007 死ぬのは奴らだ

イアン・フレミングの小説

007 死ぬのは奴らだ』(ダブルオーセブン しぬのはやつらだ、Live And Let Die)は、イアン・フレミングの小説。「ジェームズ・ボンド」シリーズの第2作。1954年ジョナサン・ケープ社から出版された。日本では1957年早川書房から井上一夫訳でハヤカワ・ポケット・ミステリの一点として刊行された。これがシリーズ最初の日本語訳である。

ストーリー編集

ブードゥー教ニューヨークのハーレムを支配し、ソ連スメルシュの一員でもある黒人犯罪王ミスター・ビッグは、海賊“血まみれモーガン”の財宝の金貨をアメリカに持ち込み資金源としていた。

イギリス秘密諜報部員007ジェームズ・ボンドニューヨークに派遣され、FBIのデクスター主任やCIAフェリックス・ライターと協力して調査を開始するが、既にその情報を掴んでいたミスター・ビッグから手荒い歓迎を受ける。

だが、霊感能力を持ち、ミスター・ビッグが妻にしようとしているソリテアが寝返り、ジェームズは彼女とセントピーターズバーグへ向かうが、そこで彼女は奪い返され、フェリックス・ライターもに片腕・片脚を食いちぎられた姿で送り届けられる。怒りに燃えるボンドは、カリブ海の島国ジャマイカでミスター・ビッグと最後の対決を行う。

出版編集

漫画化編集

さいとう・たかを作画。小学館から1968年刊行、2015年復刻版[1]

脚注/参照編集

[脚注の使い方]