メインメニューを開く

007 カジノロワイヤル (1967年の映画)

007 カジノロワイヤル』(英語: Casino Royale)は、1967年公開の映画

007 カジノロワイヤル
Casino Royale
David niven in casino royal.jpg
ジェームズ・ボンド役の
デヴィッド・ニーヴン
監督 ジョン・ヒューストン
ケン・ヒューズ
ロバート・パリッシュ
ジョセフ・マクグラス
ヴァル・ゲスト
脚本 ウォルフ・マンキウィッツ
ジョン・ロウ
マイケル・セイヤーズ
原作 イアン・フレミング
製作 チャールズ・K・フェルドマン
出演者 ピーター・セラーズ
ウルスラ・アンドレス
デヴィッド・ニーヴン
オーソン・ウェルズ
ジョアンナ・ペティット
ダリア・ラヴィ
ウディ・アレン
音楽 バート・バカラック
ハーブ・アルパート&ザ・ティファナ・ブラス
撮影 ジャック・ヒルデヤード
編集 ビル・レニー
配給 コロムビア映画
公開 イギリスの旗 1967年4月13日
アメリカ合衆国の旗 1967年4月19日
日本の旗 1967年12月16日
上映時間 131分
製作国 イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $12,000,000
興行収入 $41,744,718(世界)
テンプレートを表示

コロムビア映画による配給。ピーター・セラーズウルスラ・アンドレスデヴィッド・ニーヴン他オールスターキャストの大作コメディーで新人時代のジャクリーン・ビセットも出演していることで知られる。

概要編集

作品はイアン・フレミングの同名の小説で1953年に出版された『カジノ・ロワイヤル』を原作とする007シリーズのパロディで、オーソン・ウェルズが悪役のル・シフル役で出演、007を名乗る人物と戦うストーリー展開である。

1955年、まだアメリカでは無名のボンド小説のシリーズ1作目の映画化権をグレゴリー・ラトフが$6000で取得。しかし、ラトフは本作を映画化することなく1960年に他界、その後、権利はチャールズ・K・フェルドマンの手に渡り、ハワード・ホークス監督、リー・ブラケット脚本、ケーリー・グラント主演(イオン・プロもシリーズを立ち上げる際、主演候補にしたが、グラントの年齢もさることながら、当時のプロダクションの規模では大スターのグラントを起用することは出来なかった。)で映画化を試みるが、失敗。その後、イオン・プロのシリーズが世界的に大成功したことから『カジノ・ロワイヤル』を正式なボンドシリーズにしようとした。イオン・プロも合作の可能性を模索していたが、最終的に交渉は決裂した。

交渉決裂後、フェルドマンはショーン・コネリーと接触、出演交渉をするが、当時のコネリーは半年に1回はボンド以外の役をやることで気分転換を図っていたため、連続してボンドを演じることに拒否反応を示し、このオファーを断る。

これらの交渉不成立の結果、フェルドマンはシリーズと当時世界中を席巻していたスパイ映画を茶化した壮大なパロディ映画にすることに方針転換し、イオン・プロのシリーズでも(現在に至るまで)行われていない、超オールスターの作品にすることを決意、ボンド役にフレミングの友人でボンドのモデルの一人とされていたデヴィッド・ニーヴンを迎え、隠居久しい老ボンド卿という設定にした。作品公開時のニーヴンは57歳、一方のコネリーは37歳で、当然、激しいアクションシーンは存在しない。もっとも、ロジャー・ムーアが最後にボンドを演じた『007 美しき獲物たち』の公開時のムーアの年齢は58歳で2015年現在でも最高齢のボンドである。

老ボンド卿は本作では前面に立たず、ピーター・セラーズを筆頭に多くのスターたちがボンドの影武者となって画面を賑わせ、敵とスタッフと観客を混乱させる。

本作はこれが本物と言わんばかりにデヴィッド・ニーヴン=ジェームズ・ボンドであることを強調したため、今日でもボンドのモデルはニーヴンだと固く信じている者も多いが、ニーヴンはあくまでもモデルの一人に過ぎず、外見上のボンドのモデルはピアニストのホーギー・カーマイケルである。さらに言えば、原作、最後の作品である『黄金の銃を持つ男』のボンドのモデルはまさしく、ショーン・コネリーその人である。

