が、マイアミ国際空港のシーンにカメオ出演している。しかし2007年4月21日、ブリティッシュ・エアウェイズが、同社の機内上映版でブランソン会長の出演部分と、ヴァージン機の尾翼の写ったシーンをカットすると発表し、物議をかもした[28]

撮影地はカルロヴィ・ヴァリチェコの温泉)、プラハバハマイタリアイギリス

2006年7月30日にカジノ・ロワイヤルの撮影が行われているロンドン郊外のパインウッド撮影所で火災が発生し、撮影に使われているセットなどが灰になってしまった。しかし、撮影はすでに終了し、セットは解体の最中だったので、作品には殆ど影響がない[29][30][31][32]

ワールド・イズ・ノット・イナフ』、『ダイ・アナザー・デイ』と2作続けてドルビーデジタル・サラウンドEXで音響製作されていたが、本作以降は通常のドルビーデジタルに戻っている。

主題歌編集

サウンドガーデンオーディオスレイヴのヴォーカリスト、クリス・コーネルが起用され、映画とは別タイトルの"You Know My Name"を歌った[33]。イギリスのチャートでは、最高位7位と健闘したが、アメリカの「ビルボード」誌では、チャート入りを果たしたものの最高位81位だった。同サウンドトラック・アルバムは、チャート入りを果たせなかった。主題歌“You Know My Name”は、本作のサウンドトラック盤には収められていない[34]。これはシリーズ開始以来、初めてのことである[35]

興行収入編集

興行収入は全世界で5億9420万ドルに達し、2002年の『007/ダイ・アナザー・デイ』の記録を破り、シリーズ最高記録を樹立。2012年に『007 スカイフォール』がその記録を更新した[36]

映画評論サイトRotten Tomatoesで高い評価を受け支持率は95%となった[37]。『シカゴ・サンタイムズ』のロジャー・イーバートは星4つの満点を付け、「私の45年間のボンド映画に関する批評に対して、私自身考えもしなかった答えを導き出した」と語っている[38]

本作はシリーズで初めて中華人民共和国で上映許可が下り[39]北京でプレミア上映も行われ、その後全国1000館以上において無修正で上映されることになった[40][41]

日本では2018年4月29日、東京国際フォーラムオーケストラ演奏付きで上映された[42]

Blu-ray/DVD編集

ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントよりBlu-ray DiscDVDが発売。

  • Blu-ray
    • 007 カジノ・ロワイヤル 品番:BRS-43508 発売日:2007年5月23日
    • 007 カジノ・ロワイヤル スペシャル・エディション 品番:BRL-43508 発売日:2008年12月19日(2枚組)
    • 007 カジノ・ロワイヤル 品番:BLU-43508 発売日:2010年4月16日
  • DVD
    • 007 カジノ・ロワイヤル デラックス・コレクターズ・エディション 品番:SDL-43508 発売日:2007年5月23日(2枚組)
    • 007 カジノ・ロワイヤル 品番:TSDD-43508 発売日:2007年5月23日
    • 007 カジノ・ロワイヤル スペシャル・エディション 品番:TSAT-43508 発売日:2008年12月19日(3枚組)
    • 007 カジノ・ロワイヤル デラックス・コレクターズ・エディション 品番:TSAD-43508 発売日:2009年6月26日
    • 007 カジノ・ロワイヤル デラックス・コレクターズ・エディション 品番:TSAW-43508 発売日:2009年12月2日
    • 007 カジノ・ロワイヤル デラックス・コレクターズ・エディション 品番:TSAY-43508 発売日:2010年4月28日
    • 007 カジノ・ロワイヤル 品番:OPL-43508 発売日:2011年2月23日

20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパンよりBlu-ray DiscとDVDが発売。

キングレコードよりTV放送吹替初収録特別版DVDが発売。

  • DVD
    • 007/カジノ・ロワイヤル【TV放送吹替初収録特別版】 品番:KIBF-1121 発売日:2013年5月8日
    • 007/カジノ・ロワイヤル【TV放送吹替初収録特別版】 品番:KIBF-4191 発売日:2015年7月8日

ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメントよりBlu-ray DiscとDVDが発売。NBCユニバーサルが販売。

  • Blu-ray
    • 007/カジノ・ロワイヤル 品番:1000782364 発売日:2020年11月11日
  • DVD
    • 007/カジノ・ロワイヤル 品番:1000782365 発売日:2020年11月11日