また予告編等で出演するスターたちを紹介する度に「○○・イズ(is)・ジェームズ・ボンド」と言い、これに敏感に反応したイオン・プロも『007は二度死ぬ』のポスターに「ショーン・コネリー・イズ・ジェームズ・ボンド」と謳い、当時プロダクションと関係が悪化し、契約延長の意思がなく、降板を表明していたコネリーの逆鱗に触れ、『ショーン・コネリー・アズ(as)・ジェームズ・ボンド』に訂正させるという場外戦も展開した。

007は二度死ぬ』より2か月だけ早く公開されたこの1967年版は、イオン・プロダクション以外によって制作された2つのジェームズ・ボンド映画のうち最初の作品である(2番目となる映画は1983年の『ネバーセイ・ネバーアゲイン』)。全体的に明らかなパロディであり、当時の一般的なボンド像を随所でからかっている。ジャクリーン・ビセットが演じた役名は『黄金銃を持つ男』のグッドナイト(Goodnight)がGoodthighs("thigh"は腿のことで「ミス・フトモモ」などと訳された)と茶化され、『ロシアより愛をこめて』でクロンスティーン(=No.5)を演じたシェイバルや『ドクター・ノオ』のウルスラ・アンドレスが出演し、金粉美女の大騒ぎ、ドクター・ノオならぬドクター・ノアが細菌テロを計画するなど、他の007作品からのアイデアも盛り込まれたが、配給がMGM・コロンビア映画へ移ったので本作品は正式なジェームズ・ボンド映画作品としては考えられていない。

一方で、バート・バカラックによる音楽が素晴らしいこと(主題歌「恋の面影」はアカデミー歌曲賞にノミネートされた)、当時の豪華な俳優たちが数多く出ていること、にもかかわらず内容は脈絡のない乱痴気騒ぎをくりひろげること、などから1960年代のカオスな雰囲気が近年再評価され、『オースティン・パワーズ』シリーズなどにも影響を与えている。

ストーリー編集

引退して屋敷に隠棲する往年の名スパイ、ジェームズ・ボンド卿(007)を、イギリス秘密情報部長官のMと、CIAKGB、フランス情報部の幹部が訪ねて来た。各国の情報部員が次々に行方不明になったため、復帰を要請するためであったが、ジェームズ卿はこれを断る。

だが、その直後彼の屋敷が何者かの攻撃を受けて破壊され、Mも死亡してしまった。Mに替わって情報部のトップに就いたジェームズ卿は、敵を混乱させるため、全ての情報部員にジェームズ・ボンド(007)と名乗らせることにする。

その一人である、ジェームズ卿とマタ・ハリとの娘マタ・ボンドは、母も学んだ東ベルリンのスパイ学校に入学するが、そこで謎の組織スメルシの幹部ル・シフルが、使い込んだ組織の金の穴埋めのために計画した秘密オークションに遭遇し、妨害に成功した。

窮地に陥ったル・シフルは、カジノ・ロワイヤルでイカサマ・ギャンブルをして金を稼ごうとする。ジェームズ卿はバカラの名手イブリン・トレンブルをスカウトしており、彼もまたジェームズ・ボンドを名乗ってル・シフルと勝負することになった。