その他編集

  • 本作でカースタントを担当したベン・コリンズは、『007/慰めの報酬』と『007 スカイフォール』でも起用されている[43]
  • 劇中でボンドが着用する腕時計は、オメガの「シーマスター ダイバー 300M」と「シーマスター プラネット・オーシャン」である[44]。撮影でダニエル・クレイグが実際に使った時計「シーマスター・プラネット・オーシャン」は、2007年4月にジュネーブ市内のホテルで行われたオークションで、15万6千ユーロで落札された[45]
  • 劇中に登場する新型の超大型旅客機「スカイフリートS570」は完全な架空機であり、撮影には模型とCGの他、ボーイング747-200Bが改造の上使用された。使用された747-200Bはブリティッシュ・エアウェイズなどで運航された後、2005年よりサリー州のダンスフォールド飛行場で保存されているG-BDXJ機で、4基のエンジンを換装[46]の上使用された。撮影に使用されたG-BDXJ機は現在もこの形態のままダンスフォールド飛行場で保存されている。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c Casino Royale (2006)”. Box Office Mojo. 2012年12月29日閲覧。
  2. ^ 2007年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
  3. ^ 次回作はフレミングの短編「Risico」を原作とする、との報道がイギリスの一部であったが、脚本担当のロバート・ウェイドが否定した。
  4. ^ 2012年のドキュメンタリー"Everything or Nothing: The Untold Story of 007"では「契約を更新しない」という形で製作陣による退職勧奨があったと、ブロスナン自身が語った。ブロスナン演じるボンドのイメージが2001年911テロ以降の暗い世相と複雑で厳しい世界情勢に馴染まないと判断されたという。
  5. ^ Daniel Craig takes on 007 mantle”. 2020年6月1日閲覧。
  6. ^ “Sony Pictures, in an accord with MGM, drops its plan to produce new James Bond movies” (英語). ニューヨーク・タイムズ. (1999年3月30日). https://www.nytimes.com/1999/03/30/business/media-business-advertising-sony-pictures-accord-with-mgm-drops-its-plan-produce.html?n=Top%2fNews%2fBusiness%2fSmall%20Business%2fMarketing%20and%20Advertising 2009年7月4日閲覧。 
  7. ^ “ソニーがハリウッドの映画会社大手のMGMを買収”. 日経BPnet. (2004年9月15日). https://www.nikkeibp.co.jp/archives/331/331550.html 2009年8月25日閲覧。 
  8. ^ メトロ・ゴールドウィン・メイヤー買収が完了”. ソニー (2005年4月11日). 2009年8月25日閲覧。
  9. ^ 番外編『ネバーセイ・ネバーアゲイン』を除く。
  10. ^ New Bond Girl Will Be 'Very Much an Equal to Bond'”. Internet Movie Database. 2007年9月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年3月23日閲覧。
  11. ^ “H・ジャックマン、有力ボンド候補”. シネマトゥデイ. (2003年10月30日). https://www.cinematoday.jp/news/N0004020 2009年8月5日閲覧。 
  12. ^ “ヒュー・ジャックマン、ボンド役に興味”. シネマトゥデイ. (2004年11月8日). https://www.cinematoday.jp/news/N0005623 2009年8月5日閲覧。 
  13. ^ “ヒュー・ジャックマン、ボンド役を断る”. シネマトゥデイ. (2005年8月23日). https://www.cinematoday.jp/news/N0006959 2009年8月5日閲覧。 
  14. ^ “ピアース・ブロスナン、ボンド役にはクライヴ・オーウェンを推選”. シネマトゥデイ. (2005年6月17日). https://www.cinematoday.jp/news/N0006634 2009年8月5日閲覧。 
  15. ^ “エリック・バナ、ボンド役へ?”. シネマトゥデイ. (2004年8月4日). https://www.cinematoday.jp/news/N0005182 2009年8月5日閲覧。 
  16. ^ “ピアース・ブロスナン、コリン・ファレルへ熱い視線”. シネマトゥデイ. (2004年11月5日). https://www.cinematoday.jp/news/N0005570 2009年8月5日閲覧。 
  17. ^ “コリン・ファレル、『007』には興味なし”. シネマトゥデイ. (2004年11月11日). https://www.cinematoday.jp/news/N0005642 2009年8月5日閲覧。 
  18. ^ “次のジェームズ・ボンドはJ・ロウ?”. (2003年1月29日). https://www.cinematoday.jp/news/N0002913 2009年8月5日閲覧。 
  19. ^ “Moore Junior up for Bond” (英語). ザ・サン. (2004年7月13日). https://www.thesun.co.uk/sol/homepage/news/91701/Moore-Junior-up-for-Bond.html 2009年8月3日閲覧。 
  20. ^ “ピアース・ブロスナン、「007」の思い出と、ボンドを離れる心境を語る”. シネマトゥデイ. (2005年4月26日). https://www.cinematoday.jp/news/N0006391 2009年8月5日閲覧。 
  21. ^ “ピアース・ブロスナン、電話1本でボンド役を降ろされる”. シネマ・トゥデイ. (2005年8月19日). https://www.cinematoday.jp/news/N0006951 2009年8月5日閲覧。 
  22. ^ “Brosnan: 'licensed for the sack'” (英語). Mail Online. (2004年3月26日). https://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-227949/Brosnan-licensed-sack.html 2009年8月5日閲覧。 
  23. ^ “Brosnan waits for Bond call” (英語). Mail Online. (2004年4月23日). https://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-259104/Brosnan-waits-Bond-call.html 2009年8月5日閲覧。 
  24. ^ “Is Brosnan too old to be 007?” (英語). Mail Online. (2004年2月5日). https://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-207653/Is-Brosnan-old-007.html 2009年8月5日閲覧。 
  25. ^ Reynolds, Mark (2004年7月29日). “Brosnan's licence to quit” (英語). Mail Online. https://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-312007/Brosnans-licence-quit.html 2009年7月17日閲覧。 
  26. ^ “ベン・キングスレー、007最新作の悪役を希望”. シネマトゥデイ. (2004年9月8日). https://www.cinematoday.jp/news/N0005359 2009年8月5日閲覧。 
  27. ^ “ダニエル・クレイグ、「パルクール」を学ぶ”. シネマトゥデイ. (2006年4月6日). https://www.cinematoday.jp/news/N0008140 2010年3月13日閲覧。 
  28. ^ “BA cuts Branson from Bond movie” (英語). BBCニュース. (2007年4月21日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/entertainment/6579839.stm 2007年6月5日閲覧。 
  29. ^ “新ボンド「007」のスタジオで火災 屋根やけ落ちる”. asahi.com (朝日新聞社). (2006年7月31日). オリジナルの2011年5月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110515191453/http://www.asahi.com/culture/movie/TKY200607310138.html 2019年8月7日閲覧。 
  30. ^ “Fire wrecks James Bond film stage” (英語). BBCニュース. (2006年7月30日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/5228794.stm 2009年6月15日閲覧。 
  31. ^ “James Bond set goes up in flames”. Mail Online. (2006年7月30日). https://www.dailymail.co.uk/news/article-398305/James-Bond-set-goes-flames.html 2009年6月15日閲覧。 
  32. ^ “James Bond film set in ruins after massive blaze” (英語). ガーディアン. (2006年7月31日). https://www.theguardian.com/media/2006/jul/31/broadcasting.film 2009年6月15日閲覧。 
  33. ^ Chris Cornell Has Written and Will Perform the Main Title Song for Casino Royale”. 2020年4月17日閲覧。[リンク切れ]
  34. ^ これはクリス・コーネル本人の意向によるものとされる。なお、彼自身のアルバム“Carry On”、および2008年にリリースされたシリーズ主題歌集“Best of Bond...James Bond”には収録。
  35. ^ 主題歌のなかった『007 ドクター・ノオ』『女王陛下の007』を除く。
  36. ^ James Bond Moviesat the Box Office - Box Office Mojo
  37. ^ “Casino Royale - Rotten Tomatoes”. AFPBB News. https://www.rottentomatoes.com/m/casino_royale 2012年12月29日閲覧。 
  38. ^ “Casino Royale :: rogerebert.com :: Reviews”. シカゴ・サンタイムズ. (2007年8月17日). https://www.rogerebert.com/apps/pbcs.dll/article?AID=/20070816/REVIEWS/708160301 2012年12月29日閲覧。 
  39. ^ “007、中国政府から初の「上映のライセンス」獲得”. AFPBB News. (2006年11月17日). https://www.afpbb.com/articles/-/2141419?pid=1099369 2009年8月3日閲覧。 
  40. ^ “中国初公開のボンド映画「007/カジノ・ロワイヤル」 記録を塗り替えるか?”. AFPBB News. (2007年1月23日). https://www.afpbb.com/articles/-/2171136?pid=1265962 2009年8月3日閲覧。 
  41. ^ “映画「007/カジノ・ロワイヤル」がプレミアを迎える”. AFPBB News. (2007年1月30日). https://www.afpbb.com/articles/-/2174375?pid=1282028 2009年8月3日閲覧。 
  42. ^ CASINO ROYALE IN CONCERT(2018年4月14日閲覧)
  43. ^ 『トップギア』の元覆面ドライバーが、映画『007』最新作のスタントドライバーに! - autoblog日本版・2012年5月15日
  44. ^ ジェームズ・ボンド・ウォッチとはどのシーマスター・ウォッチなのでしょうか?”. オメガ. 2009年8月16日閲覧。
  45. ^ “ジェームズ・ボンド使用の「オメガ」、約2500万円で落札”. AFPBB News. (2007年4月17日). https://www.afpbb.com/articles/-/2212458?pid=1517219 2009年7月16日閲覧。 
  46. ^ 内側のエンジンはB-47B-52の様に2基を搭載するものに、外側のエンジンは外部燃料タンクに換装された。

関連項目編集

外部リンク編集