やがて、スメルシのボスであるドクター・ノアの正体と、彼の馬鹿馬鹿しい目的が明らかになり、最後の対決である大ドタバタ活劇が展開する。

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹替
日本テレビ NETテレビ オンデマンド配信
イブリン・トレンブル(007) ピーター・セラーズ 浦野光 青野武 川本克彦
ヴェスパー・リンド(007) ウルスラ・アンドレス 武藤礼子 小原乃梨子 高橋理恵子
ジェームズ・ボンド卿 デヴィッド・ニーヴン 川久保潔 中村正 安原義人
ル・シフル オーソン・ウェルズ 雨森雅司 富田耕生 五王四郎
マタ・ボンド(007) ジョアンナ・ペティット 松尾佳子 角本明子
ザ・デテイナー(007) ダリア・ラヴィ 此島愛子
ジミー・ボンド ウディ・アレン 嶋俊介 肝付兼太 坂東尚樹
マクタリ夫人/ミミ デボラ・カー 水城蘭子
ランサム(CIA) ウィリアム・ホールデン 木村幌 近藤洋介 石原辰己
ルグラン シャルル・ボワイエ 和田文夫 堀越富三郎
マクタリ(M) ジョン・ヒューストン 千葉耕市
スメルノフ(KGB) クルト・カッツナー 渡部猛 仗桐安
ジョージ・ラフト ジョージ・ラフト 大木民夫
フランス外人部隊員 ジャン=ポール・ベルモンド 青野武 山田康雄
クーパー(007) テレンス・クーパー 柴田秀勝
マネーペニー バルバラ・ブーシェ 小原乃梨子 まつだ志緒理
バタカップ アンジェラ・スカラー 沢田和子
ミス・太もも ジャッキー・ビセット 織部ゆかり
フロー・ホフナー アンナ・クエイル
カールトン・タワーズ バーナード・クリビンス 上田敏也
ハドリ デレク・ニモ 青野武
武器を誘導する女 トレーシー・リード
Q ジョフリー・ベイルドン 北村弘一
Qの助手 ジョン・ウェルズ 納谷六朗
ル・シフルの部下 ヴァルデック・シェイバル 寺島幹夫
ポロ ロニー・コーベット 肝付兼太
マチス警部 ダンカン・マクレイ 北村弘一
カジノの受付 グラハム・スターク 青野武
バグパイプ奏者 ピーター・オトゥール(クレジット無し) 北村弘一
カジノの客 デヴィッド・マッカラム (クレジット無し)
ミミの配下 アンジェリカ・ヒューストン (クレジット無し)
コントロール・ルームの女性 キャロライン・マンロー (クレジット無し)
中国の将軍 バート・クウォーク (クレジット無し) 青野武
フランケンシュタインの怪物 デヴィッド・プラウズ (クレジット無し)

スタッフ編集

脚色および追加台詞(クレジット無し):ウディ・アレンヴァル・ゲストベン・ヘクトジョゼフ・ヘラーテリー・サザーンビリー・ワイルダーピーター・セラーズ

エピソード編集

Wikipedia」英語版によると、もともとはピーター・セラーズ一人が、引退したジェームズ・ボンド卿(デヴィッド・ニーヴン)から依頼された諜報部員ヴェスパー・リンド( ウルスラ・アンドレス )にスカウトされ、主人公の2代目ジェームズ・ボンドとして大活躍する予定であった。ところが当時「博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか」、「暗闇でドッキリ」、「何かいいことないか子猫チャン」など主演作が立て続けにヒットし飛ぶ鳥を落とす勢いだったセラーズは敵役のル・シフルを自分より大物として扱われるオーソン・ウェルズが演じる事に大きな不満と恐れを感じていた。カジノのシーンで同じ画面に映ることを拒否し、実際に顔を合わせる事なく1人ずつ別々に撮影してモンタージュで処理する様プロデューサーのフェルドマンに要求した。(セラーズとウェルズが一つのフレームに映っているのは二人がかなり離れた位置で大勢の人間を捉えた同じ構図のグループショット数カットのみである。)猜疑心の強いセラーズはウェルズに対する恐怖がどんどんエスカレートしあらゆる理由を付けて撮影をボイコット、ついには事実上降板してしまう。困ったフェルドマンはセラーズの出演シーンで既に撮影したフィルムは極力生かし、全く別のシーンのために撮影されたNGテイクでも使えるものは使うことにした。(何の脈絡もなく突如レーサー姿で登場するシーン等。)主役の離脱で当然上映時間が不足する事態が発生、フェルドマンは新たに『ジェームズ・ボンド卿が何人もの諜報部員に007を名乗らせ敵を混乱に陥れる。また敵の大ボスはジェームズ・ボンド卿と血が繋がった意外な人物である。』との設定に変更、 ジョアンナ・ペティットダリア・ラヴィテレンス・クーパー、そしてウディ・アレンを起用し内容を著しく改変した。結果的に本作はクレジットタイトル上ピーター・セラーズがトップであるにも拘らず登場シーンがかなり少ない上ほとんどのスターとの絡みも無い(デヴィッド・ニーヴンとの共演シーンすら未撮影だった為皆無。)ので、出番が大幅に追加されたデヴィッド・ニーヴンが主演との印象が強くなった。無理やり設定を変えただけに不自然なつながりと唐突な展開は枚挙にいとまがないが、公開された頃はサイケデリックブームであり従来の常識を覆す実験的な作品が出てきた時代なので観客には アヴァンギャルド なコメディーとして受け入れられた。

  

関連項目編集

外部リンク編集